Hatena::Groupsocinfo

日曜社会学>社会学的告知 このページをアンテナに追加 RSSフィード

ただいま、はてなグループの→「カレンダー」機能の使用を検討中。
告知申請は →掲示板*か メール にて。

2009-06-28

[] 日本女性学会 2009年度大会ワークショップ:「ジェンダーフリー」「バックラッシュ」を再考する  日本女性学会 2009年度大会ワークショップ:「ジェンダーフリー」「バックラッシュ」を再考する - 日曜社会学>社会学的告知 を含むブックマーク はてなブックマーク -  日本女性学会 2009年度大会ワークショップ:「ジェンダーフリー」「バックラッシュ」を再考する - 日曜社会学>社会学的告知  日本女性学会 2009年度大会ワークショップ:「ジェンダーフリー」「バックラッシュ」を再考する - 日曜社会学>社会学的告知 のブックマークコメント

詳細:

トラックバック - http://socinfo.g.hatena.ne.jp/contractio/20090628

2009-06-27

[] 社会学史学会  社会学史学会 - 日曜社会学>社会学的告知 を含むブックマーク はてなブックマーク -  社会学史学会 - 日曜社会学>社会学的告知  社会学史学会 - 日曜社会学>社会学的告知 のブックマークコメント

http://wwwsoc.nii.ac.jp/jashs/

@三田

[] シンポジウム「ヤンキー文化を考えることの可能性」  シンポジウム「ヤンキー文化を考えることの可能性」 - 日曜社会学>社会学的告知 を含むブックマーク はてなブックマーク -  シンポジウム「ヤンキー文化を考えることの可能性」 - 日曜社会学>社会学的告知  シンポジウム「ヤンキー文化を考えることの可能性」 - 日曜社会学>社会学的告知 のブックマークコメント

  • 主催:早稲田大学 総合研究機構 文化社会研究所
  • 日時:2009年6月27日(土)14:00〜18:00
  • 会場:早稲田大学文学学術院(戸山キャンパス)36号館682教室
    (交通アクセス:http://www.waseda.jp/jp/campus/toyama.html

【企画趣旨】

 現代社会における文化状況をどう考えるか。これが私たちの課題である。1980年代以降、日本社会は「消費」を「文化」とするポストモダン社会を作り上げてきた。私たちの生活は商品のイメージと記号で覆いつくされ、実体としての文化は蒸発してしまったかのようだ。そのようなポストモダン的状況に応じて、いまや文化を語ることは、メディア、記号、イメージ、サブカルチャーを論じることと同義になった。しかしそのような文化をめぐる議論自体が、当のポストモダン文化の一部のように見えてしまうことはないか。私たちは社会に語らされているだけではないか。

 だから私たちは、このシンポジウムで、「ヤンキー文化」を手がかりにしながら、文化を語る新しい作法を見つける歩みを始めたいと思う。日本を覆っているはずのヤンキー文化を無視して、オタク文化を語ってしまうという事態が、私たちの意識を覆う文化的抑圧だったと考えるからだ。むろん私たちは「ヤンキー」自体に未来を見出したいわけではない。しかし、ヤンキー文化を語ることの中に、いまの日本の文化を語り、新たな文化を作り出すことの可能性が眠っていると信じている。

報告者

[] 第五八回 哲学/倫理学セミナーのご案内  第五八回 哲学/倫理学セミナーのご案内 - 日曜社会学>社会学的告知 を含むブックマーク はてなブックマーク -  第五八回 哲学/倫理学セミナーのご案内 - 日曜社会学>社会学的告知  第五八回 哲学/倫理学セミナーのご案内 - 日曜社会学>社会学的告知 のブックマークコメント

第一部  13時30分から14時30分まで
  • 構想発表 「レヴィナスの感受性論について」前田 雅彦

感受性論はレヴィナスの著作において、初期の現象学研究から後期の著作に至るまで重要な位置を占めている。『全体性と無限』において感受性は主に「享受」の議論に関わるが、本発表では後期の『存在の彼方へ』の解釈に重点を置く。『存在の彼方へ』において他者を感受する「傷つきやすさ」として定義されるに至る、レヴィナスの感受性論のもつ倫理的意義を見出すことを目指す。

第二部  14時40分から16時40分まで
  • 発表   「カント『判断力批判』における「技術」の検討に向けて」 大熊 洋行

本発表では『判断力批判』における「技術」の検討に向かうための予備的考察を行う。カントは自然の美しいものを規定する際、自然のものが同時に技術の所産と見られる場合に美しいとした。また、第一序論においても技術をめぐる記述を相当の分量見出すことができる。こうした点からも、『判断力批判』において「技術」が占める重要な位置が窺われるように思われる。しかし、この問題はこれまで必ずしも中心的な扱いを受けることはなかった。今回は扱うテクストの範囲を、主として『判断力批判』の序論、第一序論、ならびに第一部の美についての判断の箇所に限定する(当然のことながら他の著作も念頭に置く)。そして、その上で「技術」の問題の直截的な検討の前に、Subjektと無関心性という二つの概念を整理しつつ、その問題構成を探ることを目的とする。

  • 【参考文献】
    • カント 『判断力批判』の各種原著ならびに訳書
トラックバック - http://socinfo.g.hatena.ne.jp/contractio/20090627

