Hatena::Groupsocinfo

日曜社会学>社会学的告知 このページをアンテナに追加 RSSフィード

ただいま、はてなグループの→「カレンダー」機能の使用を検討中。
告知申請は →掲示板*か メール にて。

2010-02-27

[] 関東社会学会例会「リスクと排除の社会学」  関東社会学会例会「リスクと排除の社会学」 - 日曜社会学>社会学的告知 を含むブックマーク はてなブックマーク -  関東社会学会例会「リスクと排除の社会学」 - 日曜社会学>社会学的告知  関東社会学会例会「リスクと排除の社会学」 - 日曜社会学>社会学的告知 のブックマークコメント

http://wwwsoc.nii.ac.jp/kss/meeting/information.html#section_1

 ここ十数年のあいだで、日本社会の構造変化が顕著なものになって参りました。家族や企業や地域社会においては、個々人に対する相互扶助機能やアイデンティティ附与機能が弱体化しつつあり、また、そもそも、家族や企業に帰属していない(あるいは帰属できない)人々の数も増加しております。戦後の日本社会は企業や家族に所属することにより、またそれでまかなえない部分は国家による社会保障によって、個々人をさまざまなリスクから防御して参りましたが、現在それが機能不全を起こしています。

さらには、グローバル化の進展により、リスク制御を国家単位で行うことがより困難になり、また外国人労働者に端的に示されるように、国家による保障の範囲外に置かれる人々も増加しております。

そこで、本部会では、「リスク」と「排除」を2年間にまたがるキータームとし、まず、2010年度は現代社会の現状の分析を行い(「リスクと排除の社会学」)、2011年度の「反リスク・反排除の社会運動」においては、社会運動を、今とは異なる<もう一つの世界>を構想し構築してゆく活動ととらえ、前年度の「リスクと排除の社会学」で分析した現状に対していかに対処すべきか、いかなる方策がありうるのかを議論する予定です。

 2010年6月のテーマ部会「リスクと排除の社会学」においては、発表者として、家族社会学の分野から山田昌弘さん(中央大学)、社会保障の分野から堅田香緒里さん(埼玉県立大学)、都市周縁層に関する研究分野から田中研之輔さん(法政大学)のお三方にご登壇いただき、それぞれの分野におけるリスクと排除について論じていただきます。他方、討論者の市野川容孝さん(東京大学)と宮台真司さん(首都大学東京)には、理論的な観点からそれぞれの報告に対してコメントをいただく予定です。

 2010年2月に開催いたします研究例会においては、6月のテーマ部会にむけて、リスクと排除の問題が凝縮してあらわれている領域である非正規移民とホームレスに焦点を当て、リスクと排除の問題を考察してゆきます。

ふるってご参加ください。(担当理事・大妻女子大学

テーマ: リスクと排除の社会学

  • 報告(1):髙谷幸(日本学術振興会)「日本における非正規移民の排除と脱出(仮)」
  • 報告(2):北川由紀彦(東洋英和女学院大学,立教大学)「ホームレス対策における包摂と排除(仮)」
トラックバック - http://socinfo.g.hatena.ne.jp/contractio/20100227

2010-02-25

[] カフェ・シアンティフィーク東京「リズムの科学:物理学で読み解くリズムのカタチ」  カフェ・シアンティフィーク東京「リズムの科学:物理学で読み解くリズムのカタチ」 - 日曜社会学>社会学的告知 を含むブックマーク はてなブックマーク -  カフェ・シアンティフィーク東京「リズムの科学:物理学で読み解くリズムのカタチ」 - 日曜社会学>社会学的告知  カフェ・シアンティフィーク東京「リズムの科学:物理学で読み解くリズムのカタチ」 - 日曜社会学>社会学的告知 のブックマークコメント

http://www.cafescientifique.jp/

  • ゲスト: 郡宏さん(お茶の水女子大学,アカデミック・プロダクション,特任助教
  • 日時: 2010年2月25日(木曜日)19:30~21:00
  • 場所: 現代HEIGHTS (京王井の頭線池ノ上駅より4分)

「リズム」と聞いて皆さんは何を思い浮かべますか? 音楽のリズム、チクタクと時を刻む振り子時計のリズム、それとも詩や短歌などにあらわれる言葉のリズムでしょうか。自然界でも、歩行や鼓動、活動と睡眠の繰り返し、ホタルの明滅といった生き物が持つリズムから、潮の満ち引きや氷河期の周期のような壮大なスケールのリズムまで、いたるところにリズムをみつけることができます。

