Hatena::Groupsocinfo

日曜社会学>社会学的告知 このページをアンテナに追加 RSSフィード

ただいま、はてなグループの→「カレンダー」機能の使用を検討中。
告知申請は →掲示板*か メール にて。

2009-06-27

[] シンポジウム「ヤンキー文化を考えることの可能性」  シンポジウム「ヤンキー文化を考えることの可能性」 - 日曜社会学>社会学的告知 を含むブックマーク はてなブックマーク -  シンポジウム「ヤンキー文化を考えることの可能性」 - 日曜社会学>社会学的告知  シンポジウム「ヤンキー文化を考えることの可能性」 - 日曜社会学>社会学的告知 のブックマークコメント

  • 主催:早稲田大学 総合研究機構 文化社会研究所
  • 日時:2009年6月27日(土)14:00〜18:00
  • 会場:早稲田大学文学学術院(戸山キャンパス)36号館682教室
    (交通アクセス:http://www.waseda.jp/jp/campus/toyama.html

【企画趣旨】

 現代社会における文化状況をどう考えるか。これが私たちの課題である。1980年代以降、日本社会は「消費」を「文化」とするポストモダン社会を作り上げてきた。私たちの生活は商品のイメージと記号で覆いつくされ、実体としての文化は蒸発してしまったかのようだ。そのようなポストモダン的状況に応じて、いまや文化を語ることは、メディア、記号、イメージ、サブカルチャーを論じることと同義になった。しかしそのような文化をめぐる議論自体が、当のポストモダン文化の一部のように見えてしまうことはないか。私たちは社会に語らされているだけではないか。

 だから私たちは、このシンポジウムで、「ヤンキー文化」を手がかりにしながら、文化を語る新しい作法を見つける歩みを始めたいと思う。日本を覆っているはずのヤンキー文化を無視して、オタク文化を語ってしまうという事態が、私たちの意識を覆う文化的抑圧だったと考えるからだ。むろん私たちは「ヤンキー」自体に未来を見出したいわけではない。しかし、ヤンキー文化を語ることの中に、いまの日本の文化を語り、新たな文化を作り出すことの可能性が眠っていると信じている。

報告者
トラックバック - http://socinfo.g.hatena.ne.jp/contractio/20090627