Hatena::Groupsocinfo

日曜社会学>社会学的告知 このページをアンテナに追加 RSSフィード

ただいま、はてなグループの→「カレンダー」機能の使用を検討中。
告知申請は →掲示板*か メール にて。

2006-12-26

[] 第三十七回 哲学倫理学セミナー  第三十七回 哲学/倫理学セミナー - 日曜社会学>社会学的告知 を含むブックマーク はてなブックマーク -  第三十七回 哲学/倫理学セミナー - 日曜社会学>社会学的告知  第三十七回 哲学/倫理学セミナー - 日曜社会学>社会学的告知 のブックマークコメント

http://pe-seminar.hp.infoseek.co.jp/

  • 第三十七回例会 平成18年12月26日(火)
  • 於 文京区区民センター 3-B会議室 [map]

第一部 13時30分から14時30分まで

  • 構想発表 「『労働する動物』の行方 」馬渕 浩二

「生きるためには働かなければならない」と、しばしば語られる。一般に、この命題は、人間の定めを述べたものとして理解されてい る。だが、この命題は、今日の文脈に置かれるとき、別の意味を獲得するように思われる。「労働する動物の勝利」という時代診断を 1950年代末に下したアーレントの『人間の条件』を参照し、その射程を測りながら、この命題が今日どのように理解されるべきか考えてみる。

第二部 14時40分から16時40分まで

本発表はレヴィナス哲学的考察を、主体の「創造」の観点から、とくに主体が創られた者であるという、その「被造性」に焦点を当ててたどり直す試みである。レヴィナス哲学的著作において、「創 造」の概念は重要な位置を占めてはいるものの、表だって論じられることはほとんどない。哲学的な著作においては中心的概念とは言えない、この主体の「被造性」にあえて光をあてることによって、「分離」、「無限の観念」、「あらゆる受動性よりも受動的な受動  性」、「隔時性」など、主体をめぐるレヴィナスの重要な考察が、ひとつづきの関連した文脈のうちに浮かび上がってくるのが見えるはずである。

(※本発表は、拙論「主体の被造性-依存における自律」(哲学会編『哲学雑誌 第121巻 第793号 特集「レヴィナス-ヘブライズムとヘレニズム」』、2006年)に基づいて行う予定です。)

isbn:4003369122

トラックバック - http://socinfo.g.hatena.ne.jp/contractio/20061226

2006-12-21

[][] 科学・技術と社会の会  科学・技術と社会の会 - 日曜社会学>社会学的告知 を含むブックマーク はてなブックマーク -  科学・技術と社会の会 - 日曜社会学>社会学的告知  科学・技術と社会の会 - 日曜社会学>社会学的告知 のブックマークコメント

主催者より中止アナウンスが出ていますhttp://www.l.u-tokyo.ac.jp/JASTS/main.htm

今回は、エスノメソドロジーを用いた科学社会学研究で知られ、アメリカの4S(Society for the Social Studies of Science)の新会長であるMichael Lynch氏を葉山高等研究センター人間と科学プロジェクトと共催でお招きし、犯罪捜査におけるDNA鑑定に関する話題を提供していただきます。当日は、興味ぶかい議論が期待されます。皆さまお誘い合わせのうえ、ふるってご参加ください。

*Michael Lynch氏の発表概要は、科学・技術と社会の会のウェブサイトhttp://www.l.u-tokyo.ac.jp/JASTS/)に掲載されています。どうぞご覧ください。終了後、懇親会を行います。参加希望の方は、予約の都合もあり、12月11日までにUematsu.Yoshiko@iii.u-tokyo.ac.jp(植松)までご連絡ください。

リンチの発表要旨:

トラックバック - http://socinfo.g.hatena.ne.jp/contractio/20061221

2006-12-16

[] 日本社会学理論学会研究例会/社会科学基礎論研 研究会  日本社会学理論学会研究例会/社会科学基礎論研 研究会 - 日曜社会学>社会学的告知 を含むブックマーク はてなブックマーク -  日本社会学理論学会研究例会/社会科学基礎論研 研究会 - 日曜社会学>社会学的告知  日本社会学理論学会研究例会/社会科学基礎論研 研究会 - 日曜社会学>社会学的告知 のブックマークコメント

http://wwwsoc.nii.ac.jp/sst/html/conference.html

http://wwwsoc.nii.ac.jp/ssst/

合評会:著者を招いて


[] 東京法哲学研究会例会  東京法哲学研究会例会 - 日曜社会学>社会学的告知 を含むブックマーク はてなブックマーク -  東京法哲学研究会例会 - 日曜社会学>社会学的告知  東京法哲学研究会例会 - 日曜社会学>社会学的告知 のブックマークコメント

要事前連絡:http://wwwsoc.nii.ac.jp/jalp/j/info/information2.html

[合評会] 盛山和夫リベラリズムとは何か:ロールズと正義の論理』

[][] M&A Workshop  M&A Workshop - 日曜社会学>社会学的告知 を含むブックマーク はてなブックマーク -  M&A Workshop - 日曜社会学>社会学的告知  M&A Workshop - 日曜社会学>社会学的告知 のブックマークコメント

詳細:http://www.meijigakuin.ac.jp/~aug/

We plan to have the 45th M&A Workshop on December 16, 2006.

