Hatena::Groupsocinfo

日曜社会学>社会学的告知 このページをアンテナに追加 RSSフィード

ただいま、はてなグループの→「カレンダー」機能の使用を検討中。
告知申請は →掲示板*か メール にて。

2010-05-29

[] 関東社会学会修論フォーラム  関東社会学会修論フォーラム - 日曜社会学>社会学的告知 を含むブックマーク はてなブックマーク -  関東社会学会修論フォーラム - 日曜社会学>社会学的告知  関東社会学会修論フォーラム - 日曜社会学>社会学的告知 のブックマークコメント

http://wwwsoc.nii.ac.jp/kss/meeting/information.html#section_3

  • 日 時: 2010年5月29日(土)14:00~18:00(予定)
  • 会 場: 早稲田大学早稲田キャンパス

[] 哲学/倫理学セミナー  哲学/倫理学セミナー - 日曜社会学>社会学的告知 を含むブックマーク はてなブックマーク -  哲学/倫理学セミナー - 日曜社会学>社会学的告知  哲学/倫理学セミナー - 日曜社会学>社会学的告知 のブックマークコメント


第一部  14時30分から15時30分まで 

  • 構想発表 「ヘーゲルの行為論」 海上 隆政

『法の哲学』において行為は、第2部「道徳性」に固有の概念として厳格に規定されている。しかし『精神現象学』に遡れば、行為は多様な境位において語られている。その主要な箇所を挙げれば、V「理性の確信と真理」のB「理性的自己意識の自己自身による現実化」、VI「精神」のA「真なる精神 人倫」における「人倫的行為」とC「自己自身を確信している精神 道徳性」となるだろう。以上の三つの箇所で論じられる問題は『法の哲学』にも見いだすことができる。しかしこれらについて『精神現象学』と『法の哲学』の接続を具体的にあとづけることには困難が予想される。まず挙げられる理由としては、しばしば指摘される構成上の大きな差異がある。本発表ではそうした構成上の問題には深入りしないが、行為をめぐるいくつかの問題に論点を絞って『精神現象学』と『法の哲学』を検討する。そうすることで『法の哲学』において行為概念が規定されたことが、いかなる意味をもつのかを検討したい。


第二部  15時40分から16時40分まで

  • 構想発表 「ヘーゲル論理学の時間論的読解のための歴史的諸前提」 三重野 清顕

ヘーゲルにおいて「矛盾」は最重要ともいえる概念であるが、その解釈

は論者によってひどく多様である。矛盾の例として「上と下、右と左、父

と息子」などをヘーゲルは挙げている。これらはしばしば「不適切な例」

として批判の対象となってきた。しかしこれに類する例は、ヘーゲル自身

が実際に参照しえたかどうか確認することは困難であるとはいえ、歴史上

多くの重要な文脈においてしばしば登場してきたものである。本発表では

それらを整理することで、ヘーゲルの矛盾論を歴史的文脈に位置付けるこ

とを試みつつ、さらにヘーゲルの論理学を時間論として読解することの

可能性を検討してみたい。

  • 【参考文献】
トラックバック - http://socinfo.g.hatena.ne.jp/contractio/20100529

2010-05-23

[] 政治思想学会  政治思想学会 - 日曜社会学>社会学的告知 を含むブックマーク はてなブックマーク -  政治思想学会 - 日曜社会学>社会学的告知  政治思想学会 - 日曜社会学>社会学的告知 のブックマークコメント

http://wwwsoc.nii.ac.jp/jcspt/events/index.html

トラックバック - http://socinfo.g.hatena.ne.jp/contractio/20100523

2010-05-22

[] 政治思想学会  政治思想学会 - 日曜社会学>社会学的告知 を含むブックマーク はてなブックマーク -  政治思想学会 - 日曜社会学>社会学的告知  政治思想学会 - 日曜社会学>社会学的告知 のブックマークコメント

http://wwwsoc.nii.ac.jp/jcspt/events/index.html

[] 民主教育研究所シンポジウム「戦後教育学理論への批判と継承をめぐって」  民主教育研究所シンポジウム「戦後教育学理論への批判と継承をめぐって」 - 日曜社会学>社会学的告知 を含むブックマーク はてなブックマーク -  民主教育研究所シンポジウム「戦後教育学理論への批判と継承をめぐって」 - 日曜社会学>社会学的告知  民主教育研究所シンポジウム「戦後教育学理論への批判と継承をめぐって」 - 日曜社会学>社会学的告知 のブックマークコメント

要事前申込。http://min-ken.org/?p=406

シンポジウム:
戦後教育学理論への批判と継承をめぐって
──ポストモダンの教育議論を視野において堀尾理論継承の視点を考える──

  • 期日:5月22日(土曜日)
  • 時間:午後1時30分から6時まで
  • 会場:全国教育文化会館3階
  • 内容:
    • 発題 佐貫浩民研運営委員・『人間と教育』編集長・法政大学
    • 報告
      • 後藤道夫氏(都留文科大学・哲学)
      • 田中昌弥氏(都留文科大学・教育学)
      • 岩川直樹(埼玉大学・倫理学)・・・・・
    • コメント
      • 児美川孝一郎(民研運営委員・法政大学)
      • 世取山洋介(新潟大学
      • 田中孝彦(都留文科大学・民研研究委員)
トラックバック - http://socinfo.g.hatena.ne.jp/contractio/20100522

