Hatena::Groupsocinfo

日曜社会学>社会学的告知 このページをアンテナに追加 RSSフィード

ただいま、はてなグループの→「カレンダー」機能の使用を検討中。
告知申請は →掲示板*か メール にて。

2007-09-29

[][] エスノメソドロジー会話分析研究会大会  エスノメソドロジー・会話分析研究会大会 - 日曜社会学>社会学的告知 を含むブックマーク はてなブックマーク -  エスノメソドロジー・会話分析研究会大会 - 日曜社会学>社会学的告知  エスノメソドロジー・会話分析研究会大会 - 日曜社会学>社会学的告知 のブックマークコメント

詳細:http://emca.jp/history/2007.php(報告要旨も掲載されています)

2007年度のEMCA研究会大会のプログラムが決まりましたので,ご案内いたします.今年は,認知科学,行動科学,機能言語学において第一線でご活躍の 3名を講師に招き,相互行為研究に関するシンポジウムを開催します.ぜひとも多くのみなさんにご議論に参加していただければと思うしだいです.(企画担当世話人 西阪 仰・高木智世)

  • 日時: 2007年9月29日土曜日
  • 会場: 明治学院大学 白金キャンパス地図 本館2階*(北ウィング)1255教室
     * 正門から入られるときは,本館2階が地上階になります。
  • 参加費: 会員* 1000円/一般 1500円
     * 入会申込については →入会のご案内 をご参照ください。

プログラム

10:00 - 12:30 シンポジウム「相互行為研究の可能性: 認知科学・行動科学・機能言語学から学ぶ」

(司会: 西阪 仰)

  1. 片桐恭弘(はこだて未来大学)「会話行為の情報科学
  2. 細馬宏通(滋賀県立大学)「微笑は微かな笑みか?: 微笑と哄笑の相互作用分析」
  3. 鈴木亮子(慶応義塾大学)「会話における引用と提題の関係:『って』構文の分析」
14:00 - 15:15 自由報告 I (会話と行為)
  1. 岩田夏穂・初鹿野阿れ「他者による話題の開始: もう一人の参加者について語ること」
  2. 田中剛太「会話における『思う』の働きについて」
15:30 - 16:45 自由報告 II (医療の相互行為)
  1. 高木智世「診療場面における相互行為の資源としてのカルテ」
  2. 西阪 仰「周産期医療における相互行為の一側面: 問題提示とその扱い」
トラックバック - http://socinfo.g.hatena.ne.jp/contractio/20070929