Hatena::Groupsocinfo

日曜社会学>社会学的告知 このページをアンテナに追加 RSSフィード

ただいま、はてなグループの→「カレンダー」機能の使用を検討中。
告知申請は →掲示板*か メール にて。

2007-03-31

[] 第三十九回 哲学/倫理学セミナー  第三十九回 哲学/倫理学セミナー - 日曜社会学>社会学的告知 を含むブックマーク はてなブックマーク -  第三十九回 哲学/倫理学セミナー - 日曜社会学>社会学的告知  第三十九回 哲学/倫理学セミナー - 日曜社会学>社会学的告知 のブックマークコメント

第一部  13時30分から14時30分まで

  • 構想発表「自由・自己保存・ミメーシス」
    麻生 博之     

「自由」の捉え方には、ひとまず様々なものがありえよう。とはいえ多くのばあい、「自己」であること、あるいは「同じ」自己として存在し続けることが、自由の基本的な成り立ちとして想定されているように思われる。そのような自由の成り立ちは、しかしまた、「他なるもの」、つまり自己を揺さぶり、同じ自己であり続けることを阻む「非同一的なもの」を、いわば支配し、排除しようとする暴力と分かちがたく結びあっているとも思われる。自己であり続けようとすることとは別のかたちで、自由を考えることは可能だろうか。この構想発表では、おもに自由をめぐるアドルノの思考をとりあげ、とりわけ「自己保存」「自発性」「ミメーシス」といった諸概念にそくしながら、予備的な検討と若干の問題提起を行ないたい。

第二部  14時40分から16時40分まで

  • 発表「存在者の共同性はいかにして可能か ──カント哲学における実体概念と関係概念」
    宮村 悠介  

ドイツ哲学のモナド論から強い影響を受けながら、実体相互の関係の実在性を認めるカントにとって、優れた意味での存在者である実体と、その相互の関係の問題は、その世界論の要所に位置する重大な問題であった。本稿はその批判期における解決を、現象における実体とその関係の問題については、実体の相互関係が経験の可能性の条件として証明される、『純粋理性批判』「経験の類推」の「第三の類推」を中心に、叡智的存在者としての実体とその関係の問題については、『純粋理性批判』 「弁証論」から『実践理性批判』に至るカントの歩みに探る。そして存在者とその関係をめぐるカントの思考と、それに支えられたカントの世界論の特色を明らかにすることを通じ、実体をめぐる思考は果たして過ぎ去った時代のものであるのか、そして関係概念を中心に据える世界像と両立できるのか、考えたい。

参考文献

以上

トラックバック - http://socinfo.g.hatena.ne.jp/contractio/20070331

2007-03-27

[] シンポジウム「社会シミュレーションの可能性」  シンポジウム「社会シミュレーションの可能性」  - 日曜社会学>社会学的告知 を含むブックマーク はてなブックマーク -  シンポジウム「社会シミュレーションの可能性」  - 日曜社会学>社会学的告知  シンポジウム「社会シミュレーションの可能性」  - 日曜社会学>社会学的告知 のブックマークコメント

  • 日 時:2007年3月27日(火)9:50-18:30
  • 場 所:東京工業大学大岡山キャンパス 西9号館2階 コラボレーションルーム
  • 参加費:無料
  • 問合せ:武藤正義(mmuto[atmark]valdes.titech.ac.jp)まで
  • 企画者:21世紀COEプログラム「エージェントベース社会システム科学の創出」
    「社会システム理論」プロジェクト
    今田高俊・中丸麻由子・武藤正義
  • URL:http://www.absss.titech.ac.jp/

趣旨:

シミュレーションや数理モデル解析は社会現象の記述だけではなく、人間社会の本質を解明するためのツールとして用いられている。このようなタイプの研究は、社会科学だけでなく生物学・物理学などの自然科学でも精力的に進められており、今日最もホットな学際領域のひとつである。

 とはいえ、これまでの社会科学において、シミュレーションや数理モデル解析が好意的に受け入れられているとはいえなかった。しかし、昨今の研究蓄積により徐々に認められつつあり、これからの社会科学では必須のツールとなっていくと予想される。

 私ども東工大COE「エージェントベース社会システム科学の創出」・プロジェクト7「社会システム理論」班は、社会学に加え、生物学、物理学、工学といった分野から、シミュレーションや数理モデル解析を行っている若手研究

者をお招きし、講演していただくという形で当シンポジウムを企画した。このシンポジウムを通じて、今後、この学際領域の方向性・発展性を模索する機会としたい。

プログラム:

  • 09:50-10:00 はじめに
    今田高俊@東京工大, 「社会システム理論」プロジェクト責任者
  • 10:00-10:50 発表(1)複雑ネットワーク上の相互作用系
    増田直紀@東京大(工学) 
  • 10:50-11:40 発表(2)生物進化と文化進化
    井原泰雄@東京大(進化人類学)

  • 11:50-12:40 発表(3)一般交換の理論的・心理的基盤
    高橋伸幸@北海道大(社会心理学)

  • 14:10-15:00 発表(4)ゲームと時間
    秋山英三@筑波大(進化ゲーム論)
  • 15:00-15:50 発表(5)つつきの順序生成の学習モデル
    七條達弘@大阪府大(数理社会学・経済学)
  • 16:00-16:50 発表(6)環境配慮の経済行動に関するエージェントベースシミュレーション
    在間敬子@専修大(環境経済学)
  • 16:50-17:40  SOARSの現在
    出口弘@東京工大、COE拠点リーダー)
  • 17:40-18:30 総合討論(始めの15分指定討論・今田高俊@東京工大)
トラックバック - http://socinfo.g.hatena.ne.jp/contractio/20070327

