Hatena::Groupsocinfo

日曜社会学>社会学的告知 このページをアンテナに追加 RSSフィード

ただいま、はてなグループの→「カレンダー」機能の使用を検討中。
告知申請は →掲示板*か メール にて。

2006-10-30

[][] エスノメソドロジー会話分析研究会  エスノメソドロジー・会話分析研究会 - 日曜社会学>社会学的告知 を含むブックマーク はてなブックマーク -  エスノメソドロジー・会話分析研究会 - 日曜社会学>社会学的告知  エスノメソドロジー・会話分析研究会 - 日曜社会学>社会学的告知 のブックマークコメント

本年度研究会大会を、10月30日(月) に京都龍谷大学にて開催します。事前連絡は不要です。お誘い合わせのうえ、ご来場ください。なお、報告内容の詳細・会場アクセス等は、成城大学南研究室HPをご覧下さい。

  • 日時:2006年10月30日(月) (受付開始9:10)
  • 会場:龍谷大学深草校舎5号館502教室

特別講演 9:35~11:50

林礼子(甲南女子大学) 「記号がジェンダーの意味を持つ瞬間を捉える ──批判談話分析のためのエスノメソドロジー

公募報告(1) 13:10~14:25

戸江 哲理(京都大学) 「トラブルを分かち合う──トラブルの共成員性の会話分析──」

公募報告(2) 14:40~15:55

平本 毅(立命館大学) 「EMCAはいかにCMC(コンピュータを媒介したコミュニケーション)を研究対象にしうるか」

トラックバック - http://socinfo.g.hatena.ne.jp/contractio/20061030

2006-10-29

[] 日本社会学会(二日目) 15:46  日本社会学会(二日目) - 日曜社会学>社会学的告知 を含むブックマーク はてなブックマーク -  日本社会学会(二日目) - 日曜社会学>社会学的告知  日本社会学会(二日目) - 日曜社会学>社会学的告知 のブックマークコメント

立命館大学


ルーマン部会──別名 ルーマンフォーラムおふみ@京都──をよろしく。

第二日 一般研究報告(3) 9時30分〜12時30分

理論(6) 教室 220 司会者 小松丈晃(北海道教育大学
  1. 社会システムの経験的記述とはいかなることか──佐藤俊樹ルーマン批判を手がかりに──(1) 酒井泰斗
  2. 社会システムの経験的記述とはいかなることか──佐藤俊樹ルーマン批判を手がかりに──(2) 東京都立大学 小宮友根
  3. ジェンダー研究におけるルーマン理論の可能性 淑徳大学 佐藤麻衣
  4. ルーマン理論における介入とケアの問題 淑徳大学 本多敏明
  5. ルーマン学説における等価機能主義とシステム理論の関係 東京大学 三谷武司
  6. ルーマン信頼論の同一性──区別、進化、機能分析── 東京大学 畠山洋輔
  7. 個人化と牧人権力──制度的個人化と権力を通しての主体化── 東京都立大学 金田智之
トラックバック - http://socinfo.g.hatena.ne.jp/contractio/20061029

2006-10-28

トラックバック - http://socinfo.g.hatena.ne.jp/contractio/20061028

2006-10-21

[] 立教大社会学部シンポ「社会学は『未来』をいかに語りうるか?」  立教大社会学部シンポ「社会学は『未来』をいかに語りうるか?」 - 日曜社会学>社会学的告知 を含むブックマーク はてなブックマーク -  立教大社会学部シンポ「社会学は『未来』をいかに語りうるか?」 - 日曜社会学>社会学的告知  立教大社会学部シンポ「社会学は『未来』をいかに語りうるか?」 - 日曜社会学>社会学的告知 のブックマークコメント

大学主催の一般向け講演会

趣旨

2006 年度に大きな改編を迎えた社会学部は、立教大学2007年度広報の全体テーマ『未来の声を聴こうPhase2』を受けて、社会学の立場から「未来」をいかに語り、構想しうるかを問うシンポウムを企画する。立教大学社会学部は、社会の現在を客観的に分析するとともに、それを根拠として「未来」を構想しうる社会学的想像力を培う研究と教育を行うことを目指している。今回のシンポジウムは、日本をリードする社会学者を招いてその想像力を自由に羽ばたかせていただき、私たちの現在が未来を拓く可能性とそれを展望するさいの問題点を明らかにしていくことを目的とする。

