Hatena::Groupsocinfo

日曜社会学>社会学的告知 このページをアンテナに追加 RSSフィード

ただいま、はてなグループの→「カレンダー」機能の使用を検討中。
告知申請は →掲示板*か メール にて。

2007-06-30

[] 早稲田社会学会例会  早稲田社会学会例会 - 日曜社会学>社会学的告知 を含むブックマーク はてなブックマーク -  早稲田社会学会例会 - 日曜社会学>社会学的告知  早稲田社会学会例会 - 日曜社会学>社会学的告知 のブックマークコメント

via 中のひと

第28回研究例会開催のお知らせ

麻疹(はしか)流行により延期となっておりました第28回研究例会を、下記の要領で開催することとなりました。

今回の研究例会は、本年度大会シンポジウム「時間と空間のなかの家族」のプレ企画として開催されます。多数のご参加をお待ちしております。

2007年6月7日 

早稲田社会学会 研究活動委員会

  • 日時: 6月30日(土) 14:00-17:00
  • 会場: 早稲田大学文学部(戸山キャンパス) 31号館102教室
  • 司会者:
  • 報告者および報告題目:
    • 河原紀子(共立女子大学)「乳幼児の食行動における自律プロセス ――養育者との対立と調整を中心に」
  • 中川敦(早稲田大学大学院)「『遠距離介護』の自然史に関する一考察」
トラックバック - http://socinfo.g.hatena.ne.jp/contractio/20070630

2007-06-27

[] Jin Xiping 北京大学教授講演会  Jin Xiping 北京大学教授講演会 - 日曜社会学>社会学的告知 を含むブックマーク はてなブックマーク -  Jin Xiping 北京大学教授講演会 - 日曜社会学>社会学的告知  Jin Xiping 北京大学教授講演会 - 日曜社会学>社会学的告知 のブックマークコメント

Two Remarks on Heidegger's Philosophy in Chinese Context

  • 6月27日(水)17時より 
  • 場所 東京大学・総合文化研究科・駒場キャンパス1
    18号館4階コラボレーションルーム 1
トラックバック - http://socinfo.g.hatena.ne.jp/contractio/20070627

2007-06-23

[] シュッツ文庫コロキウム  シュッツ文庫コロキウム - 日曜社会学>社会学的告知 を含むブックマーク はてなブックマーク -  シュッツ文庫コロキウム - 日曜社会学>社会学的告知  シュッツ文庫コロキウム - 日曜社会学>社会学的告知 のブックマークコメント

http://www.waseda.jp/Schutz/meeting2.htm

このたび早稲田大学シュッツ文庫では下記の通り、コロキウムを開催することになりました。多くの皆様のご参集をお待ちしております。

報告は英語でなされますが、フランス語、ドイツ語でのご質問も歓迎です。

Denisa Butnaru*
Alfred Schuz and Charles Sanders Peirce- on the Logic of "Vagueness" and its Challenge for a Sociology of the Life-World

* 早稲田大学シュッツ文庫研究員、ストラスブール第二大学/マルク・ブロック大学博士候補生
  • 日時:6月23日(土) 16:00~
  • 場所:早稲田大学 社会科学部共同研究室4(西早稲田キャンパス14号館10階1060室)
  • 報告要旨:
    By making a plea for the logic of "vagueness", we try in the present text to set an accent not only upon the indeterminacy of the processes that contribute to the delineation of this logic, but also to consider the instances involved within the creation of such processes. In the comparison of the two tendencies that we have chosen, the sociology of knowledge of Alfred Schutz and the semiotics of C.S. Peirce, we have brought some arguments that could support the idea of processuality that always accompanies the realization of knowledge. The theory of belief and that of inquiry, the logic of abduction, as well as the theory that discusses the constitution of the stock of knowledge and the typifications that are inherent to it, correlated to the constant presence of the Otherness, are all arguments that contribute to point out how the" incompleteness" of our knowledge is perpetuated, and consequently, how these elements sustain the maintenance of a constantly open horizon of possibilities in our determination of the world.


  • お問い合わせ先:
    • 木村正人(早稲田大学シュッツ文庫)
    • 早稲田大学シュッツ文庫:http://www.waseda.jp/Schutz
      (HP下部の「お問い合わせ」フォームよりご連絡いただければ幸いです)。
トラックバック - http://socinfo.g.hatena.ne.jp/contractio/20070623

2007-06-20

[] 立教大学ジェンダーフォーラム公開講演会  立教大学ジェンダーフォーラム公開講演会 - 日曜社会学>社会学的告知 を含むブックマーク はてなブックマーク -  立教大学ジェンダーフォーラム公開講演会 - 日曜社会学>社会学的告知  立教大学ジェンダーフォーラム公開講演会 - 日曜社会学>社会学的告知 のブックマークコメント

  • 日時 2007年6月20日(水)18時30分から2時間程度(予定)
  • 場所 立教大学池袋キャンパス8号館8101教室
  • 講師 若桑みどり氏(千葉大学名誉教授・ジェンダー文化研究所所長)
  • 演題 「ジェンダー・バックラッシュの現状と未来への展望」