2007-03-17

[][] エスノメソドロジー会話分析研究会 春の例会  エスノメソドロジー・会話分析研究会 春の例会 - 日曜社会学>社会学的告知 を含むブックマーク はてなブックマーク -  エスノメソドロジー・会話分析研究会 春の例会 - 日曜社会学>社会学的告知  エスノメソドロジー・会話分析研究会 春の例会 - 日曜社会学>社会学的告知 のブックマークコメント

詳細:http://emca.jp/history/2006.php

  • 開催日時: 2007年3月17日土曜日 9時30分〜17時30分
  • 会  場: 明治学院大学白金校地 本館4階1402教室[地図]
  • プログラム1(午前の部): 研究報告会 (9時30分〜12時30分)
  • プログラム2(午後の部): EMCA教授法懇談会 (13時30分〜17時30分)
  • 参加費 : 会員 500円、非会員 1,000円(仮)
    • ※事前申し込みは不要です。
    • ※当日、申し出により仮会員登録をすることも可能です。(その場合は会員の参加費が適用されます。)
  • 問合先 : augnish(a)soc.meijigakuin.ac.jp(西阪)
EMCA研究会:http://emca.jp/
トラックバック - http://socinfo.g.hatena.ne.jp/contractio/20070317

2007-03-10

[] 科学技術社会論研究会>世紀転換期日本における科学技術とジェンダー  科学技術社会論研究会>世紀転換期日本における科学技術とジェンダー - 日曜社会学>社会学的告知 を含むブックマーク はてなブックマーク -  科学技術社会論研究会>世紀転換期日本における科学技術とジェンダー - 日曜社会学>社会学的告知  科学技術社会論研究会>世紀転換期日本における科学技術とジェンダー - 日曜社会学>社会学的告知 のブックマークコメント

要事前申し込み http://www.forumsts.org/

  • 2007年3月10日(土) 13:00-18:00
  • 東京大学駒場 I キャンパス(教養学部)・ファカルティハウス・セミナー室(アクセスマップ)(キャンパスマップ)
  • 参加費 1000円

13:00-13:15

  • 開会あいさつ 吉岡 斉(九州大学
  • 趣旨説明   桑原雅子(NPO法人学術研究ネット)

13:15-15:15 / 15:25-16:25

  • 話題提供1 江原由美子首都大学東京) 「現代日本の学術領域におけるジェンダー視点認識の現状と限界」
  • 話題提供2 高橋さきの(翻訳家) 「Sex/gender システムをめぐって── 医学と生物学の50年」
  • 話題提供3 桑原雅子(NPO法人学術研究ネット) 「科学論から見るジェンダー概念と科学をめぐる諸問題」

16:35-17:15

17:15-18:00

  • 総合討議 司会・川野祐二(千里金蘭大学)
トラックバック - http://socinfo.g.hatena.ne.jp/contractio/20070310

2007-03-05

[] 社会科学のための統計分析:社研・計量分析セミナー  社会科学のための統計分析:社研・計量分析セミナー - 日曜社会学>社会学的告知 を含むブックマーク はてなブックマーク -  社会科学のための統計分析:社研・計量分析セミナー - 日曜社会学>社会学的告知  社会科学のための統計分析:社研・計量分析セミナー - 日曜社会学>社会学的告知 のブックマークコメント

2007年3月5日より、社会科学研究所主催で、社会科学の計量分析セミナーを開催することになりました。

[1] 二次分析道場!

3月5日(月曜日)〜3月10日(土曜日)

SPSSを用いた統計分析の初歩・入門編 講義 10:00〜12:00

午後に実習あり(5日〜9日)

これから計量分析を始めたい方、SPSSの使い方がよくわからない方向けの講座です。

※本コースでは回帰分析を扱いません。回帰分析とその拡張を受講されたい方は、[2]「STATAによる計量データ分析の基礎」をご検討ください。

[2] STATAによる計量データ分析の基礎

3月5日(月曜日)〜3月9日(金曜日)

統計ソフトSTATAを用いた、初級から中級レベルの講義(実習はありません)

記述統計、回帰分析、カテゴリカルデータ分析、パネルデータ分析、時系列分析、生存分析

講義 13:00〜15:00、15:30〜17:30

[3] 特別講演 『所得格差指標の理論と応用』

3月10日(土曜日) 14:00〜17:30

via http://d.hatena.ne.jp/jtsutsui/20070205/1170603914

トラックバック - http://socinfo.g.hatena.ne.jp/contractio/20070305

2007-03-02

[] ミシェル・ダリシエ氏講演会  ミシェル・ダリシエ氏講演会 - 日曜社会学>社会学的告知 を含むブックマーク はてなブックマーク -  ミシェル・ダリシエ氏講演会 - 日曜社会学>社会学的告知  ミシェル・ダリシエ氏講演会 - 日曜社会学>社会学的告知 のブックマークコメント

  • 3月2日(金)・3日(土)
  • 学習院大学 文学部棟(北2号館)
  • ミシェル・ダリシエ(Michel Dalissier)氏(CNRS, UMR 8172 中国日本チベット文化研究センター研究員)

西田幾多郎におけるベルクソン(Nishida Kitaro, lecteur de Bergson)

  1. (2日) エランと持続(L'elan et la duree)
  2. (3日) 幻影と二重化(Mirage et Doublage)

※講演はフランス語で行われます。日本語によるレジュメあり。

トラックバック - http://socinfo.g.hatena.ne.jp/contractio/20070302