Hatena::Groupsocinfo

日曜社会学>社会学的告知 このページをアンテナに追加 RSSフィード

ただいま、はてなグループの→「カレンダー」機能の使用を検討中。
告知申請は →掲示板*か メール にて。

2009-09-26

[] 第8回リプロダクション研究会  第8回リプロダクション研究会 - 日曜社会学>社会学的告知 を含むブックマーク はてなブックマーク -  第8回リプロダクション研究会 - 日曜社会学>社会学的告知  第8回リプロダクション研究会 - 日曜社会学>社会学的告知 のブックマークコメント

要時前申し込み:http://homepage2.nifty.com/~shirai/html/repro.html

開催日時・場所
  • 日時 2009年9月26日(土)13時~16時45分(終了予定)
  • 場所 国立社会保障・人口問題研究所 第4,5会議室 http://www.ipss.go.jp/
    (都営三田線内幸町・営団丸ノ内線/日比谷線/千代田線霞ヶ関駅)
  • 参加費 500円

レズビアンのライフスタイルと家族形成

第8回リプロダクション研究会では、「レズビアンのライフスタイルと家族形成」をメインタイトルに開催致します。

周知のように、海外では同性間のパートナーシップが法的に認められている国が少なくありません。

それらの国々では提供精子によって女性同士のカップルが子をもったり、子を連れて女性同士が再婚したり、養子縁組によって子をもったりして、二世代の家族(親子として養育関係をもつ家族)を形成するケースが珍しくありません。

 同性間のパートナーシップが法的に認められていない日本のような国でも、カップルとして生活したり、パートナーが実親と養子縁組することにより親族関係をもったり、子連れで新たな世帯を形成したりしています。

 そもそも、性に関する身体的な同定や、性別に関するアイデンティティ、性的志向性は男-女の二元論に還元できず、また生涯を通して安定的なわけでもないことが、昨今主張されています。

 第8回リプロダクション研究会では、こうした背景に基づき、レズビアンのライフスタイルと家族形成について、4つの報告をいただきたいと思います。

皆さまのご参加と積極的なディスカッションを期待しています。

演題・報告者

報告順序は変更になることがありますのでご了承下さい。

  • 柳原良江(東京大学特任研究員) 「レズビアンの挙児・子育て状況とリプロダクティブ・ライツのゆくえ」(仮題)
    • 参考既出論文
      「『親になること』におけるジェンダーの力学 ―レズビアン・マザーたちのライフヒストリーの語りから―」F-GENSジャーナルNo.9 他
  • 釜野さおり(国立社会保障・人口問題研究所室長) 「レズビアンカップルの日常生活」
    • 参考既出文献
      「レズビアン家族とゲイ家族から『従来の家族』を問う可能性」『家族社会学研究』20(1)16-27.2008年
  • 杉浦郁子(中央大学成蹊大学・関東学院大学・武蔵大学非常勤講師) レズビアンの生活実態と社会制度
    • 参考既出文献
      『パートナーシップ・生活と制度―結婚、事実婚同性婚』(緑風出版)共編著 他
  • 有田啓子(大阪府立支援学校教員)「精子ドナーという『夾(きょう)雑物(ざつぶつ)』がこじあける家族の地平―性的パートナー関係に閉じられた子育てを相対化する『多元的親』の試み―」
    • 参考既出文献
      「交渉・妥協・共存する『ニーズ』―同性間パートナーシップの法的保障に関する当事者ニーズ調査から―」『女性学年報』27号、2006年11月、4-28pp 他
      杉浦郁子・釜野さおり・柳原良江. 2008. 「女性カップルの生活実態に関する調査分析――法的保障ニーズを探るために」『日本=性研究会議会報(JASSPROCEEDINGS)』20(1)30-53
参加申し込み

当日参加も歓迎いたしますが、資料を希望の場合は、9月22日までにお申し込み下さい。こちらよりお申し込みをお願いします。

http://homepage2.nifty.com/~shirai/html/inquiry.html

以下をご記入下さい。

  1. 第8回リプロダクション研究会参加申し込み (とご記入下さい)
  2. 氏名
  3. 所属・肩書き
  4. 今回の研究会で特に関心のある報告⑤今回の研究会をどこで知ったか
  5. メールアドレス

※事務作業軽減のため、返信は省略させていただきますのでご了承下さい。

詳しくはこちらをご覧ください。http://homepage2.nifty.com/~shirai/html/repro.htm ご参加をお待ちしております。

トラックバック - http://socinfo.g.hatena.ne.jp/contractio/20090926