Hatena::Groupsocinfo

日曜社会学>社会学的告知 このページをアンテナに追加 RSSフィード

ただいま、はてなグループの→「カレンダー」機能の使用を検討中。
告知申請は →掲示板*か メール にて。

2006-02-27

[][] 【いちから読む──最初期ルーマン読書会】第7回(featuring Hope M 【いちから読む──最初期ルーマン読書会】第7回(featuring Hope M) - 日曜社会学>社会学的告知 を含むブックマーク はてなブックマーク -  【いちから読む──最初期ルーマン読書会】第7回(featuring Hope M) - 日曜社会学>社会学的告知  【いちから読む──最初期ルーマン読書会】第7回(featuring Hope M) - 日曜社会学>社会学的告知 のブックマークコメント

ルーマンフォーラム」のオフライン分科会【いちから読む──最初期ルーマン読書会】では、二週間に一度のペースで ルーマンの最初期論文を ほぼ発表順に読んでいます。

次回の開催は2月27日夜、新宿とか渋谷とか馬場とかそのへんで。

次回対象文献:Niklas Luhmann "Funktionale Methode und Systemtheorie," Soziale Welt 15 (1964), S. 1-25.
ニクラス・ルーマン、「機能的方法とシステム理論」(1964年作品)(邦訳:isbn:4787788248

Soziologische Aufklaerung 1 - 6

Soziologische Aufklaerung 1 - 6

お申し込みは 【ルーマンフォーラム案内】から。

トラックバック - http://socinfo.g.hatena.ne.jp/contractio/20060227

2006-02-26

[][]『社会の社会』読書会featuring Team BB):その第18回 『社会の社会』読書会(featuring Team BB):その第18回 - 日曜社会学>社会学的告知 を含むブックマーク はてなブックマーク - 『社会の社会』読書会(featuring Team BB):その第18回 - 日曜社会学>社会学的告知 『社会の社会』読書会(featuring Team BB):その第18回 - 日曜社会学>社会学的告知 のブックマークコメント

メーリングリストルーマンフォーラム」のオフライン分科会【社会理論研究互助会】では、二週間に一度のペースで ルーマン後期の大著『社会の社会』を読んでいます。

Die Gesellschaft der Gesellschaft.

Die Gesellschaft der Gesellschaft.

申込はこちらから:http://thought.ne.jp/luhmann/ml.html

トラックバック - http://socinfo.g.hatena.ne.jp/contractio/20060226

2006-02-18

[] 【( ´∀`)著者さんと】高尾本合評会【またり語ろう (°∀°) その4!】  【( ´∀`)著者さんと】高尾本合評会【またり語ろう (°∀°) その4!】 - 日曜社会学>社会学的告知 を含むブックマーク はてなブックマーク -  【( ´∀`)著者さんと】高尾本合評会【またり語ろう (°∀°) その4!】 - 日曜社会学>社会学的告知  【( ´∀`)著者さんと】高尾本合評会【またり語ろう (°∀°) その4!】 - 日曜社会学>社会学的告知 のブックマークコメント

※要事前予約 申込は締め切りました

ルーマンフォーラム プレゼンツ高尾義明『組織と自発性』合評会

 昨年出版された高尾義明さんの『組織と自発性』は、邦語単著文献では始めて、ニクラス・ルーマンさんの理論をかなり首尾一貫した形で経営学組織論に導入したものです。

 第四回目のルーマンフォーラム合評会では、著者の高尾さんと おなじく経営学専攻の田中求之さんをお招きし、

といったあれこれについて、また それを踏まえた経験的研究の可能性について、お茶を飲みながら、参加者のみなさんと 時間の許す限り だらだらと、おしゃべりしてみたいと思います。


  • 有参加資格者:当日までに高尾本を三回以上読んで来れる方。
  • 申 込:
     1)名前と所属
     2)簡単な自己紹介
     3)「夜の部」(懇親会)参加希望の有無 を書いて、del 宛にメールで申し込んでください。
    ※会場予約のため、事前申込をお願いしています。会場詳細などは、申込後に登録される「合評会ML」で告知します。


■対象文献:

組織と自発性──新しい相互浸透関係に向けて

組織と自発性──新しい相互浸透関係に向けて

■参考文献[あくまでご参考]

2006-02-13

[][] 【いちから読む──最初期ルーマン読書会】第7回(featuring Hope M 【いちから読む──最初期ルーマン読書会】第7回(featuring Hope M) - 日曜社会学>社会学的告知 を含むブックマーク はてなブックマーク -  【いちから読む──最初期ルーマン読書会】第7回(featuring Hope M) - 日曜社会学>社会学的告知  【いちから読む──最初期ルーマン読書会】第7回(featuring Hope M) - 日曜社会学>社会学的告知 のブックマークコメント

ルーマンフォーラム」のオフライン分科会【いちから読む──最初期ルーマン読書会】では、二週間に一度のペースで ルーマンの最初期論文を ほぼ発表順に読んでいます。

次回の開催は2月13日夜、新宿とか渋谷とか馬場とかそのへんで。

次回対象文献:Niklas Luhmann "Funktionale Methode und Systemtheorie," Soziale Welt 15 (1964), S. 1-25.
ニクラス・ルーマン、「機能的方法とシステム理論」(1964年作品)(邦訳:isbn:4787788248

Soziologische Aufklaerung 1 - 6

Soziologische Aufklaerung 1 - 6

お申し込みは──こちらも──【ルーマンフォーラム案内】から。

トラックバック - http://socinfo.g.hatena.ne.jp/contractio/20060213

2006-02-05

[][]『社会の社会』読書会featuring Team BB):その第17回 『社会の社会』読書会(featuring Team BB):その第17回 - 日曜社会学>社会学的告知 を含むブックマーク はてなブックマーク - 『社会の社会』読書会(featuring Team BB):その第17回 - 日曜社会学>社会学的告知 『社会の社会』読書会(featuring Team BB):その第17回 - 日曜社会学>社会学的告知 のブックマークコメント

メーリングリストルーマンフォーラム」のオフライン分科会【社会理論研究互助会】では、二週間に一度のペースで ルーマン後期の大著『社会の社会』を読んでいます。

Die Gesellschaft der Gesellschaft.

Die Gesellschaft der Gesellschaft.

申込はこちらから:http://thought.ne.jp/luhmann/ml.html

トラックバック - http://socinfo.g.hatena.ne.jp/contractio/20060205