Hatena::Groupsocinfo

日曜社会学>社会学的告知 このページをアンテナに追加 RSSフィード

ただいま、はてなグループの→「カレンダー」機能の使用を検討中。
告知申請は →掲示板*か メール にて。

2006-08-30

[] 哲学はなぜ進化学の問題になるのか:生物学哲学の多様な展開 12:01  哲学はなぜ進化学の問題になるのか:生物学の哲学の多様な展開 - 日曜社会学>社会学的告知 を含むブックマーク はてなブックマーク -  哲学はなぜ進化学の問題になるのか:生物学の哲学の多様な展開 - 日曜社会学>社会学的告知  哲学はなぜ進化学の問題になるのか:生物学の哲学の多様な展開 - 日曜社会学>社会学的告知 のブックマークコメント

  • 日時:8月30日 (水) 19:30〜21:30 場所:センター棟5階(501号室)
  • 企画者:○三中 信宏(農環研/東大・院・農生)・南部 龍佑(上智大・院・哲学

 科学者にとって「科学哲学」はあってもなくてもいい研究分野なのだろうか?しかし,進化学や体系学の現代史をふりかえると,いたるところで“哲学”に関わる論争が絶えなかったことを現場の科学者は誰もが体験したり見知ったりしているはずだ.哲学的な文脈がどうでもよくないからこそ科学者や科 学哲学者たちは機会をとらえては論議し続づけてきたのではなかっただろうか.科学哲学はたとえば1970年代以降の社会生物学論争や体系学論争を通じて,進化学という個別科学に大きな関心を向けてきた.それは生物進化研究が提起する議論が,経験科学の研究対象としてだけではなく,哲学的あるいは概念的な分析を必要とする諸問題を含んでいるからである.現在の「生物学哲学」は,進化学の方法論だけではなく,適応度の解釈や系統推定論,さらには倫理の起源や機能の問題などにわたって多様な展開を見せている,このような生物学哲学の現代的論議は「進化学はなぜ哲学を問題にするのか」という問題意識のもとに展開されてきた面がある.その一方で,進化学者の側からの「哲学はなぜ進化学を問題とするのか」という問いかけは十分に検討されてきたとはいえない.今回は,生物学哲学の「いま」を代表するいくつかの具体的テーマを通じて,この問いかけに答えてみたい.

講演予定者

トラックバック - http://socinfo.g.hatena.ne.jp/contractio/20060830