Hatena::Groupsocinfo

日曜社会学>社会学的告知 このページをアンテナに追加 RSSフィード

ただいま、はてなグループの→「カレンダー」機能の使用を検討中。
告知申請は →掲示板*か メール にて。

2007-10-20

[] 49th Mind & Activity Workshop  49th Mind & Activity Workshop - 日曜社会学>社会学的告知 を含むブックマーク はてなブックマーク -  49th Mind & Activity Workshop - 日曜社会学>社会学的告知  49th Mind & Activity Workshop - 日曜社会学>社会学的告知 のブックマークコメント

We plan to hold the 49th M&A Workshop on October 20, 2007.

  • Date: Saturday, October 20, 2007
  • Hours: 15:30-19:00
  • Venue: Room 1555, Meiji Gakuin University, Tokyo

We will have two sessions:

  1. Tomoko Endo (UCLA/U of Tokyo),
    “Stance Marking with ‘Think/Feel’ Verbs in Chinese Conversation”
  2. Data Session
    We will look at English ordinary conversation together.

Anybody interested is welcome.

Please visit the URL below for the details.

http://www.meijigakuin.ac.jp/~aug/

トラックバック - http://socinfo.g.hatena.ne.jp/contractio/20071020

2007-10-19

[] ヴォルムス講演会  ヴォルムス講演会 - 日曜社会学>社会学的告知 を含むブックマーク はてなブックマーク -  ヴォルムス講演会 - 日曜社会学>社会学的告知  ヴォルムス講演会 - 日曜社会学>社会学的告知 のブックマークコメント

通訳あり。

メルロ=ポンティ生誕100年記念 第2回講演会
フレデリック・ヴォルムス「直感と反省のあいだ。メルロ=ポンティの現象学における批判の意味」

  • 2007年10月19日(金) 16:00~18:00
  • 関西日仏会館(075-761-2105)

Frederic Worms 氏は、ベルクソン研究者として広く知られていますが、20世紀のフランス哲学全般を視野に入れた研究や、社会哲学的研究でも知られています。今回は、『フッサール『幾何学の起源』講義―付・メルロ=ポンティ現象学の現在 (叢書・ウニベルシタス)』に収められた表記論文(原題:Entre intuition et reflexion. Le sens de la critique dans la phenomenologie de Merleau-Ponty)にもとづいてご発表いただきます。

連絡先: 松葉祥一 matsuba[atmark]tr.kobe-ccn.ac.jp

トラックバック - http://socinfo.g.hatena.ne.jp/contractio/20071019

2007-10-16

[] カルチュラル・スタディーズ・フォーラム例会 「コンビニ」の現在  カルチュラル・スタディーズ・フォーラム例会 「コンビニ」の現在 - 日曜社会学>社会学的告知 を含むブックマーク はてなブックマーク -  カルチュラル・スタディーズ・フォーラム例会 「コンビニ」の現在 - 日曜社会学>社会学的告知  カルチュラル・スタディーズ・フォーラム例会 「コンビニ」の現在 - 日曜社会学>社会学的告知 のブックマークコメント

  • 10月28日(日)16:00〜(3時間程度を予定、終了後懇親会あり)
  • 武蔵大学7号館3階社会学部実習室2(7308教室)[map]

  • 第1報告 田中大介(筑波大学大学院博士特別研究員、都市社会学)
    「日本社会と〈私〉をつなぐコンビニ——情報型資本主義と消費ネットワーク——」

ひとの目を気にせず、ふらっと立ち寄り、何を買うでもなくふらっと出て行ける気楽な〈私〉が離合集散する場所。コンビニは、こうした無数の〈私〉が〈私〉であることを可能にする高度に情報管理化したネットワークとして遍在している。本報告では、コンビニという装置と〈私〉の快楽が接続する構造を解きほぐすことによって、ナショナリズムとも言い難い、だらしなくも精妙な日本社会の一断面を記述したい。とりわけコンビニ(とそこにあつまる〈私〉)が、中心としてのアメリカの消費様式と周縁としての(日本を含む)アジアの非正規雇用という二つの「外部」をやんわりと内部化することによって成立した「日本的ネットワーク」であることが問題になるだろう。

  • 参考文献:田中大介 2007 「CVSの『セーフティステーション化』の論理——2000年代における消費空間の管理社会的変容——」『社会学ジャーナル』第32号筑波大学社会学研究室
  • 第2報告 新雅史(東京大学大学院、労働社会学/スポーツ社会学)
    「コンビニの歴史社会学——自生的秩序と計画の観点から——」

