Hatena::Groupsocinfo

日曜社会学>社会学的告知 このページをアンテナに追加 RSSフィード

ただいま、はてなグループの→「カレンダー」機能の使用を検討中。
告知申請は →掲示板*か メール にて。

2007-04-29

[] カフェ・シアンティフィーク: 「納豆ダイエット狂想曲」  カフェ・シアンティフィーク: 「納豆ダイエット狂想曲」 - 日曜社会学>社会学的告知 を含むブックマーク はてなブックマーク -  カフェ・シアンティフィーク: 「納豆ダイエット狂想曲」 - 日曜社会学>社会学的告知  カフェ・シアンティフィーク: 「納豆ダイエット狂想曲」 - 日曜社会学>社会学的告知 のブックマークコメント

http://cafescientifique.jp

  • ゲスト 神里達博さん(社会技術研究開発センター/科学史・科学論)
  • 日時 2007年4月29日(日)19:30~21:00
  • 会場 現代HEIGHTS
    (京王井の頭線池ノ上駅より4分、tel 03-3469-1659)

今回のテーマは、スーパーの納豆コーナーを軒並み品切れにさせ、データ捏造発覚で幕を閉じた「あるある大事典」の問題をとりあげます。『食品リスク』などの著書もある神里達博さんをゲストに迎え、納豆ダイエット騒動からみえてくる問題について考えます。

トラックバック - http://socinfo.g.hatena.ne.jp/contractio/20070429

2007-04-28

[][] 【( ´∀`)著者さんと】大黒岳彦『〈メディア〉の哲学』合評会【語ろう(°∀°)】  【( ´∀`)著者さんと】大黒岳彦『〈メディア〉の哲学』合評会【語ろう(°∀°)】 - 日曜社会学>社会学的告知 を含むブックマーク はてなブックマーク -  【( ´∀`)著者さんと】大黒岳彦『〈メディア〉の哲学』合評会【語ろう(°∀°)】 - 日曜社会学>社会学的告知  【( ´∀`)著者さんと】大黒岳彦『〈メディア〉の哲学』合評会【語ろう(°∀°)】 - 日曜社会学>社会学的告知 のブックマークコメント

ルーマン・フォーラム「著者さんと語ろう」シリーズ、今回は、長岡克行さんisbn:4326601957に続きまして 大黒岳彦さんでございます。

  • 開催日時: 2007年04月28日 午後(「夜の部」あり)
  • 開催場所: 東京都 (山手線付近)


  • 対 象 : 大黒岳彦『〈メディア〉の哲学──ルーマン社会システム論の射程と限界』、NTT出版、2006、isbn:4757101996
  • 評 者 : 馬場靖雄(大東文化大)
  • 会 場 : 都内(山手線周辺)
  • 参加資格: 当日までに対象を通読してこれるかた

※参加希望者は

を書いて、主催者宛()に、メールでご連絡を。開始時間、会場そのほかの詳細は「合評会ML」にて告知されます。


その次は石戸教嗣さんの新刊isbn:4790712397

評者は小松丈晃さん&毛利康俊さん、時期は6月初旬の予定です。

[] 哲学/倫理学セミナー  哲学/倫理学セミナー - 日曜社会学>社会学的告知 を含むブックマーク はてなブックマーク -  哲学/倫理学セミナー - 日曜社会学>社会学的告知  哲学/倫理学セミナー - 日曜社会学>社会学的告知 のブックマークコメント

via 中のひと


構想発表「意志と認識の関係――ショーペンハウアーの思考に則して」 釜土 詳二

ショーペンハウアーの思考に寄り添いつつ、意志と認識の関係を考察する。まず、意志の現象の場としての私の身体が、世界において占める位置が確認され、次いで、身体における意志が認識に先立つものであること、したがって、認識は意志に従属するものであるということが、指摘される。そして最後に、意志との関係から離脱した聖者の認識、すなわち一切のエゴイズムから離脱した純粋な認識が有り得るということが、主張される。

参考文献
  • ショーペンハウアー『意志と表象としての世界』(西尾幹二訳、中公クラシックス)
  • 「第二巻 意志としての世界の第一考察すなわち意志の客観化」主として、第17節以下を中心に