内容

[] 社会経済学会関東部会シンポ:大塚史学の今日的意義  社会経済史学会関東部会シンポ:大塚史学の今日的意義 - 日曜社会学>社会学的告知 を含むブックマーク はてなブックマーク -  社会経済史学会関東部会シンポ:大塚史学の今日的意義 - 日曜社会学>社会学的告知  社会経済史学会関東部会シンポ:大塚史学の今日的意義 - 日曜社会学>社会学的告知 のブックマークコメント

shinichiroinabashinichiroinaba2006/10/17 11:55関東社会学会?

odanakanaokiodanakanaoki2006/10/17 11:57contractioさん、さっそくの告知、ありがとうございます…が、主催者は「関東社会学会」じゃなくて「社会経済史学会」なので、ひとつよろしくお願いします。

contractiocontractio2006/10/17 12:08すみませーん。修正しましたー(たぶんこれをコピペしたときにいたずらな妖精が(以下略))

トラックバック - http://socinfo.g.hatena.ne.jp/contractio/20061021

2006-10-13

[] 哲学倫理学セミナー  哲学/倫理学セミナー - 日曜社会学>社会学的告知 を含むブックマーク はてなブックマーク -  哲学/倫理学セミナー - 日曜社会学>社会学的告知  哲学/倫理学セミナー - 日曜社会学>社会学的告知 のブックマークコメント

http://pe-seminar.hp.infoseek.co.jp/

ワークショップ「思考のエコノミー──哲学的/倫理学的思考の現在──」

現代社会において、経済がますます大きな役割を占めるにつれ、人々の経済への関心もまた高まっている。これに対して、哲学倫理学もまた無関心ではありえない。経済問題に応答すると称する倫理学は、あるいは社会的関係を効用から判断し、あるいは経済的事象を道徳的に裁断する。とはいえ、こうした「経済的な思考」は、その有用性にもかかわらず、すでに無効であるかもしれない。むしろ問われなければならないのは、経済を論じる哲学的/倫理学的思考が、その根底において規定されている枠組み、すなわち「思考のエコノミー」の方なのではないだろうか。このような問題意識の下、これまで「経済的なもの」として扱われてきた問題を、それを規定する「エコノミー」にまで遡って明からにし、その上で、哲学倫理学経済に対していかなる応答をなしうるか、提言したい。

トラックバック - http://socinfo.g.hatena.ne.jp/contractio/20061013

2006-10-09

[][] 【いちから読む──最初期ルーマン読書会】第20回(featuring Hope M 【いちから読む──最初期ルーマン読書会】第20回(featuring Hope M) - 日曜社会学>社会学的告知 を含むブックマーク はてなブックマーク -  【いちから読む──最初期ルーマン読書会】第20回(featuring Hope M) - 日曜社会学>社会学的告知  【いちから読む──最初期ルーマン読書会】第20回(featuring Hope M) - 日曜社会学>社会学的告知 のブックマークコメント

ルーマンフォーラム」のオフライン分科会【いちから読む──最初期ルーマン読書会】では、二週間に一度のペースで ルーマンの最初期論文を ほぼ発表順に読んでいます。

開催場所は、新宿とか渋谷とか馬場とかそのへんで。

お申し込み

【ルーマンフォーラム案内】から。

対象文献:

トラックバック - http://socinfo.g.hatena.ne.jp/contractio/20061009

2006-10-08

[] 社会科学基礎論研究会:川又・寺田・武井編『ライフヒストリー宗教社会学』合評会  社会科学基礎論研究会:川又・寺田・武井編『ライフヒストリーの宗教社会学』合評会 - 日曜社会学>社会学的告知 を含むブックマーク はてなブックマーク -  社会科学基礎論研究会:川又・寺田・武井編『ライフヒストリーの宗教社会学』合評会 - 日曜社会学>社会学的告知  社会科学基礎論研究会:川又・寺田・武井編『ライフヒストリーの宗教社会学』合評会 - 日曜社会学>社会学的告知 のブックマークコメント

13:00〜19:00
大正大学巣鴨校舎アクセス案内構内案内図](ポスター [pdf:287k])
参加費:300円(学生200円)

【合評会——著者を招いて(第14回)】

序章
第1部 個人と歴史状況
第2部 継承される信仰
    • 大谷栄一(南山宗教文化研究所): 第3章 「2世信者」の信仰形成の過程と教団外他者(塚田穂高
    • 小林多寿子(日本女子大学): 第4章 キリスト教会を継ぐ者の語り(川又俊則)
第3部 地域に生きる人々の信仰
終章
トラックバック - http://socinfo.g.hatena.ne.jp/contractio/20061008

2006-10-01

トラックバック - http://socinfo.g.hatena.ne.jp/contractio/20061001