Hatena::Groupsocinfo

日曜社会学>社会学的告知 このページをアンテナに追加 RSSフィード

ただいま、はてなグループの→「カレンダー」機能の使用を検討中。
告知申請は →掲示板*か メール にて。

2007-07-28

[] 現代医療研究会 2007年度 第3回研究会  現代医療研究会 2007年度 第3回研究会  - 日曜社会学>社会学的告知 を含むブックマーク はてなブックマーク -  現代医療研究会 2007年度 第3回研究会  - 日曜社会学>社会学的告知  現代医療研究会 2007年度 第3回研究会  - 日曜社会学>社会学的告知 のブックマークコメント

共通テーマ:回復とは何か?

  • 第1報告者:中村英代(日本学術振興会特別研究員)
    摂食障害をめぐるトラブルのミクロ政治学――病いの経験への意味づけの推移」

<関連文献>

    • 中村英代,2006「『病いの語り』と『治癒の語り』―摂食障害の『回復者』への質的調査から」『年報社会学論集』19: 165-176.
    • 中村英代,2007「過食症―『がんばらなくていい』ということ、『がんばらないと治らない』ということ」本田由紀編『若者の労働と生活世界―彼らはどんな現実を生きているか』大月書店: 253-285.
  • 第2報告者:平井秀幸(東京大学教育学研究科教育学研究員)
    「薬物を使用することからの“回復?”をめぐって――介入側の動向を手がかりに」

<関連文献>

    • 平井秀幸2005「覚せい剤使用の『犯罪化』・『医療化』論に関する再検討――『相互作用レベル』における社会的介入に注目して――」『犯罪社会学研究』30:119-137.
    • 平井秀幸2004「『医療化』論再考」『現代社会理論研究』14:252-264.
      ※なお、博士論文をもとに『薬物使用と「統治性」の社会学――医療化・ネットワーク・ネオリベラリズム――(仮)』の出版を準備中
トラックバック - http://socinfo.g.hatena.ne.jp/contractio/20070728

2007-07-21

[] 自我論研究会  自我論研究会 - 日曜社会学>社会学的告知 を含むブックマーク はてなブックマーク -  自我論研究会 - 日曜社会学>社会学的告知  自我論研究会 - 日曜社会学>社会学的告知 のブックマークコメント

http://blog.goo.ne.jp/jigaronken/d/20070621

  • 日時:7月21日(土)  15:00〜
  • 場所:早稲田大学戸山キャンパス 31号館1階102教室 [→地図
  • 報告者:浜 日出夫 氏(慶応義塾大学)
  • 題目:「止まった時計 ——記憶と時間——」

※参加に際して、入会手続き、会費などは不要です。お気軽にお越し下さい。

[][] 社会科学基礎論研究会  社会科学基礎論研究会 - 日曜社会学>社会学的告知 を含むブックマーク はてなブックマーク -  社会科学基礎論研究会 - 日曜社会学>社会学的告知  社会科学基礎論研究会 - 日曜社会学>社会学的告知 のブックマークコメント

【シンポジウム(第8回)】差別の現象学

  • [コメンテーター]
    • 佐藤裕 (富山大学)
    • 山田富秋(松山大学)

[] 哲学/倫理学セミナー  哲学/倫理学セミナー - 日曜社会学>社会学的告知 を含むブックマーク はてなブックマーク -  哲学/倫理学セミナー - 日曜社会学>社会学的告知  哲学/倫理学セミナー - 日曜社会学>社会学的告知 のブックマークコメント

第一部  13時30分から15時00分まで

  • 発表:佐々木 雄大「コミュニケーションの主体性」

コミュニケーションとは、ある主体から他の主体への運動である。

その意味で、主体の条件はコミュニケーションであり、また、コミュニケーションが生起するという事実が、主体の複数性を保証する。

バタイユにおいては、主体とはまず第一に至高者を意味し、至高性の本質は生産物の非生産的な消費によって特徴付けられる。だとすれば、非生産的な消費を行う至高者こそが、コミュニケーションの主体であることになるだろう。

