Hatena::Groupsocinfo

日曜社会学>社会学的告知 このページをアンテナに追加 RSSフィード

ただいま、はてなグループの→「カレンダー」機能の使用を検討中。
告知申請は →掲示板*か メール にて。

2010-09-18

[] 第8回責任の文化的形成セミナー  第8回責任の文化的形成セミナー - 日曜社会学>社会学的告知 を含むブックマーク はてなブックマーク -  第8回責任の文化的形成セミナー - 日曜社会学>社会学的告知  第8回責任の文化的形成セミナー - 日曜社会学>社会学的告知 のブックマークコメント

http://www.cci.jambo.africa.kyoto-u.ac.jp/

2007年度より行ってきた「責任の文化的形成セミナー」の第8回研究会を9月17日(金)-18日(土)に京都大学で開催いたします.今回は,Max Planck Institutefor Psycholinguistics(オランダ)のPenelope Brown博士およびCentro deInvestigaciones y Estudios Superiores en Antropologia Social(CIESAS, メキシコ)のLourdes de Leon博士をお招きします.

Brown博士は語用論,言語人類学,子どもの言語獲得などに関する世界的な権威で,Brown, P. & Levinson, S. C. 1987.Politeness: Some Universals in Language Usage. Cambridge UPをはじめとする数々の優れた業績で知られています.

De Leon博士は,Tzotzil Mayaでのフィールドワークを通じて語用論,言語人類学,養育者-子ども間相互行為に関する素晴らしい業績をあげてこられています.

お二方とも今回が初の来日です.今回は,お二人と研究上の関連の深い気鋭の研究者が集まって以下の日程で国際シンポジウムを行います.発表要旨等の詳細は下記のウェブサイトをご参照下さい.

オープンな研究会ですのでみなさま何とぞふるってご参加下さい.

8th Symposium on the Cultural Formation of Responsibility

  • Venue: AA447, 4th Floor, Research Building No.2, Yoshida Campus, KyotoUniversity(場所:京都大学吉田本部構内 総合研究2号館4階 AA447)
    http://www.asafas.kyoto-u.ac.jp/about/access.html
    * Located at south-east of Hyakumanben Junction, NOT Kawabata.(百万遍南東角付近です.川端キャンパスではないのでご注意ください)
Schedule 17th September 2010 (Fri)
  • 13:00-13:10 Introduction Akira Takada (Kyoto Univ.)
  • 13:10-14:20
    Interactional analysis of the give-and-take activity
    Akira Takada (Kyoto Univ.)
  • 14:30-15:50
    Triadic participation frameworks and affect in Zinacantec Mayan language socialization: The emergence and design of the overhearer Lourdes de Leon (CIESAS)
  • 16:00-17:20
    Learning language and culture through social interaction: A (modified) language socialization perspective Penelope Brown (Max Planck Institute for Psycholinguistics)
18th September 2010 (Sat)
  • 13:00-13:50
    Identity work and membership construction through donatory auxiliary verbs in Japanese: A case of political candidates' oratory discourse
    Keiko Ikeda (Kansai Univ.)
  • 14:00-14:50
    Epistemic stance marking in Mandarin conversation
    Tomoko Endo (Kyoto Univ.)
  • 15:00-15:50
    Subjectivity and perspectives on five senses in Japanese
    Yufuko Takashima (Kyoto City University of Arts)
  • 16:00-16:50
    Indirectness, participation, and affect in directive-response trajectories: A look at Tzotzil Mayan strategies for socializing children’s attention Lourdes de Leon (CIESAS)
  • 17:00-17:30
    General discussion
    Discussant
    Penelope Brown (Max Planck Institute for Psycholinguistics)

Each slot includes talk and discussion. All talks are given in English

without translation. Discussion can be made either in English or in

Japanese. Admission free. No need to make reservation.

(いずれの発表も質疑の時間を含みます.発表は英語で行います.通訳はつきません.討論は日本語・英語のどちらでもよいです.国際シンポジウムは無料で,当日の御参加は自由です)


トラックバック - http://socinfo.g.hatena.ne.jp/contractio/20100918