発表「デカルト『省察』をめぐるフーコーの狂気排除論」藤田 公二郎

デカルトは『省察』の中で理性から狂気を暴力的に排除した。この排除は、現代に到るまであらゆる理性的探究の中で基本的に引き継がれている。――ミシェル・フーコーはかつて歴史研究の立場からそう主張した。これに対してジャック・デリダは哲学的観点から、そうした歴史的な排除を、哲学的テクストである『省察』から読み取るべきではないと批判した。本発表では、いわゆるこのフーコーデリダ論争を通じて、いかに『省察』で狂気が排除されているのか、フーコーの考えを浮き彫りにしてみたい。またフーコーは、デリダへの反論の中で、デリダが狂気の排除を読み取れなかったのは、デリダの理性的思考自身が狂気排除に加担しているからだと示唆している。この示唆を掘り下げて検討することで、今日私たちはいかに、他者を排除することなく思考することができるのか、ひとつの可能的方途を探ってみたい。

参考文献
トラックバック - http://socinfo.g.hatena.ne.jp/contractio/20070428

2007-04-21

[] 第46回現代人類学研究会  第46回現代人類学研究会 - 日曜社会学>社会学的告知 を含むブックマーク はてなブックマーク -  第46回現代人類学研究会 - 日曜社会学>社会学的告知  第46回現代人類学研究会 - 日曜社会学>社会学的告知 のブックマークコメント

http://anthrop.c.u-tokyo.ac.jp/

  • 2007年4月21日(土)15:00〜
  • 東京大学駒場キャンパス14号館407

発表者

  • ファビオ・ギギさん(東大総合文化研究科 学振特別研究員)
    「ゴミ屋敷の誕生:社会的問題の原点と構築について」
    • コメンテーター: 田中大介さん
  • アンドリュー・カニングさん(東大文化人類学研究室 外国人研究生)
    「モダンとモラル:日本における近代化と倫理の再構成」
    • コメンテーター: 中村淳さん
トラックバック - http://socinfo.g.hatena.ne.jp/contractio/20070421

2007-04-08

[] 生物地理学会シンポジウム「進化と系譜:ツリー,ネットワーク,視覚言語リテラシー 生物地理学会シンポジウム「進化と系譜:ツリー,ネットワーク,視覚言語リテラシー」 - 日曜社会学>社会学的告知 を含むブックマーク はてなブックマーク -  生物地理学会シンポジウム「進化と系譜:ツリー,ネットワーク,視覚言語リテラシー」 - 日曜社会学>社会学的告知  生物地理学会シンポジウム「進化と系譜:ツリー,ネットワーク,視覚言語リテラシー」 - 日曜社会学>社会学的告知 のブックマークコメント

  • 日時:2006年4月8日(日)13:00~15:30
  • 場所:立教大学(豊島区西池袋)
  • オーガナイザー・司会:三中信宏
  • 中村雄祐「現代世界における「リテラシー」と生存」
  • 細馬宏通「絵の宛先の革命 ― 郵便改革と絵はがきの登場 ― 」 
  • 田中純「イメージの/イメージによる系譜学:人文学の図像的転回をめぐって」

※このシンポジウムは非学会員でも参加できます

トラックバック - http://socinfo.g.hatena.ne.jp/contractio/20070408

2007-04-07

[] 関東社会学会例会:現代の『保守』――何が新しいのか?  関東社会学会例会:現代の『保守』――何が新しいのか? - 日曜社会学>社会学的告知 を含むブックマーク はてなブックマーク -  関東社会学会例会:現代の『保守』――何が新しいのか? - 日曜社会学>社会学的告知  関東社会学会例会:現代の『保守』――何が新しいのか? - 日曜社会学>社会学的告知 のブックマークコメント

http://wwwsoc.nii.ac.jp/kss/meeting/information.html#section_2

  • 日 程: 2007年4月7日(土) 14:00~18:00
  • 場 所: 立教大学 太刀川記念館 第1・第2会議室
  • 報 告:
    • 報告(1):高原基彰東京大学大学院)「『官僚制を乗り越える試み』の失敗について――日本と韓国の事例から」
    • 報告(2):塩原良和(東京外国語大学)「ネオリベラル多文化主義の台頭と移民の選別/管理/排除――オーストラリアの事例から」


トラックバック - http://socinfo.g.hatena.ne.jp/contractio/20070407