本発表では、主体の成立条件すなわち主体性について、バタイユの経済学的な視点から、考えてみたい。

参考文献

第二部  15時10分から16時40分まで

  • 発表:三重野清顕「ヘーゲル論理学における反省規定論」

そもそもヘーゲルにとって、「反省」とは対立を固定するものであり、それによっては絶対者をとらえることができないとされたのであったが、その後のヘーゲルは反省の自己否定によって絶対者へ達するというプログラムへと転換する。こうして「反省」は、それ自身絶対者から切り離すことができないものとなり、同時に絶対者は反省規定によって把握されなければならないとされるようになったのである。

本発表では、「それ自身の他者」としての無限性を記述する反省規定の論理的構造を明らかにすることをめざす。

参考文献
トラックバック - http://socinfo.g.hatena.ne.jp/contractio/20070721

2007-07-17

[] Girl Time in Contemporary Japanese Consumer Culture  Girl Time in Contemporary Japanese Consumer Culture - 日曜社会学>社会学的告知 を含むブックマーク はてなブックマーク -  Girl Time in Contemporary Japanese Consumer Culture - 日曜社会学>社会学的告知  Girl Time in Contemporary Japanese Consumer Culture - 日曜社会学>社会学的告知 のブックマークコメント

The Institute of Comparative Culture at Sophia University is pleased to invite you to a special lecture.

"Girl Time in Contemporary Japanese Consumer Culture"
Dr. Tomiko Yoda

Duke University, Associate Professor in Asian and African Languages and Literature Author recently of JAPAN AFTER JAPAN: Social and Cultural Life From the Recessionary 90s to the Present. Duke University Press, 2006.
  • July 17th, 5:30 pm
  • Bldg #10, room 301
    Sophia University, Yotsuya Campus
  • Admission open to all and without charge
Abstract:

A major theme of my ongoing research project is to consider how a period in female lifetime, spanning roughly between low teens and motherhood (what I refer to as the "girl time"), became the paradigmatic temporality of consumption in the post-1960s Japan. In this paper, I turn to a number of female-targeted medias in order to examine how girl time was articulated as a continual phase in female life-course with shared affect, aesthetics, and fantasies. In particular I pay attention to the spread of romantic and girly taste and sensibilities as form of commodity aesthetics heavily promoted not only to teenage girls but also to young adult female consumers. In order to analyze the process through which girly aesthetics grew into a pervasive idiom of contemporary Japanese mass culture, I suggest that we may need to engage with a broader media-historical context than existing accounts of "cute culture" have.

If you have any questions, please contact David Slater (d-slater[atmark]sophia.ac.jp)

[] Cafe Scientifique Tokyo:二酸化炭素を減らす!?――CO2隔離ってなに?  Cafe Scientifique Tokyo:二酸化炭素を減らす!?――CO2隔離ってなに? - 日曜社会学>社会学的告知 を含むブックマーク はてなブックマーク -  Cafe Scientifique Tokyo:二酸化炭素を減らす!?――CO2隔離ってなに? - 日曜社会学>社会学的告知  Cafe Scientifique Tokyo:二酸化炭素を減らす!?――CO2隔離ってなに? - 日曜社会学>社会学的告知 のブックマークコメント

via 中のひと http://cafescientifique.jp/

最近、地球温暖化の原因である二酸化炭素(CO2)をどう減らすかに世界中の関心が集まっています。次回のカフェ・シアンティフィークでは,地下・海中・海底などにCO2を溶かしたり封じ込めたりすることによって、CO2の大気放出を抑制しようとする技術である二酸化炭素(CO2)大量隔離技術について考えます。

二酸化炭素隔離技術、聞き慣れない言葉ですが、はたして地球温暖化対策の切り札になるのでしょうか? 今回もまた、面白い議論になりそうです。

とくに事前の予約などは必要ありませんので、ふらりとお立ち寄りください。

第12回カフェ・シアンティフィーク「二酸化炭素を減らす!?――CO2隔離ってなに?」

トラックバック - http://socinfo.g.hatena.ne.jp/contractio/20070717

2007-07-14

[] 三田社会学会>シンポジウム「構築主義批判・以後」  三田社会学会>シンポジウム「構築主義批判・以後」 - 日曜社会学>社会学的告知 を含むブックマーク はてなブックマーク -  三田社会学会>シンポジウム「構築主義批判・以後」 - 日曜社会学>社会学的告知  三田社会学会>シンポジウム「構築主義批判・以後」 - 日曜社会学>社会学的告知 のブックマークコメント

via new-emp ml

三田社会学会2007年度大会

シンポジウム「構築主義批判・以後」
  • 報告者
    • 鈴木智之(法政大)「他者の語り---構築と応答のあいだで」
    • 岡原正幸(慶應義塾大)「感情社会学の<構築性>とは」(仮題)
    • 野口裕二東京学芸大)「物語の可変性と多様性をめぐって」
  • コメンテイター: 浦野茂(青森大)/ 奥村隆(立教大)
  • 司会: 濱日出夫(慶應義塾大)
  • 日時: 7月14日(土)15:10~18:00
  • 場所: 慶應義塾大学三田キャンパス第1校舎109教室

