Hatena::Groupsocinfo

日曜社会学>社会学的告知 このページをアンテナに追加 RSSフィード

ただいま、はてなグループの→「カレンダー」機能の使用を検討中。
告知申請は →掲示板*か メール にて。

2009-09-08

[] ■第6回責任の文化的形成セミナーのご案内  ■第6回責任の文化的形成セミナーのご案内 - 日曜社会学>社会学的告知 を含むブックマーク はてなブックマーク -  ■第6回責任の文化的形成セミナーのご案内 - 日曜社会学>社会学的告知  ■第6回責任の文化的形成セミナーのご案内 - 日曜社会学>社会学的告知 のブックマークコメント

2007年度より京都大学を中心に開催してきた「責任の文化的形成セミナー」の第6回として,9月8日(火)に国際シンポジウムを開催いたします.今回は,カリフォルニア大学ロサンゼルス校(UCLA)のCharles Goodwin教授とMarjorie Harness Goodwin教授をお招きします.お二方とも人類学,言語学,社会学,心理学などを横断する研究で知られており(本メールの末尾参照),親日家でもあります.今回の国際シンポジウムでは,以下のような日程を予定しております.演題等の詳細は改めて連絡いたしますが,みなさま何とぞふるってご参加下さい.

  • 12:00-12:10 シンポ主旨説明:高田明(京都大学)
  • 12:10-13:40 講演 Charles Goodwin教授(UCLA)
  • 14:00-16:00 ワークショップ:家族概念の再考
    • 1. 高木智世(筑波大学)
    • 2. 梅津綾子(名古屋大学)
    • 3. 高田 明(京都大学)
  • 16:15-17:45 講演 Marjorie Harness Goodwin教授(UCLA)

発表・討論は英語で行います.通訳はつきません.

国際シンポジウムは無料で,当日の御参加は自由です.ただし資料や懇親会(有料)の準備がありますので,下記3点について回答のうえ,8月中に<yohko@mmm.mbox.media.kyoto-u.ac.jp>まで返信下さい.

  1. お名前と所属
  2. 国際シンポジウム(12:00-17:45)に 参加する,参加しない
  3. 懇親会(18:15-20:15)に 参加する,未定,参加しない
  • 主催:科学研究費補助金 若手研究(S) 「養育者-子ども間相互行為における責任の文化的形成」代表:高田明
  • 問い合わせ:京都大学 嶋田容子 Email: yohko[atmark]mmm.mbox.media.kyoto-u.ac.jp

Charles Goodwin教授は,The Interactive Construction of Talk, Story Structure, Participation, Scientific and Workplace Practice, Human Vision as Social Practice, Gesture and Embodiment, Situated Temporalities and Projection, Family Interaction, Aphasia in Discourseなどについて精力的に研究を進めておられます. 現在は,UCLA応用言語学部の教授を務めておられます.以下をはじめとした数多くの影響力のある著作で知られています.

  • 2007 Environmentally Coupled Gestures. In Gesture and the Dynamic Dimensions of Language, edited by Susan Duncan, Justine Cassell, and Elena Levy. Amsterdam/Philadelphia: John Benjamins. pp. 195-212.
  • 2007 Participation, Stance, and Affect in the Organization of Activities. Discourse and Society, 18(1). pp. 53-73.
  • 2006 Human Sociality as Mutual Orientation in a Rich Interactive Environment: Multimodal Utterances and Pointing in Aphasia. In Roots of Human Sociality edited by Nick Enfield and Stephen C. Levinson. London: Berg Press. pp. 96-125.
  • 2003 Conversation and Brain Damage (edited book). Oxford: Oxford University Press.
  • 1992 Rethinking Context: Language as an Interactive Phenomenon, edited with Alessandro Duranti. Cambridge: Cambridge University Press.

Marjorie Harness Goodwin教授は,Social Organization in Children's Peer Groups, Embodied Language Games, Language in the Workplace, Participationなどについて幅広い研究を行ってきています.現在は,UCLA人類学部の教授を務めておられます.以下をはじめとした数多くの著作が有名です.

  • 2007 "Occasioned Knowledge Exploration in Family Interaction." Discourse and Society:18 (1):93-110.
  • 2006 The Hidden Life of Girls: Games of Stance, Status, and Exclusion. Oxford: Blackwell.
  • 2003 "The Relevance of Ethnicity, Class, and Gender in Children's Peer Negotiations." In Handbook of Language and Gender. Janet Holmes and Miriam Meyerhoff, eds. Pp. 229-51. Oxford: Blackwell.
  • 2002 "Building Power Asymmetries in Girls' Interactions." Discourse in Society 13.6: 715-30.
  • 1990 He-Said-She-Said: Talk as Social Organization among Black Children. Bloomington: Indiana University Press.
トラックバック - http://socinfo.g.hatena.ne.jp/contractio/20090908