Hatena::Groupsocinfo

日曜社会学>社会学的告知 このページをアンテナに追加 RSSフィード

ただいま、はてなグループの→「カレンダー」機能の使用を検討中。
告知申請は →掲示板*か メール にて。

2007-09-29

[][] エスノメソドロジー会話分析研究会大会  エスノメソドロジー・会話分析研究会大会 - 日曜社会学>社会学的告知 を含むブックマーク はてなブックマーク -  エスノメソドロジー・会話分析研究会大会 - 日曜社会学>社会学的告知  エスノメソドロジー・会話分析研究会大会 - 日曜社会学>社会学的告知 のブックマークコメント

詳細:http://emca.jp/history/2007.php(報告要旨も掲載されています)

2007年度のEMCA研究会大会のプログラムが決まりましたので,ご案内いたします.今年は,認知科学,行動科学,機能言語学において第一線でご活躍の 3名を講師に招き,相互行為研究に関するシンポジウムを開催します.ぜひとも多くのみなさんにご議論に参加していただければと思うしだいです.(企画担当世話人 西阪 仰・高木智世)

  • 日時: 2007年9月29日土曜日
  • 会場: 明治学院大学 白金キャンパス地図 本館2階*(北ウィング)1255教室
     * 正門から入られるときは,本館2階が地上階になります。
  • 参加費: 会員* 1000円/一般 1500円
     * 入会申込については →入会のご案内 をご参照ください。

プログラム

10:00 - 12:30 シンポジウム「相互行為研究の可能性: 認知科学・行動科学・機能言語学から学ぶ」

(司会: 西阪 仰)

  1. 片桐恭弘(はこだて未来大学)「会話行為の情報科学
  2. 細馬宏通(滋賀県立大学)「微笑は微かな笑みか?: 微笑と哄笑の相互作用分析」
  3. 鈴木亮子(慶応義塾大学)「会話における引用と提題の関係:『って』構文の分析」
14:00 - 15:15 自由報告 I (会話と行為)
  1. 岩田夏穂・初鹿野阿れ「他者による話題の開始: もう一人の参加者について語ること」
  2. 田中剛太「会話における『思う』の働きについて」
15:30 - 16:45 自由報告 II (医療の相互行為)
  1. 高木智世「診療場面における相互行為の資源としてのカルテ」
  2. 西阪 仰「周産期医療における相互行為の一側面: 問題提示とその扱い」

[] 実存思想協会・ドイツ観念論研究会 共催シンポ  実存思想協会・ドイツ観念論研究会 共催シンポ - 日曜社会学>社会学的告知 を含むブックマーク はてなブックマーク -  実存思想協会・ドイツ観念論研究会 共催シンポ - 日曜社会学>社会学的告知  実存思想協会・ドイツ観念論研究会 共催シンポ - 日曜社会学>社会学的告知 のブックマークコメント

http://www11.ocn.ne.jp/~jitsuzon/news/index.html

@早稲田大学戸山キャンパス・文学部(東京メトロ東西線・早稲田駅下車) 36号館681教室 [map]

研究発表 10:00-13:00

  1. A・コルナイの《吐き気》論 知野ゆり(法政大学)
  2. カントの友情論 近藤里奈(筑波大学
  3. 不可能な和解とその深み ──ジャン・ヴァールの思索と問い 三河隆之(東京大学
  4. 個体性と媒介 ──ヘーゲル概念論と西田・田辺哲学 竹花洋佑(京都大学

シンポジウム 14:00-17:00

テーマ「記憶への問い──想起と忘却──」
  • 記憶と忘却の倫理的次元 佐藤啓介(関西学院大学)
  • 長い時、短い時 戸島貴代志(東北大学
  • 持続と集合的記憶──社会学的自我論を手がかりにして 横山寿世理(聖学院大学

[] 第15回デュルケームデュルケーム学派研究会  第15回デュルケーム/デュルケーム学派研究会 - 日曜社会学>社会学的告知 を含むブックマーク はてなブックマーク -  第15回デュルケーム/デュルケーム学派研究会 - 日曜社会学>社会学的告知  第15回デュルケーム/デュルケーム学派研究会 - 日曜社会学>社会学的告知 のブックマークコメント

via http://d.hatena.ne.jp/rakukana/20070927

テーマ: デュルケム理論の展開──タルド、ゴッフマン、パーソンズ

  • 日 時: 2007年9月29日(土) 13:00〜
  • 場 所: 京都学園大学(京都府亀岡市)悠心館(ゆうしんかん)3F Y35教室
    (*悠心館は大学バス停から池の方向に歩いて数分。入り口が2階ですので、1階上が3階となります。)
    ※アクセスについては、京都学園大学のHPのアクセス情報 をご参照ください。

プログラム

  • (1)速水奈名子氏(神戸大学大学院学術研究員)「ゴッフマンによるデュルケム理論の受容再考——パーソンズとの比較を通じて」
    • コメンテーター:木村雅史氏(東北大学大学院博士後期課程)
  • (2)中倉智徳氏(立命館大学大学院博士後期課程)「発明と分業——功利主義をめぐるタルドとデュルケムの対比」(仮)
    • コメンテーター:菊谷和宏氏(和歌山大学)
トラックバック - http://socinfo.g.hatena.ne.jp/contractio/20070929