2010-05-15

[] 社会学理論学会ワークショップ「新しい個人主義と現代日本―― アンソニー・エリオット教授を招いて ――」  社会学理論学会ワークショップ「新しい個人主義と現代日本―― アンソニー・エリオット教授を招いて ――」 - 日曜社会学>社会学的告知 を含むブックマーク はてなブックマーク -  社会学理論学会ワークショップ「新しい個人主義と現代日本―― アンソニー・エリオット教授を招いて ――」 - 日曜社会学>社会学的告知  社会学理論学会ワークショップ「新しい個人主義と現代日本―― アンソニー・エリオット教授を招いて ――」 - 日曜社会学>社会学的告知 のブックマークコメント

http://wwwsoc.nii.ac.jp/sst/html/conference.html

2010年5月15日に、千葉大学西千葉キャンパスで、ワークショップを開催いたします。積極的なご参加をお願い致します。

  • 5月15日(土) 14:00~16:30
  • 千葉大学西千葉キャンパス 人文社会科学研究科棟1階マルチメディア講義室

[] 経済理論史研究会  経済理論史研究会 - 日曜社会学>社会学的告知 を含むブックマーク はてなブックマーク -  経済理論史研究会 - 日曜社会学>社会学的告知  経済理論史研究会 - 日曜社会学>社会学的告知 のブックマークコメント

<第1セッション>(14:00 -15:40)

  • 「ネッケルの政治経済学における世論・市場・介入主義」
    • 報告者:安藤裕介氏(立教大学大学院)
    • 討論者:浅野清氏(東洋大学経済学部)
    • 司会:伊藤誠一郎氏(大月短期大学

<第2セッション>(15:50-17:30)

  • 「日本社会の「イエ」的構成(再考)」
    • 報告者:浅野清氏(東洋大学経済学部)
    • 討論者:佐藤方宣氏(大東文化大学経済学部)
    • 司会:高橋聡氏(中央大学など非常勤)

会終了後に懇親会を用意しておりますので、そちらもふるってご参加ください。

  • 問い合わせ先:経済理論史研究会・事務局 太子堂正称(taishido[atmark]toyonet.toyo.ac.jp)

[] 現代規範理論研究会・2010年5月例会  現代規範理論研究会・2010年5月例会 - 日曜社会学>社会学的告知 を含むブックマーク はてなブックマーク -  現代規範理論研究会・2010年5月例会 - 日曜社会学>社会学的告知  現代規範理論研究会・2010年5月例会 - 日曜社会学>社会学的告知 のブックマークコメント

via econthought.net

  • 日時 5月15日(土) 13:00~18:00
  • 会場 専修大学神田校舎7号館784教室
  • 報告
    • 福原正人(千葉大学・博士前期課程)
      「現代リベラリズムにおける正戦論再構成のための予備的考察―M.ウォルツァーを中心に」
    • 中野剛充(千葉大学
      「チャールズ・テイラーの社会哲学研究――『世俗の時代』を中心に--」(博士論文構想報告)
トラックバック - http://socinfo.g.hatena.ne.jp/contractio/20100515

2010-05-07

[] 第3回社会政治研究会(Social Politics Forum)  第3回社会政治研究会(Social Politics Forum) - 日曜社会学>社会学的告知 を含むブックマーク はてなブックマーク -  第3回社会政治研究会(Social Politics Forum) - 日曜社会学>社会学的告知  第3回社会政治研究会(Social Politics Forum) - 日曜社会学>社会学的告知 のブックマークコメント

  • 日時 2010年5月7日(金)17:30~20:30
  • 会場 名古屋大学全学教育棟(情報文化学部)北棟4階406(多目的講義室)
      (www.env.nagoya-u.ac.jp/contact/map.htmlの13番から 4階に上がり、エレベーターを降りて左手へお進み下さい)
《第一報告》
  • 江里口拓(愛知県立大学)「ウェッブ夫妻の福祉国家論とその周辺をめぐって――経済思想史から見た社会政策論の現代的可能性」
《第二報告》
  • 大井由紀(南山大学)「セキュリタイゼーションにおける移民――19世紀末・在米チャイニーズを事例として」

飛び入り参加も歓迎いたしますが、準備の都合上、事前に上村(kamimura[atmark]lit.nagoya-u.ac.jp)まで御一報いただければ幸いです。なお、終了後の懇親会もぜひ御予定下さい。

http://d.hatena.ne.jp/TamuraTetsuki/20100507
トラックバック - http://socinfo.g.hatena.ne.jp/contractio/20100507