Hatena::Groupsocinfo

日曜社会学>社会学的告知 このページをアンテナに追加 RSSフィード

ただいま、はてなグループの→「カレンダー」機能の使用を検討中。
告知申請は →掲示板*か メール にて。

2008-02-28

[] 質的アプローチ勉強会のご案内  質的アプローチ勉強会のご案内 - 日曜社会学>社会学的告知 を含むブックマーク はてなブックマーク -  質的アプローチ勉強会のご案内 - 日曜社会学>社会学的告知  質的アプローチ勉強会のご案内 - 日曜社会学>社会学的告知 のブックマークコメント

参加希望者は naoi[at]cc.musashi.ac.jp に申し込み。

  1. 日時: 3月28日(金)
  2. 場所: 早稲田大学西早稲田キャンパス22号館 8階会議室(818)
  3. 時間: 13時半~17時

内容: 

  • 森田京子「エスノグラフィック研究の批判的考察:Critical Review of the EthnographicStudy」(事例研究編)

今回は、前回確認した「批判的リーディングの観点」を指針として、エスノグラフィーをより批判的に読むワークショップを行ないます。

昨年刊行された『子どもたちのアイデンティティー・ポリティックス:ブラジル人のいる小学校のエスノグラフィー』新曜社)を題材に、

  • 1) 研究者の役割・行動・使用メソッド、
  • 2) データ分析と記述の方法、
  • 3) 理論的基盤・根拠

の各視点から、必要情報やトライアンギュレーションなどがどのように記述に織り込まれているか、具体例を提示しながら解説します。

同時に、本に関するコメントを含めて意見交換を行ない、今後それぞれの研究や様々なエスノグラフィーの批評に役立つような機会にしたいと考えています。

  • 山本英輔「質的研究の理論的背景としての哲学的解釈学」

質的研究の理論的背景の一つに数えられる解釈学について、ディルタイとガダマーの理論を簡単に瞥見し、質的研究における意義や問題点を指摘してみたいと思います。

トラックバック - http://socinfo.g.hatena.ne.jp/contractio/20080228

2008-02-23

[] 哲学/倫理学セミナー第四七回例会  哲学/倫理学セミナー第四七回例会 - 日曜社会学>社会学的告知 を含むブックマーク はてなブックマーク -  哲学/倫理学セミナー第四七回例会 - 日曜社会学>社会学的告知  哲学/倫理学セミナー第四七回例会 - 日曜社会学>社会学的告知 のブックマークコメント

詳細:http://pe-seminar.hp.infoseek.co.jp/map.html

  • 平成20年2月23日(土) 13時30分から16時40分まで
  • 於  学士会館本郷分館 7号室

第一部  13時30分から14時30分まで

  • 構想発表 「カントの象徴論についての試論(仮)」 大熊 洋行

判断力批判』は反省的判断力と規定的判断力、個別と普遍、構想力と悟性と理性の関係、「移行」の問題等々、カント解釈という枠内だけでなく、われわれの経験をとらえなおすための多くのきっかけを与えてくれる。今回はこの本の中でもとくに「象徴論」をとりあげて、我々の「経験」についての考察を行うための準備をしたい。

参考文献

第二部  14時40分から16時40分まで

  • 発表   「社会正義と善き死:このことを考える二歩手前」 福間 聡

社会正義が実現された社会、たとえば社会経済的な平等(社会経済的な格差の減少)が実現された社会はなぜ望ましい社会と言えるのだろうか。それは平等自体に大きな価値があるからだろうか。それとも平等がもたらすなんらかの事柄に大きな価値があるからだろうか。本発表では後者の観点から平等な社会の意義を考察するが、その際俎上に載せられるテーゼは「社会正義(平等)はわれわれの健康に良い」である。最近の社会疫学的研究にあってはこのテーゼの妥当性が検証されており、このテーゼに対して肯定的な立場を示すダニエルズらの議論は大きな関心を呼んでいる。ではこのテーゼが正しいとするならば、このことは社会的な平等を支持する十分な理由となるのだろうか。われわれはどのような価値を健康に見いだしているのだろうか。またそもそも健康自体に価値はあるのだろうか。さらにはひいては、平等な社会は孤独死等の悲惨な人生の末路を回避する道筋をも示すならば、そうした社会を指向するさらなる理由がわれわれにはあることになるのだろうか。こうした事柄を本発表では考察したい。