2009-06-21

トラックバック - http://socinfo.g.hatena.ne.jp/contractio/20090621

2009-06-20

[] 第25回メディアとことば研究会  第25回メディアとことば研究会 - 日曜社会学>社会学的告知 を含むブックマーク はてなブックマーク -  第25回メディアとことば研究会 - 日曜社会学>社会学的告知  第25回メディアとことば研究会 - 日曜社会学>社会学的告知 のブックマークコメント

http://www.hituzi.co.jp/kenkyukai/media-kotoba.html

発表

  • 是永 論(立教大学 社会学部教授)「How to do things with “絵図". :マンガを中心とした画像表現における相互行為の理解について」
    • キーワード:エスノメソドロジー、相互行為分析、概念分析、マンガ、画像表現
    • 概要:
      本報告では、日常の中で見られる相互行為上の手続きが、マンガなどの画像(絵図)においてどのように表現されることによって、画像上のやりとりが一定の相互行為として理解されるのか、について分析することを目的とする。たとえば、私たちは画像上の人物が「指さし」をしているとき、そこに何か見るべきものがある、という指示として理解するだろう。このとき、本報告では、エスノメソドロジーの立場から、個々の指さしが「記号」などとして指示を意味していると考えるのではなく、その動作にいたるまでのやりとりが、「説明」といった一定の「概念」をともなう状況として成立しており、その概念において、動作が「指示」として理解されるものと考える。そこから、日常の相互行為について、ある状況が一定の概念をともなって理解されるための手続きが存在することを指摘しながら、その手続きが画像上において一定に表現されることが、画像における動作の相互行為としての理解をもたらすことを、実例を分析しながら呈示していく。その結果、マンガなどの画像表現が「わかりやすい」ものとして理解される仕組みに少しでも迫れればと考える。
  • 糟屋 美千子(兵庫県立大学 環境人間学部講師)「環境問題に関するテレビニュースのディスコース分析 - 環境・人間・経済はどのように語られているか」
    • キーワード:テレビニュース、環境問題、ディスコース、言語的要素、非言語的要素
    • 概要:
      環境問題が深刻化する現代社会において、環境問題に関するテレビニュースのディスコースは社会に大きな影響を与えると考えられる。しかし、テレビニュースのディスコースは、影響力が大きいにも関わらず、記録されることなく消えていく。また、そのメッセージは必ずしも表面に表れているわけではない。したがって、テレビニュースのメッセージや社会的影響を明らかにするためには、ニュースを記録し、ディスコースを詳細に分析することが必要である。ここでは、昨年末、経済情勢の急激な悪化が連日報道された中で報じられた、環境問題に関するひとつのテレビニュースを取り上げ、ディスコースの言語的・非言語的要素を分析する。そして、その中で環境・人間・経済がどのように語られているかを検討することにより、ニュースのメッセージや社会的影響を考察し、そこに表れている我々の社会がもつ考え方を明らかにすることを試みる。
トラックバック - http://socinfo.g.hatena.ne.jp/contractio/20090620

2009-06-06

[] シンポジウム:近代アジアの出産と介助者―ジェンダーの視点から  シンポジウム:近代アジアの出産と介助者―ジェンダーの視点から - 日曜社会学>社会学的告知 を含むブックマーク はてなブックマーク -  シンポジウム:近代アジアの出産と介助者―ジェンダーの視点から - 日曜社会学>社会学的告知  シンポジウム:近代アジアの出産と介助者―ジェンダーの視点から - 日曜社会学>社会学的告知 のブックマークコメント

申し込み不要

奈良女子大学創立百周年記念事業
奈良女子大学アジア・ジェンダー文化学研究センター、ジェンダー史学会共催公開シンポジウム

テーマ:「近代アジアの出産と介助者―ジェンダーの視点から」
プログラム
  • 報告1:松岡悦子(奈良女子大学教授)「なぜ産婆は専門職化に失敗したのか -戦前の「産師法案」をめぐる動きを通して」

報告2:傅大為(台湾・陽明大学教授)「植民地時期の台湾における医療の近代性と出産・産婆」

    • * 中国語による報告となりますが、日本語版のパワーポイントを準備します。
  • 報告3:姚毅(フェリス女学院大学講師)「近代中国における産科医と助産士の境界をめぐるポリティックス」
  • コメンテーター:石崎昇子(専修大学講師)
  • 司会:野村鮎子(奈良女子大学教授)

  • *終了後、軽いサンドイッチパーティ(500円)を予定しています。ふるってご参加ください。
  • お問い合わせ:奈良女子大学アジア・ジェンダー文化学研究センター 野村鮎子(0742-20-3977)
トラックバック - http://socinfo.g.hatena.ne.jp/contractio/20090606

2009-06-04

[][] 科学・技術と社会の会  科学・技術と社会の会 - 日曜社会学>社会学的告知 を含むブックマーク はてなブックマーク -  科学・技術と社会の会 - 日曜社会学>社会学的告知  科学・技術と社会の会 - 日曜社会学>社会学的告知 のブックマークコメント

http://www.l.u-tokyo.ac.jp/JASTS/main.htm

今回は、IPCCで気候変動にかかわる議論に深く関与し、東京大学地球持続戦略研究イニシアティブ 統括ディレクターをつとめる住明正氏をお招きし、国連をはじめとする気候変動に関する科学的な議論の場で、人材、組織、制度、資金などのさまざまな社会的な要因が影響を及ぼす過程について参加者の視点から話題を提供していただきます。興味ぶかい議論が期待されます。ふるってご参加ください。

*住氏の発表概要は、科学・技術と社会の会のウェブサイト(http://www.l.u-tokyo.ac.jp/JASTS/)に掲載されています。どうぞご覧ください。

トラックバック - http://socinfo.g.hatena.ne.jp/contractio/20090604