[] 早稲田社会学会大会  早稲田社会学会大会 - 日曜社会学>社会学的告知 を含むブックマーク はてなブックマーク -  早稲田社会学会大会 - 日曜社会学>社会学的告知  早稲田社会学会大会 - 日曜社会学>社会学的告知 のブックマークコメント

via 中のひと

第59回 早稲田社会学会 大会・総会プログラム

  • 日時: 2007年7月14日(土)10:00~17:20
  • 会場: 早稲田大学人間科学部(所沢キャンパス) 第一会議室
  • 参加費: 1,000円(学部学生は無料)
  • 受付開始  9:30
一般報告 10:00~12:30
  • 司会: 柄本 三代子(東京国際大学) 菅原 謙(早稲田大学)
  • 金城 れい子(早稲田大学人間科学研究科):ベトナムにおける結婚・出生・家族形成――大学生・既婚者比較調査に見る意識と実態――
  • 劉 泰佑(早稲田大学人間科学研究科):台湾(高雄市)高齢者の家族類型と生活満足度
  • トゥルヒーン ミハイル(早稲田大学人間科学研究科):ロシアの乳児死亡率――WHOの定義による修正と国際比較――
  • 入江 良英(埼玉純真短期大学):世界変革の社会学序説――K.マンハイム再考――
  • 大貫 恵佳(早稲田大学):ミシェル・フーコーの「方法論」と社会学理論
  • 小村 由香(早稲田大学文学研究科):公的部門における対人サービス労働――生活保護ケースワーカーを事例に――
シンポジウム 13:30~16:30 テーマ「時間と空間のなかの家族」
  • 報告者:
    • 根ヶ山 光一(早稲田大学): 子別れの視点からみた家族
    • 嶋崎 尚子(早稲田大学) : 親子関係と夫婦関係の共時性をめぐる困難
    • 山田 昌弘(東京学芸大学): 家族のリスク化をめぐって
  • 討論者:
  • 司会者:
    • 池岡 義孝(早稲田大学)
連絡先:
  • 早稲田社会学会事務局
    • 〒162-8644 東京都新宿区戸山1-24-1 早稲田大学文学部 社会学研究室内
    • Tel:03-5286-3742
    • E-mail: socio-office@list.waseda.jp

*当日のお問い合わせは所沢キャンパス第二会議室(代表03-3203-4141、内線76-2527)にお願いいたします。

トラックバック - http://socinfo.g.hatena.ne.jp/contractio/20070714

2007-07-07

[] 筑波社会学会大会  筑波社会学会大会 - 日曜社会学>社会学的告知 を含むブックマーク はてなブックマーク -  筑波社会学会大会 - 日曜社会学>社会学的告知  筑波社会学会大会 - 日曜社会学>社会学的告知 のブックマークコメント

via 中のひと

第19回筑波社会学会大会を以下の日程で開催いたします。

  • 開催日:2007年7月7日(土)
  • 会 場:筑波大学 東京(大塚)キャンパス G304教室
  • 所在地:東京都文京区大塚3-29-1
  • 交 通:東京メトロ丸ノ内線「茗荷谷」駅下車徒歩3分

13:00~14:20 定例研究会(1)

一般研究報告
  • 周藤 真也(早稲田大学)
    「フィールドワークの知/反フィールドワークの知」
  • 田中 大介(筑波大学
    「意味としてのネットワーク――M・カステルのネットワーク概念の可能性――」

15:00~17:30 定例研究会(2)

ワークショップ「新書メディアと社会学の知」

※会員であるか否かを問わず、ご参加いただけます(参加費:無料)

トラックバック - http://socinfo.g.hatena.ne.jp/contractio/20070707