Hatena::Groupsocinfo

日曜社会学>社会学的告知 このページをアンテナに追加 RSSフィード

ただいま、はてなグループの→「カレンダー」機能の使用を検討中。
告知申請は →掲示板*か メール にて。

2009-06-06

[] シンポジウム:近代アジアの出産と介助者―ジェンダーの視点から  シンポジウム:近代アジアの出産と介助者―ジェンダーの視点から - 日曜社会学>社会学的告知 を含むブックマーク はてなブックマーク -  シンポジウム:近代アジアの出産と介助者―ジェンダーの視点から - 日曜社会学>社会学的告知  シンポジウム:近代アジアの出産と介助者―ジェンダーの視点から - 日曜社会学>社会学的告知 のブックマークコメント

申し込み不要

奈良女子大学創立百周年記念事業
奈良女子大学アジア・ジェンダー文化学研究センター、ジェンダー史学会共催公開シンポジウム

テーマ:「近代アジアの出産と介助者―ジェンダーの視点から」
プログラム
  • 報告1:松岡悦子(奈良女子大学教授)「なぜ産婆は専門職化に失敗したのか -戦前の「産師法案」をめぐる動きを通して」

報告2:傅大為(台湾・陽明大学教授)「植民地時期の台湾における医療の近代性と出産・産婆」

    • * 中国語による報告となりますが、日本語版のパワーポイントを準備します。
  • 報告3:姚毅(フェリス女学院大学講師)「近代中国における産科医と助産士の境界をめぐるポリティックス」
  • コメンテーター:石崎昇子(専修大学講師)
  • 司会:野村鮎子(奈良女子大学教授)

  • *終了後、軽いサンドイッチパーティ(500円)を予定しています。ふるってご参加ください。
  • お問い合わせ:奈良女子大学アジア・ジェンダー文化学研究センター 野村鮎子(0742-20-3977)
トラックバック - http://socinfo.g.hatena.ne.jp/contractio/20090606