Hatena::Groupsocinfo

日曜社会学>社会学的告知 このページをアンテナに追加 RSSフィード

ただいま、はてなグループの→「カレンダー」機能の使用を検討中。
告知申請は →掲示板*か メール にて。

2010-07-24

[] 第11回リプロダクション研究会「妊娠期の超音波画像診断(エコー)と社会」/科研費研究「女性に親和的なテクノロジーの探求と新しいヘルスケア・システムの創造」共催  第11回リプロダクション研究会「妊娠期の超音波画像診断(エコー)と社会」/科研費研究「女性に親和的なテクノロジーの探求と新しいヘルスケア・システムの創造」共催 - 日曜社会学>社会学的告知 を含むブックマーク はてなブックマーク -  第11回リプロダクション研究会「妊娠期の超音波画像診断(エコー)と社会」/科研費研究「女性に親和的なテクノロジーの探求と新しいヘルスケア・システムの創造」共催 - 日曜社会学>社会学的告知  第11回リプロダクション研究会「妊娠期の超音波画像診断(エコー)と社会」/科研費研究「女性に親和的なテクノロジーの探求と新しいヘルスケア・システムの創造」共催 - 日曜社会学>社会学的告知 のブックマークコメント

要事前申込。詳細:http://homepage2.nifty.com/~shirai/html/repro.html

エコー(超音波画像診断装置)が日本の産婦人科に普及して20年がたった。現在では胎児の段階で診断がされたり、さらに「胎児治療」まで用途が広がっている。 エコーは医療現場ではもはやなくてはならない道具の一つである。

しかし産婦人科的にも、助産学的にも、妊産婦の認識や行動としても、それは単なる「診断と治療のための道具」だけではない。

 妊婦はエコー写真をアルバムにし、胎児が視覚化されることで時には人工妊娠中絶を思いとどまり、医療者も妊婦もエコーのモニターを見ながら「かわいい」と楽しむ。

 一方で超音波画像診断装置(エコー)は、企業措置政策として政策的に普及が推し進められ、医療経済の市場拡大に大きく貢献した。行政が補助する妊婦健診にエコーが盛り込まれたことには、どのようなインパクトがあるだろうか。妊婦健診はどのように変わり、妊婦はどのように変容してきたのだろうか。

 第11回リプロダクション研究会では、妊娠期の超音波画像診断(エコー)の社会的側面について考えたい。

【報告】

  • 白井千晶(日本学術振興会特別研究員)「妊娠期のエコーの使われ方の現状:マタニティ誌と産院の広報を中心に」(話題提供) あるいは
    「妊娠期のエコーに関する社会学論文レビュー:エコーは『赤ちゃんの初めての写真』」

  • 鈴井江三子(川崎医療福祉大学)「日本における産婦人科領域へのエコー導入の経緯と、妊婦の身体感覚と胎児観の変化」

報告概要 

2010年現在、日本における妊婦健診は、毎回超音波診断が提供されるという特異な様相を呈している。一体いつから、妊婦健診に超音波診断装置が導入され、普及していったのか。また、同装置が急速に普及・浸透していった要因は何なのか。戦後の医療制度再編と、産業構造の転換からみえる要因とそれに伴う諸政策を考察する。 そして、その結果、サービスの受け手である妊婦はどう変容したのか。これまでの著者の既出報告を基に、医療テクノロジーと妊婦の身体感覚への影響について考察する。


  • 【参加費】資料代として500円
  • 【共催】2009-2011年度 文部科学省(新学術領域)「女性に親和的なテクノロジーの探求と新しいヘルスケア・システムの創造」(代表 日比野由利)
トラックバック - http://socinfo.g.hatena.ne.jp/contractio/20100724