Hatena::Groupsocinfo

日曜社会学>社会学的告知 このページをアンテナに追加 RSSフィード

ただいま、はてなグループの→「カレンダー」機能の使用を検討中。
告知申請は →掲示板*か メール にて。

2009-04-25

[] 哲学/倫理学セミナー   哲学/倫理学セミナー - 日曜社会学>社会学的告知 を含むブックマーク はてなブックマーク -   哲学/倫理学セミナー - 日曜社会学>社会学的告知   哲学/倫理学セミナー - 日曜社会学>社会学的告知 のブックマークコメント

http://pe-seminar.hp.infoseek.co.jp/

第一部  13時30分から14時30分まで

  • 構想発表 「ヘーゲル『法の哲学』における意志と客観性」海上 隆政

ヘーゲルは『法の哲学』において、抽象法から人倫に到るまでの一連の叙述を、意志の発展の過程として描いている。それは一面では抽象的な段階にとどまっていた意志が、具体的で真なるあり方に到るという意味で、客観性を獲得するということである。しかしそれは同時に、意志の目的が実現し現実の存在になるというかたちで、意志が客観性を獲得することでもあり、意志は二重の意味で客観化する。本発表では、まずそうした客観化の二義性がヘーゲルの意志の捉え方に根ざすことを明らかにしたうえで、そこで見いだされた意志のあり方が、『法の哲学』の叙述の論理をなしているのかを確認する。

第二部  14時40分から16時40分まで

  • 発表   「否定性について」 三重野 清顕

ヘーゲルは、『論理学』の多くの箇所において、カントを激しく批判している。その一方で、ヘーゲルの「存在論的論理学」の構想は、カントの「超越論的論理学」の構想にはじまる一連の論理学改革の潮流のうちで懐胎されたことも、よく知られている。本発表においては、ヘーゲルの否定性をめぐる思考の背後にみられるカントとの対決に焦点をあて、『論理学』の基本的な思考の枠組みのひとつを解明することをめざす。

トラックバック - http://socinfo.g.hatena.ne.jp/contractio/20090425

2009-04-18

[][] 日本フェミニスト経済学会2009年度大会  日本フェミニスト経済学会2009年度大会 - 日曜社会学>社会学的告知 を含むブックマーク はてなブックマーク -  日本フェミニスト経済学会2009年度大会 - 日曜社会学>社会学的告知  日本フェミニスト経済学会2009年度大会 - 日曜社会学>社会学的告知 のブックマークコメント

http://devgen.igs.ocha.ac.jp/jaffe/program/index.html

共通論題テーマ:「金融グローバリズムと貧困の女性化の現段階」

  • 日時:2009年4月18日(土) 午前10時より
  • 会場:法政大学市ヶ谷キャンパス・ボアソナードタワー(東京都千代田区富士見、JR/有楽町線の市ヶ谷駅or飯田橋駅、最寄り駅下車・徒歩10分)
  • 参加費:会員 2000円、 非会員 3000円(学生は2000円)

[] 東京法哲学研究会4月例会  東京法哲学研究会4月例会 - 日曜社会学>社会学的告知 を含むブックマーク はてなブックマーク -  東京法哲学研究会4月例会 - 日曜社会学>社会学的告知  東京法哲学研究会4月例会 - 日曜社会学>社会学的告知 のブックマークコメント

http://wwwsoc.nii.ac.jp/jalp/j/info/information2.html

  • 日時 2009年4月18日(土)15:00〜18:00
  • 場所 明治大学駿河台校舎・研究棟2階第9会議室[地図]
  • 報告者とタイトル
    • 望月 由紀 氏 (千葉大学非常勤講師)「トマス・ホッブズにおける自然法の位置づけについて」
    • 安藤 馨 氏 (東京大学大学院法学政治学研究科特任研究員)「無道徳家と法理論」
  • 例会終了後、懇親会を開催します。ふるってご参加ください。
  • 傍聴を希望される非会員の方がいらっしゃいましたら、事前に幹事までご連絡ください。
    東京法哲学研究会幹事:鳥澤 円(torisawa[atmark]kanto-gakuin.ac.jp)

[] 経済理論史研究会  経済理論史研究会 - 日曜社会学>社会学的告知 を含むブックマーク はてなブックマーク -  経済理論史研究会 - 日曜社会学>社会学的告知  経済理論史研究会 - 日曜社会学>社会学的告知 のブックマークコメント

http://anaito.at.infoseek.co.jp/rironshi1.htm

第1セッション

関連論文

第2セッション

  • 「赤松要の世界経済構造の変動理論をめぐって――名古屋高等商業学校時代を中心に」
関連論文
  • 「赤松要の世界経済構造の変動理論をめぐって―― 名古屋高等商業学校における研究のはじまりとその展開」『言語・地域文化研究』東京外国語大学大学院,14: 81-101.


  • 問い合わせ先: 経済理論史研究会・事務局:佐藤方宣(hosen[atmark]sepia.ocn.ne.jp)
トラックバック - http://socinfo.g.hatena.ne.jp/contractio/20090418

2009-04-17

[] 相関社会科学研究会  相関社会科学研究会  - 日曜社会学>社会学的告知 を含むブックマーク はてなブックマーク -  相関社会科学研究会  - 日曜社会学>社会学的告知  相関社会科学研究会  - 日曜社会学>社会学的告知 のブックマークコメント

  • 日時: 4月17日(金) 16:30~18:30
  • 場所: 2号館 308号室

題目:『イギリス保守主義の政治経済学―バークとマルサス―』(中澤信彦著、ミネルヴァ書房、2009年)をめぐって

  • 報告者:中澤 信彦氏(関西大学経済学部教授)
  • コメンテーター:松原隆一郎(本学国際社会科学専攻 教授) 、山本崇広 (本学国際社会科学専攻 博士課程)、寺川隆一郎(同上)

 今回の相関社会科学研究会は、今年2月末に出版された『イギリス保守主義の政治経済学』をめぐって、著者である中澤信彦氏をお招きして合評会を開催します。本書はイギリス保守主義の生誕と経済学の生誕がほぼ同時期であることに着目し、そのリンケージを解きほぐそうとする野心的な試みであるといえます。研究会では、その大胆な主張をめぐって――とくにその主張の現代的レレバンスをめぐって――熱い討論を繰り広げたいと思います。尚、研究会は松原隆一郎ゼミとの共催となります。

以上の要領で相関研究会を開催します。公開ですので、専攻外の方、院生・学生の方でご関心のある方も、ぜひご来聴ください。

イギリス保守主義の政治経済学―バークとマルサス

イギリス保守主義の政治経済学―バークとマルサス

トラックバック - http://socinfo.g.hatena.ne.jp/contractio/20090417