 コンビニが登場して約30年ほど経つが、その初期的発展を支えたのは、酒屋・米屋といった零細小売業者の存在であった。この歴史的経緯は、今にいたるまで、以下の点でコンビニの存在を規定している。?それまでの家業的経営が「夫婦による近代的経営」と翻訳されることによってコンビニの24時間365日営業が正当化された。?数少ない規制商品を販売していた際は消費者ニーズを先取りすることが可能であったが、コンビニの長時間営業と多品種販売はそうした以前の「専門性」を削り落としてしまった。

 オーナーの「専門性」は人のマネジメントに位置づけられる一方で、商品発注は「消費者=素人=不安定就労者」のアドホックな欲望が反映されることになった。

 当日は、コンビニの出自を零細小売という存在からまなざしつつ、都市空間における「自生的秩序と計画」の問題を歴史的な視点から考察することをこころみたい。

  • 参考文献:
    • 新雅史(2005)「労働をとりまく新しい合理性」『書評ソシオロゴス』1
    • 新雅史(2006)「消費と労働による「自己実現」の果てに」『論座』2006年10月号
    • 新雅史(2007)「被差別部落の酒屋がコンビニに変わるまで」遠藤薫編『グローバリゼーションと文化変容』、世界思想社
  • コメンテーター 原口剛(大阪市立大学COE研究員、都市社会地理学)
トラックバック - http://socinfo.g.hatena.ne.jp/contractio/20071016

2007-10-14

[] 生物学基礎論研究会  生物学基礎論研究会 - 日曜社会学>社会学的告知 を含むブックマーク はてなブックマーク -  生物学基礎論研究会 - 日曜社会学>社会学的告知  生物学基礎論研究会 - 日曜社会学>社会学的告知 のブックマークコメント

「第一回生物学基礎論研究会」のご案内

このたび生物学基礎論研究会を開催することになりましたので、ご案内申し上げます。本研究会は、生物学の基礎論研究の発展と研究者間の交流を目的とし、生物学および生物学の哲学に関する話題を討論いたします。第一回の研究集会を下記の予定で開催いたします。事前連絡不要・参加費無料ですので、お気軽にご参加ください。

【はじめに】

  • 「研究会発足の趣旨と進め方について」 中島敏幸(愛媛大学

【提題】

  • 「生物学の哲学の諸問題」 森元良太(慶応義塾大学)・石田知子(慶應義塾大学)
  • 「生物学基礎論上の問題と展望についての一私見」 中島敏幸(愛媛大学
  • 「利他行動の進化と選択のレベル問題」 田中泉吏(京都大学文学研究科)
  • 「What is HBE for? -人間行動生態学は何のために-」 中尾央(京都大学文学研究科)
  • 「形態学は体制の断続をいかに説明するか」 梶智就(静岡大学理学研究科)
  • 「記号論とインフォメーション」 松野孝一郎(長岡技術科学大学
  • 「最近の生物哲学の国際的な動向について」 松本俊吉(東海大学)
  • 「階層性と付随性」 西脇与作(慶応義塾大学)

  • 「総合討論・意見交換」
トラックバック - http://socinfo.g.hatena.ne.jp/contractio/20071014

2007-10-13

[] 社会・経済システム学会全国大会  社会・経済システム学会全国大会 - 日曜社会学>社会学的告知 を含むブックマーク はてなブックマーク -  社会・経済システム学会全国大会 - 日曜社会学>社会学的告知  社会・経済システム学会全国大会 - 日曜社会学>社会学的告知 のブックマークコメント

http://wwwsoc.nii.ac.jp/jasess/conference/2007/index.html

「異領域で対話可能なシステム概念の再構築を目指して ~社会経済システム理論におけるシステム概念の捉え直し~」

  • 日時 2007年10月13日(土)・14日(日)
  • 会場 東京工業大学(すずかけ台キャンパス)
  • 社会・経済システム学会 第26回大会実行委員会

[] 第五回フランス哲学セミナー  第五回フランス哲学セミナー - 日曜社会学>社会学的告知 を含むブックマーク はてなブックマーク -  第五回フランス哲学セミナー - 日曜社会学>社会学的告知  第五回フランス哲学セミナー - 日曜社会学>社会学的告知 のブックマークコメント

発表題目:

[] 社会思想史学会大会  社会思想史学会大会 - 日曜社会学>社会学的告知 を含むブックマーク はてなブックマーク -  社会思想史学会大会 - 日曜社会学>社会学的告知  社会思想史学会大会 - 日曜社会学>社会学的告知 のブックマークコメント

http://wwwsoc.nii.ac.jp/shst/Convention/index.html

  • 日程: 2007年10月13日(土)・14日(日)
  • 会場: 立命館大学 衣笠キャンパス
トラックバック - http://socinfo.g.hatena.ne.jp/contractio/20071013