リズムとリズムが出会うと、それらはまるで意志を持つ生き物のようにペースを調整し合い、小さなリズムの集まりから大きなリズムが生まれます。これはシンクロニゼーション(同期現象)と呼ばれます。体内時計やパーキンソン病の震えなど、身の回りのリズムはシンクロニゼーションによって生まれることがよくあります。

そんな森羅万象をつらぬくリズムとシンクロニゼーションを、どのような学問で読み解くことができるでしょうか?物理学?数学?数理生物学?これらとは違った見方をする「新しい自然学」というものが近年提案されています。今年のワークショップでは、リズムを「新しい自然学」の立場から理論的に捉えようと挑戦している郡宏さんが、振り子やメトロノーム、ホタル、化学反応など身近な例を通して、リズムのもたらす不思議で豊かな現象と、リズムの現代科学における可能性についてみなさんと一緒に考えたいと思います。

今回もまた、楽しいひとときになりそうです。

トラックバック - http://socinfo.g.hatena.ne.jp/contractio/20100225

2010-02-24

[] 科学・技術と社会の会 168th  科学・技術と社会の会 168th - 日曜社会学>社会学的告知 を含むブックマーク はてなブックマーク -  科学・技術と社会の会 168th - 日曜社会学>社会学的告知  科学・技術と社会の会 168th - 日曜社会学>社会学的告知 のブックマークコメント

http://www.l.u-tokyo.ac.jp/sociology/

今回は、食品安全委員会の研究で知られる神里達博氏をお招きし、科学論からみた政府委員会の可能性と困難について話題を提供していただきます。興味ぶかい議論が期待されます。ふるってご参加ください。

  • 日時:2010年2月24日(水) 6:00~8:00 PM
  • 場所:東京大学山上会館 203号室(地図
  • 話題提供者:神里達博氏(東京大学
    • テーマ:「食品安全委員会設立の背景および経緯と、その問題点」

神里氏の発表概要は、科学・技術と社会の会のウェブサイト(http://www.l.u-tokyo.ac.jp/JASTS/)に掲載されています。どうぞご覧下さい。

[] 行為論研究会  行為論研究会 - 日曜社会学>社会学的告知 を含むブックマーク はてなブックマーク -  行為論研究会 - 日曜社会学>社会学的告知  行為論研究会 - 日曜社会学>社会学的告知 のブックマークコメント

問い合わせは、木村正人さん(早稲田大学) masato7[a]hotmail.com まで。

このたび、行為論研究会では、下記の要領で第一回「行為論研究」報告会を開催することになりました。

本研究会は、行為論にかかわる分析哲学、現象学、倫理学それぞれの最新の成果を通じて、これらのあいだに領域横断的な対話を深め、共同行為の責任と倫理をめぐる今日的課題について新たな展望を切り拓くことを目的として活動する若手主体の研究会であり、今回はじめてまとまった研究報告会を開催します。

直前のご案内でたいへん恐縮ですが、ご関心をおもちのかたは奮ってご参加ください(事前申し込みの必要はありません)。

なお、開催は2月22日と24日の二日であり、一日間が空きます。ご参加の際にはご注意ください。


第一回「行為論研究」報告会

  • 日時:2010年 2月22日(月) 24(水)
  • 場所:東京大学駒場キャンパス14号館708教室
2月22日(月)
  • 13:00-14:00 河島一郎(東洋大学)「適合の方向について」
  • 14:00-15:00 竹内聖一(東京大学)「動機づけの理論について」
  • 15:00-15:15 休憩
  • 15:15-16:15 島村修平(日本学術振興会)「コミットメントと視点の二元性 :非自然主義的行為論の可能性についての検討」
2月24日(水)
  • 13:00-14:00 池田喬(日本学術振興会)「アイデンティティに基づく行為者論の批判的検討:コースガード・テイラー・ハイデガー
  • 14:00-15:00 木村正人(早稲田大学)「意志と行為の現象学――その源流」
  • 15:00-15:15 休憩
  • 15:15-16:15 星川道人(東京大学大学院)「自己欺瞞と本来的な「自己」について」
トラックバック - http://socinfo.g.hatena.ne.jp/contractio/20100224