参考文献
  • Daniels, N, Kennedy, B and Kawachi, I. 2000. Is Inequality Bad for Our Health?, Beacon Press.
  • マイケル・マーモット『ステータス症候群:社会格差という病』(鏡森定信、橋本英樹監訳、日本評論社、二〇〇七年)
  • 福間聡 2007. 『ロールズのカント的構成主義: 理由の倫理学』(勁草書房、二〇〇七年)
トラックバック - http://socinfo.g.hatena.ne.jp/contractio/20080223

2008-02-22

[] スティグマとノーマライゼーション研究会  スティグマとノーマライゼーション研究会 - 日曜社会学>社会学的告知 を含むブックマーク はてなブックマーク -  スティグマとノーマライゼーション研究会 - 日曜社会学>社会学的告知  スティグマとノーマライゼーション研究会 - 日曜社会学>社会学的告知 のブックマークコメント

via http://mixi.jp/view_bbs.pl?id=27952670&comm_id=1609464

  • 日時: 2008年2月22日(金) 14:00〜17:30
  • 場所: 大阪府立大学中百舌鳥キャンパスA4棟3F 301号室
[企画の趣旨(文責・中河)]

 倉本さんは,『障害学の主張』(共編著,明石書店 2002)や『障害学を語る』(共編著,エンパワメント研究所 2002),『セクシュアリティの障害学』(編著,明石書店 2005)などの著述や,各地での講演・ワークショップなどで知られる,障害学という新しい分野の牽引車のお1人です。 今回,倉本さんを呼ぼうと思い立ったのは,スティグマの除去という私どもの共通のテーマについて考えようとするとき,「ふつうであること」という,ありふれているにも関わらずいったんそれについて考え始めるととても難しいテーマについて,倉本さんが下記の本で,きわめて日常的な形で,深い洞察を示されているのを知ったからです。 本学のOBである倉本さんを囲んで,肩の力の抜けた,しかし私たちの「当たり前」に深く切り込む意見交換の場を持ちたいと思います。 ご関心をお持ちの方は,ご参加ください。

[* なお,この研究会は,科学研究補助金(C)課題番号18530392001 の補助を受けた共同研究の一環として行なわれます。]

参考図書
だれか、ふつうを教えてくれ! (よりみちパン!セ)

だれか、ふつうを教えてくれ! (よりみちパン!セ)

トラックバック - http://socinfo.g.hatena.ne.jp/contractio/20080222

2008-02-02

[] MIXイベント「セックスワーカーのいるまち」  MIXイベント「セックスワーカーのいるまち」 - 日曜社会学>社会学的告知 を含むブックマーク はてなブックマーク -  MIXイベント「セックスワーカーのいるまち」 - 日曜社会学>社会学的告知  MIXイベント「セックスワーカーのいるまち」 - 日曜社会学>社会学的告知 のブックマークコメント

id:contractio:20080122

2008.02.02(土)開催
プロ・セックス・トークイベントセックスワークを仕事とする私が日常的に感じたり考えたりするHIVAIDSセックスワーカーのいるまち~

  • 場所: コミュニティーセンター【akta(アクタ)】東京都新宿区新宿2-15-13 第2中江ビル301号室
    TEL : 03-3226-8998(http://www.rainbowring.org/akta/
  • 入場料: 無料
  • 日時: 2008年2月2日(土)17:00~19:00
    (※当日は1/22(火)からの「セックスワークを仕事とする私が日常的に感じたり考えたりするHIVAIDSセックスワーカーのいるまち~展覧会」も開催中です。aktaの営業時間は16:00-22:00)
【出演者(出演順)とトークの内容】
  • 第一部
    • あいさつ「日本の性娯楽施設・産業に係わる人々への支援・予防対策の開発に関する学際的研究」……東優子(大阪府立大学
    • 研究発表「青年期女性における金銭が介在する性行動とセクシュアルヘルスの問題-携帯電話のwebアンケートを用いた調査から-」……野坂祐子(大阪教育大学学校危機メンタルサポートセンター 講師)
トラックバック - http://socinfo.g.hatena.ne.jp/contractio/20080202