Hatena::Groupsocinfo

日曜社会学>社会学的告知 このページをアンテナに追加 RSSフィード

ただいま、はてなグループの→「カレンダー」機能の使用を検討中。
告知申請は →掲示板*か メール にて。

2009-03-30

[] エスノメソドロジー会話分析研究会 2008年度春の研究例会  エスノメソドロジー・会話分析研究会 2008年度春の研究例会 - 日曜社会学>社会学的告知 を含むブックマーク はてなブックマーク -  エスノメソドロジー・会話分析研究会 2008年度春の研究例会 - 日曜社会学>社会学的告知  エスノメソドロジー・会話分析研究会 2008年度春の研究例会 - 日曜社会学>社会学的告知 のブックマークコメント

http://emca.jp/history/2008.php#meeting

  • 日時: 2009年3月30日(月) 9:30〜17:00
  • 会場: 明治学院大学白金キャンパス 本館1201教室

プログラム1(9:30〜12:30)研究報告と議論

(司会進行:池谷のぞみ(Palo Alto Research Center))

  1. 岩田夏穂(東京国際大学)・初鹿野阿れ(東京外国語大学)・西阪仰(明治学院大学
  2. 田中剛太(明治学院大学大学院)
  3. 権賢貞(筑波大学大学院)

プログラム2(14:00〜17:00)会話分析と概念分析の関係を再考する

(司会進行:五十嵐素子(光陵女子短期大学)・酒井泰斗(無所属))

近年(2006年度から2008年度にかけて),日本語で書かれたEMCAの研究書が立て続けに出版されました。それらを一望すると,一方で,日本語の会話分析・相互行為分析の洗練と蓄積が示され,他方で,原点に立ち戻りつつ概念分析の可能性が模索されています。そしてそれだけでなく,その両者を一貫したものとして理解しようとする論考もみることができます。そこで,本プログラムでは,会話や相互行為についての研究と,概念の連関についての研究との関係について再考してみたく思います。さまざまなEMCAの知見を参照しつつも,たんに「理論」的な観点のみからではなく、実際の現象の「記述」という観点からみて,さまざまな研究方針それぞれの利点を生かしていく方向性について,議論する場となれば幸いです。

  1. 前田泰樹(東海大学)
  2. 浦野 茂 (青森大学
  3. 串田秀也(大阪教育大学)

関連書籍:

トラックバック - http://socinfo.g.hatena.ne.jp/contractio/20090330