Hatena::Groupsocinfo

日曜社会学>社会学的告知 このページをアンテナに追加 RSSフィード

ただいま、はてなグループの→「カレンダー」機能の使用を検討中。
告知申請は →掲示板*か メール にて。

2009-06-27

[] 社会学史学会  社会学史学会 - 日曜社会学>社会学的告知 を含むブックマーク はてなブックマーク -  社会学史学会 - 日曜社会学>社会学的告知  社会学史学会 - 日曜社会学>社会学的告知 のブックマークコメント

http://wwwsoc.nii.ac.jp/jashs/

@三田

[] シンポジウム「ヤンキー文化を考えることの可能性」  シンポジウム「ヤンキー文化を考えることの可能性」 - 日曜社会学>社会学的告知 を含むブックマーク はてなブックマーク -  シンポジウム「ヤンキー文化を考えることの可能性」 - 日曜社会学>社会学的告知  シンポジウム「ヤンキー文化を考えることの可能性」 - 日曜社会学>社会学的告知 のブックマークコメント

  • 主催:早稲田大学 総合研究機構 文化社会研究所
  • 日時:2009年6月27日(土)14:00〜18:00
  • 会場:早稲田大学文学学術院(戸山キャンパス)36号館682教室
    (交通アクセス:http://www.waseda.jp/jp/campus/toyama.html

【企画趣旨】

 現代社会における文化状況をどう考えるか。これが私たちの課題である。1980年代以降、日本社会は「消費」を「文化」とするポストモダン社会を作り上げてきた。私たちの生活は商品のイメージと記号で覆いつくされ、実体としての文化は蒸発してしまったかのようだ。そのようなポストモダン的状況に応じて、いまや文化を語ることは、メディア、記号、イメージ、サブカルチャーを論じることと同義になった。しかしそのような文化をめぐる議論自体が、当のポストモダン文化の一部のように見えてしまうことはないか。私たちは社会に語らされているだけではないか。

 だから私たちは、このシンポジウムで、「ヤンキー文化」を手がかりにしながら、文化を語る新しい作法を見つける歩みを始めたいと思う。日本を覆っているはずのヤンキー文化を無視して、オタク文化を語ってしまうという事態が、私たちの意識を覆う文化的抑圧だったと考えるからだ。むろん私たちは「ヤンキー」自体に未来を見出したいわけではない。しかし、ヤンキー文化を語ることの中に、いまの日本の文化を語り、新たな文化を作り出すことの可能性が眠っていると信じている。

報告者

[] 第五八回 哲学/倫理学セミナーのご案内  第五八回 哲学/倫理学セミナーのご案内 - 日曜社会学>社会学的告知 を含むブックマーク はてなブックマーク -  第五八回 哲学/倫理学セミナーのご案内 - 日曜社会学>社会学的告知  第五八回 哲学/倫理学セミナーのご案内 - 日曜社会学>社会学的告知 のブックマークコメント

第一部  13時30分から14時30分まで
  • 構想発表 「レヴィナスの感受性論について」前田 雅彦

感受性論はレヴィナスの著作において、初期の現象学研究から後期の著作に至るまで重要な位置を占めている。『全体性と無限』において感受性は主に「享受」の議論に関わるが、本発表では後期の『存在の彼方へ』の解釈に重点を置く。『存在の彼方へ』において他者を感受する「傷つきやすさ」として定義されるに至る、レヴィナスの感受性論のもつ倫理的意義を見出すことを目指す。

第二部  14時40分から16時40分まで
  • 発表   「カント『判断力批判』における「技術」の検討に向けて」 大熊 洋行

本発表では『判断力批判』における「技術」の検討に向かうための予備的考察を行う。カントは自然の美しいものを規定する際、自然のものが同時に技術の所産と見られる場合に美しいとした。また、第一序論においても技術をめぐる記述を相当の分量見出すことができる。こうした点からも、『判断力批判』において「技術」が占める重要な位置が窺われるように思われる。しかし、この問題はこれまで必ずしも中心的な扱いを受けることはなかった。今回は扱うテクストの範囲を、主として『判断力批判』の序論、第一序論、ならびに第一部の美についての判断の箇所に限定する(当然のことながら他の著作も念頭に置く)。そして、その上で「技術」の問題の直截的な検討の前に、Subjektと無関心性という二つの概念を整理しつつ、その問題構成を探ることを目的とする。

  • 【参考文献】
    • カント 『判断力批判』の各種原著ならびに訳書
トラックバック - http://socinfo.g.hatena.ne.jp/contractio/20090627