Hatena::Groupsocinfo

日曜社会学>社会学的告知 このページをアンテナに追加 RSSフィード

ただいま、はてなグループの→「カレンダー」機能の使用を検討中。
告知申請は →掲示板*か メール にて。

2008-02-28

[] 質的アプローチ勉強会のご案内  質的アプローチ勉強会のご案内 - 日曜社会学>社会学的告知 を含むブックマーク はてなブックマーク -  質的アプローチ勉強会のご案内 - 日曜社会学>社会学的告知  質的アプローチ勉強会のご案内 - 日曜社会学>社会学的告知 のブックマークコメント

参加希望者は naoi[at]cc.musashi.ac.jp に申し込み。

  1. 日時: 3月28日(金)
  2. 場所: 早稲田大学西早稲田キャンパス22号館 8階会議室(818)
  3. 時間: 13時半~17時

内容: 

  • 森田京子「エスノグラフィック研究の批判的考察:Critical Review of the EthnographicStudy」(事例研究編)

今回は、前回確認した「批判的リーディングの観点」を指針として、エスノグラフィーをより批判的に読むワークショップを行ないます。

昨年刊行された『子どもたちのアイデンティティー・ポリティックス:ブラジル人のいる小学校のエスノグラフィー』新曜社)を題材に、

  • 1) 研究者の役割・行動・使用メソッド、
  • 2) データ分析と記述の方法、
  • 3) 理論的基盤・根拠

の各視点から、必要情報やトライアンギュレーションなどがどのように記述に織り込まれているか、具体例を提示しながら解説します。

同時に、本に関するコメントを含めて意見交換を行ない、今後それぞれの研究や様々なエスノグラフィーの批評に役立つような機会にしたいと考えています。

  • 山本英輔「質的研究の理論的背景としての哲学的解釈学」

質的研究の理論的背景の一つに数えられる解釈学について、ディルタイとガダマーの理論を簡単に瞥見し、質的研究における意義や問題点を指摘してみたいと思います。

トラックバック - http://socinfo.g.hatena.ne.jp/contractio/20080228