2010-02-23

[] STS Network Japan研究会:読書会「スティーブ・フラーを読む」  STS Network Japan研究会:読書会「スティーブ・フラーを読む」 - 日曜社会学>社会学的告知 を含むブックマーク はてなブックマーク -  STS Network Japan研究会:読書会「スティーブ・フラーを読む」 - 日曜社会学>社会学的告知  STS Network Japan研究会:読書会「スティーブ・フラーを読む」 - 日曜社会学>社会学的告知 のブックマークコメント

http://blog.stsnj.org/2010/02/blog-post.html

読書会の趣旨: STS Network Japanでは、3月28日(日)にスティーヴ・フラーの合評会をおこないます。

これは、2009年12月に、フラーの著書が3冊同時に翻訳刊行されたことに触発されて、フラーの主張や問題提起を幅広く再検討したいと思い、企画したものです。この合評会に向けた読書会を、2月23日(火)、3月9日(火)、3月23日(火)に開催します。各回とも、担当者が著書の概要を簡単に紹介した後、参加者全員で論点を検討します。

(第1回)テーマ:知識人論、社会認識論

(第2回)テーマ:クーン論

(第3回)テーマ:ナレッジマネジメント論、社会認識論


トラックバック - http://socinfo.g.hatena.ne.jp/contractio/20100223

2010-02-22

[] 行為論研究会  行為論研究会 - 日曜社会学>社会学的告知 を含むブックマーク はてなブックマーク -  行為論研究会 - 日曜社会学>社会学的告知  行為論研究会 - 日曜社会学>社会学的告知 のブックマークコメント

問い合わせは、木村正人さん(早稲田大学) masato7[a]hotmail.com まで。

このたび、行為論研究会では、下記の要領で第一回「行為論研究」報告会を開催することになりました。

本研究会は、行為論にかかわる分析哲学、現象学、倫理学それぞれの最新の成果を通じて、これらのあいだに領域横断的な対話を深め、共同行為の責任と倫理をめぐる今日的課題について新たな展望を切り拓くことを目的として活動する若手主体の研究会であり、今回はじめてまとまった研究報告会を開催します。

直前のご案内でたいへん恐縮ですが、ご関心をおもちのかたは奮ってご参加ください(事前申し込みの必要はありません)。

なお、開催は2月22日と24日の二日であり、一日間が空きます。ご参加の際にはご注意ください。


第一回「行為論研究」報告会

  • 日時:2010年 2月22日(月) 24(水)
  • 場所:東京大学駒場キャンパス14号館708教室
2月22日(月)
  • 13:00-14:00 河島一郎(東洋大学)「適合の方向について」
  • 14:00-15:00 竹内聖一(東京大学)「動機づけの理論について」
  • 15:00-15:15 休憩
  • 15:15-16:15 島村修平(日本学術振興会)「コミットメントと視点の二元性 :非自然主義的行為論の可能性についての検討」
2月24日(水)
  • 13:00-14:00 池田喬(日本学術振興会)「アイデンティティに基づく行為者論の批判的検討:コースガード・テイラー・ハイデガー
  • 14:00-15:00 木村正人(早稲田大学)「意志と行為の現象学――その源流」
  • 15:00-15:15 休憩
  • 15:15-16:15 星川道人(東京大学大学院)「自己欺瞞と本来的な「自己」について」
トラックバック - http://socinfo.g.hatena.ne.jp/contractio/20100222

2010-02-20

[] ラボ調査データセッション  ラボ調査データセッション - 日曜社会学>社会学的告知 を含むブックマーク はてなブックマーク -  ラボ調査データセッション - 日曜社会学>社会学的告知  ラボ調査データセッション - 日曜社会学>社会学的告知 のブックマークコメント

http://d.hatena.ne.jp/aki8/20100207

ラボ調査データセッションのお知らせ

ラボ調査のヴィデオクリップを素材とするデータセッションを行っています。興味関心のある方の参加を歓迎します。

第4回
  • 2010年2月20日(土)
  • 14:00-18:00
  • 成城大学3号館3614室
  • データ提供者:南 保輔・秋谷直矩
第5回
  • 2010年3月27日(土)
  • 14:00-18:00
  • 成城大学3号館3614室
  • データ提供者:南 保輔・秋谷直矩

それぞれのデータについて、2時間ずつを予定しています。

資料準備の関係上、参加希望の方は事前にご連絡ください。

こちらの記事を見た方は akiya0427[at]gmail.com までお願いします。

とかくとっつきにくいイメージを持たれている(?) emcaですが、「見てわかるレベル」でビデオデータを見、そしてそのデータから見て取れる人々の活動に即した分析を行うという点で、実のところ、参加のハードルは非常に低いものです。ですので、気楽にご参加いただければと思います。とくにビデオデータをとりあえず撮ってみたものの、どのように分析したらいいかわからない修士/博士の院生の方などには勉強のヒントになるかもしれません。

トラックバック - http://socinfo.g.hatena.ne.jp/contractio/20100220