2007-10-06

[] 関西大学社会学部創立40周年記念LIVE  関西大学社会学部創立40周年記念LIVE - 日曜社会学>社会学的告知 を含むブックマーク はてなブックマーク -  関西大学社会学部創立40周年記念LIVE - 日曜社会学>社会学的告知  関西大学社会学部創立40周年記念LIVE - 日曜社会学>社会学的告知 のブックマークコメント

http://www.kansai-u.ac.jp/Fc_soc/next40web/live.html

  • PARA(山本精一)/ Vampillia
  • 日 時 10月6日(土) 16:00〜18:00
  • 会 場 第3学舎4101R (ソシオAV大ホール)
  • 出 演 PARA、Vampillia
  • 入 場 無料

[] 東北社会学研究会大会>シンポジウム「ルーマン理論の到達点」  東北社会学研究会大会>シンポジウム「ルーマン理論の到達点」 - 日曜社会学>社会学的告知 を含むブックマーク はてなブックマーク -  東北社会学研究会大会>シンポジウム「ルーマン理論の到達点」 - 日曜社会学>社会学的告知  東北社会学研究会大会>シンポジウム「ルーマン理論の到達点」 - 日曜社会学>社会学的告知 のブックマークコメント

[東北社会学研究会]

  • 2007年10月6日(土)、13時〜17時
  • 於・東北大学川内キャンパス(総合研究棟206号室)[map]
シンポジウム「ルーマン理論の到達点」

[] 哲学/倫理学セミナー  哲学/倫理学セミナー - 日曜社会学>社会学的告知 を含むブックマーク はてなブックマーク -  哲学/倫理学セミナー - 日曜社会学>社会学的告知  哲学/倫理学セミナー - 日曜社会学>社会学的告知 のブックマークコメント

  • 平成19年10月6日(土)13時30分-16時40分
  • 於 学士会館本郷分館 7号室 [map]
  • 構想発表「エコノミーと贈与」鈴木康則

デリダのモース批判を取り上げる。モースは未開あるいは古代社会において、ポトラッチなどの「交換される贈与」という社会現象を論じた。デリダが注目するのは、交換と贈与を同じ側面に位置づけることができるとするモースの議論の仕組みである。

 モースによれば、贈与は直ちに与え返されるのではなく、しばらく時間が経ってから返礼される。この時間こそが贈与の交換を可能にしているのであり、また贈与と交換を同一視することを可能ならしめている、とデリダは論じる。では交換(あるいはエコノミー)と贈与の関係をどのように考えることができるかについて、デリダの議論を辿ってみたい。

    • 参考文献
      J.Derrida, Donner le temps - La fausse monnaie(高橋允昭編訳『他者の言語』法政大学出版局)に部分訳
      M・モース『社会学と人類学Ⅰ』(有地亨ほか訳、弘文堂)

  • 発表「法/エコノミー/歓待性」冠木敦子
トラックバック - http://socinfo.g.hatena.ne.jp/contractio/20071006

2007-10-04

[] リプロダクション研究会 公開シンポジウム  リプロダクション研究会 公開シンポジウム - 日曜社会学>社会学的告知 を含むブックマーク はてなブックマーク -  リプロダクション研究会 公開シンポジウム - 日曜社会学>社会学的告知  リプロダクション研究会 公開シンポジウム - 日曜社会学>社会学的告知 のブックマークコメント

http://www.asahikawa-med.ac.jp/dept/ge/socio/reproduction/index.html

リプロダクション研究会 公開シンポジウム
<産むこと>にみる現代社会──社会科学からリプロダクションを捉える──

  • 2007年11月4日 13時10分~16時50分

リプロダクションにアプローチする多分野の研究を通して、多角的にリプロダクションを捉えます。

不妊、妊娠、産後の医療、科学技術、コミュニケーション・相互行為、文化をめぐる現代のありようについて文化人類学、社会学分野から研究成果をうかがい

ます。

  • 西阪仰(明治学院大学) 
    「医療専門家と妊婦の相互行為の一側面-相互行為の詳細な分析は何を明らかにできるか-」
  • 松岡悦子(旭川医科大学) 
    「マタニティーブルーズは文化結合症候群か-産後のfolk

illnessをめぐって-」

  • コーディネーター・司会 白井千晶


  • 参加費1000円
  • 定員 60名
  • 参加希望の方は資料準備の都合上、事前にお申し込み下さい。
    1)氏名 2)ふりがな 3)職業・肩書き・所属 をご記入の上osan1104[atmark]hotmail.com あてにお申し込み下さい。
  • 場所 東京ウィメンズプラザ 視聴覚室
    http://www.tokyo-womens-plaza.metro.tokyo.jp/contents/map.html
  • 主催 リプロダクション研究会 文化としてのリプロダクション研究会
トラックバック - http://socinfo.g.hatena.ne.jp/contractio/20071004