参加費・申し込み等一切不要

トラックバック - http://socinfo.g.hatena.ne.jp/contractio/20070620

2007-06-10

[] 質的研究の会  質的研究の会 - 日曜社会学>社会学的告知 を含むブックマーク はてなブックマーク -  質的研究の会 - 日曜社会学>社会学的告知  質的研究の会 - 日曜社会学>社会学的告知 のブックマークコメント

http://kurim.cc.nara-wu.ac.jp/main/info/event/proqr070610.html

  • 日時: 2007年6月10日(日) 13:00-17:00
  • 場所: 奈良女子大学 文系総合研究棟339室
近鉄奈良駅徒歩5分
http://www.nara-wu.ac.jp/accessmap.html
正門まで来ていただき(南門は休日閉まっています)、キャンパスマップの旧文学部北棟東入り口階段から3階にあがり、左折、すぐ右折、東端の教室です。ご不明の際は、正門の守衛さんにお尋ねください。
http://www.nara-wu.ac.jp/campus.html

13:00-14:15

  • 得津慎子(関西学院大学 博士後期課程)「家族レジリアンスについての質的調査」

14:25-15:40

  • 中川輝彦(龍谷大学 社会学部 特任講師)「サイコセラピーの社会学の視座」

15:45-17:00

  • 山崎浩司東京大学大学院 人文社会系研究科 講師)「(仮題)めぐりあう喪失と再生の物語──マンガを使った事例研究」
トラックバック - http://socinfo.g.hatena.ne.jp/contractio/20070610

2007-06-02

[][] 【( ´∀`)著者さんと】石戸教嗣『リスクとしての教育』合評会【語ろう(°∀°)】  【( ´∀`)著者さんと】石戸教嗣『リスクとしての教育』合評会【語ろう(°∀°)】 - 日曜社会学>社会学的告知 を含むブックマーク はてなブックマーク -  【( ´∀`)著者さんと】石戸教嗣『リスクとしての教育』合評会【語ろう(°∀°)】 - 日曜社会学>社会学的告知  【( ´∀`)著者さんと】石戸教嗣『リスクとしての教育』合評会【語ろう(°∀°)】 - 日曜社会学>社会学的告知 のブックマークコメント

ルーマン・フォーラム「著者さんと語ろう」シリーズ、今回は石戸教嗣さんでございます。

  • 開催日時: 2007年06月02日 午後
  • 開催場所: 東京都(山手線付近:詳細告知は合評会MLにておこないます)


  • 対象
リスクとしての教育―システム論的接近 (SEKAISHISO SEMINAR)

リスクとしての教育―システム論的接近 (SEKAISHISO SEMINAR)

※参加希望者は

  1. 自己紹介  ルーマンフォーラム案内を参考にしてください)
  2. 「夜の部」参加希望の有無

を書いて、主催者宛()に、メールでご連絡を。

※合評会参加のためにルーマン・フォーラムへ登録する必要はありません。

[] 自我論研究会  自我論研究会 - 日曜社会学>社会学的告知 を含むブックマーク はてなブックマーク -  自我論研究会 - 日曜社会学>社会学的告知  自我論研究会 - 日曜社会学>社会学的告知 のブックマークコメント

  • 日時:6月2日(土) 15:00〜
  • 場所:早稲田大学戸山キャンパス 第二研究棟 5F 第五会議室
  • 報告者:櫻井 龍彦 氏(浜松学院大学)
  • 題目:「対人恐怖と近代」(仮題)

[] メディアとことば研究会  メディアとことば研究会 - 日曜社会学>社会学的告知 を含むブックマーク はてなブックマーク -  メディアとことば研究会 - 日曜社会学>社会学的告知  メディアとことば研究会 - 日曜社会学>社会学的告知 のブックマークコメント

  • 日時: 2006年6月2日(土)15時~18時半
  • 場所:
    〈関東会場〉東洋大学白山キャンパス3号館1階ナレッジスクウェア [link]
    〈関西会場〉武庫川女子大学日下記念マルチメディア館(通称MM館のMM-108)[link]


  • 発表者: 西尾 純二 (大阪府立大学人間社会学部) 「ローカル情報番組にみる方言使用の地域差」
  • 発表者: 田村 紘(元新聞記者) 「社説の主張を文法形式から考える-朝日と読売の提言形式とモダリティ比較-」

タイムスケジュール:

  • 3:00~3:30 総会
  • 3:30~3:40 開会、研究会説明、発表者紹介(10分)
  • 3:40~4:40 発表1(発表40分+質疑応答20分)
  • 4:40~5:00 休憩(20分)
  • 5:00~5:10 参加者自己紹介(所属と名前程度)
  • 5:10~6:10 発表2(発表40分+質疑応答20分)
  • 6:10~6:30 全体ディスカッション、予告、お知らせ(20分)
トラックバック - http://socinfo.g.hatena.ne.jp/contractio/20070602