  • Date: Saturday, December 16, 2006
  • Hours: 15:00-19:00
  • Venue: Room 1555, Meiji Gakuin University, Tokyo

We will have two data sessions:

  1. Dom Berducci will bring his data from an American scientific afterschool club.
  2. 2. David Aline and Yuri Hosoda will bring their data from an English class at an elementary school in Japan.

Anybody interested is welcome.

追記修正がありました。

There is a change to the announcement of the 45th M&A meeting I sent off the other day:

David Aline and Yuri Hosoda will bring a piece of data from interaction in peer activities in university EFL classes, not from elementary school.

2006-12-11

[][] 【いちから読む──最初期ルーマン読書会】第26回(featuring Hope M 【いちから読む──最初期ルーマン読書会】第26回(featuring Hope M) - 日曜社会学>社会学的告知 を含むブックマーク はてなブックマーク -  【いちから読む──最初期ルーマン読書会】第26回(featuring Hope M) - 日曜社会学>社会学的告知  【いちから読む──最初期ルーマン読書会】第26回(featuring Hope M) - 日曜社会学>社会学的告知 のブックマークコメント

ルーマンフォーラム」のオフライン分科会【いちから読む──最初期ルーマン読書会】では、二週間に一度のペースで ルーマンの最初期論文を ほぼ発表順に読んでいます。

開催場所は、新宿とか渋谷とか馬場とかそのへんで。

対象文献

トラックバック - http://socinfo.g.hatena.ne.jp/contractio/20061211

2006-12-09

[] 社会学学会例会  社会学史学会例会 - 日曜社会学>社会学的告知 を含むブックマーク はてなブックマーク -  社会学史学会例会 - 日曜社会学>社会学的告知  社会学史学会例会 - 日曜社会学>社会学的告知 のブックマークコメント

  • 12月9日(土)14時~16時。
  • google:日大文理学部 本館2階・第1会議室(下高井戸)
  • 司会者 片桐 雅隆
  • 報告者
    • 浜 日出夫 「ジンメルの個人化論」
    • 杉本 学  「ジンメルにおける「近隣性」と「距離」:バウマンの道徳論におけるジンメルの援用をめぐって」
トラックバック - http://socinfo.g.hatena.ne.jp/contractio/20061209

2006-12-03

[] 日本現象学社会科学会大会(二日目)  日本現象学・社会科学会大会(二日目) - 日曜社会学>社会学的告知 を含むブックマーク はてなブックマーク -  日本現象学・社会科学会大会(二日目) - 日曜社会学>社会学的告知  日本現象学・社会科学会大会(二日目) - 日曜社会学>社会学的告知 のブックマークコメント

    • 10:15 受付開始
10:30~12:00 一般報告3  司会:矢田部 圭介(武蔵大学
  • 10:30~11:15 「非正規雇用という選択――パート主婦たちが語る家族と仕事――」  徳久 美生子(武蔵大学
  • 11:15~12:00 「社会学における制度論――メルロ=ポンティとの「交差」から――」  清水 淳志(慶應義塾大学
      • 12:00~13:30 委員会(第二研究棟(39号館)3階2322 社会学専修室)
      • 13:30~14:00 シンポジウム打合せ(第二研究棟(39号館)3階2322 社会学専修室)
    • 13:30~14:00 総会(第一研究棟(33号館)2階 第1会議室)
14:00~17:00 シンポジウム「健康」  司会:水谷 雅彦(京都大学)・周藤 真也(早稲田大学

※12月3日(日)は、転部試験の実施のため、戸山キャンパスへの入構に制限があります。戸山キャンパス正門入口で「日本現象学社会科学会大会」へのご参加の旨、お申し出ください。なお、入口には、スタッフがおりますので、ご案内させていただきます。

トラックバック - http://socinfo.g.hatena.ne.jp/contractio/20061203

2006-12-02

[] 日本現象学社会科学会大会(一日目)  日本現象学・社会科学会大会(一日目) - 日曜社会学>社会学的告知 を含むブックマーク はてなブックマーク -  日本現象学・社会科学会大会(一日目) - 日曜社会学>社会学的告知  日本現象学・社会科学会大会(一日目) - 日曜社会学>社会学的告知 のブックマークコメント

    • 13:00 受付開始
13:30~15:00 一般報告1  司会:張江 洋直(稚内北星学園大学
15:15~16:45 一般報告2  司会:青山 治城(神田外語大学)
17:00~18:00 特別報告「『ルーマン/社会の理論の革命』刊行に寄せて」  司会:丸山 徳次(龍谷大学
18:30~ 懇親会(会場:Little Dining せきはら,会費:4,000円)

お問い合わせ:日本現象学社会科学会事務局

[][] 東洋大公開シンポ「アポリアのなかに〜歴史の因果性」  東洋大公開シンポ「アポリアのなかに〜歴史の因果性」 - 日曜社会学>社会学的告知 を含むブックマーク はてなブックマーク -  東洋大公開シンポ「アポリアのなかに〜歴史の因果性」 - 日曜社会学>社会学的告知  東洋大公開シンポ「アポリアのなかに〜歴史の因果性」 - 日曜社会学>社会学的告知 のブックマークコメント

http://www.toyo.ac.jp/ihs/event-20061202.htm

歴史はたんなるクロノロジーではない

歴史が時間のなかで事実を物語るとき

そこにはかならず因果の連鎖がある

プログラム

◆参加費無料。

◆問い合わせは同研究所まで。

via http://d.hatena.ne.jp/odanakanaoki/20061114#p1