Hatena::Groupsocinfo

日曜社会学>社会学的告知 このページをアンテナに追加 RSSフィード

ただいま、はてなグループの→「カレンダー」機能の使用を検討中。
告知申請は →掲示板*か メール にて。

2009-07-04

[] 早稲田社会学会大会  早稲田社会学会大会 - 日曜社会学>社会学的告知 を含むブックマーク はてなブックマーク -  早稲田社会学会大会 - 日曜社会学>社会学的告知  早稲田社会学会大会 - 日曜社会学>社会学的告知 のブックマークコメント

http://www.waseda.jp/assoc-wss/taikai.html

大会シンポジウム:「若者をめぐる困難」

趣旨説明

 何を考えているか分からない、すぐキレる…若者による凶悪犯罪が起きる度に、「何となく」若者バッシングが展開されてきた。この確たる根拠やデータの裏づけも無い若者への(不当な)批判・非難に対し、「若者」をめぐる状況や「若者論」を冷静に検討しようという動きが、近年ようやく見られるようになっている。特にフリーターをはじめとした非正規雇用、ネットカフェ難民など、就労や貧困をめぐる問題については、若者の「就労意欲」が問題なのではなく、バブル景気崩壊後の厳しい雇用環境が問題なのだ、ということが「ロストジェネレーション」という言葉とともに広く知られるようになりつつある。

 そして現在、2000年初頭からの景気回復もつかの間、米国におけるサブプライムローン問題に端を発した世界金融危機が若者を直撃し、「就職氷河期」が再来している。

 このような状況のなか、本シンポジウムは「若者をめぐる困難」をテーマに、浅野智彦先生より「若者論」がいかに展開されてきたのかについて、本田由紀先生より「若者の雇用と教育」について、さらに行政の立場からみた「若者の雇用」について大隈俊弥・厚生労働省職業安定局若年者雇用対策室長にご報告頂く。先生方のご報告より「現在の若者をめぐる(困難な)状況」を確認した後、小島宏先生、園田茂人先生にコメントを頂き、若者についてのみならず、日本社会の未来について議論を深めたい。(文責:研究活動委員 木村好美)

トラックバック - http://socinfo.g.hatena.ne.jp/contractio/20090704