Hatena::Groupsocinfo

日曜社会学>社会学的告知 このページをアンテナに追加 RSSフィード

ただいま、はてなグループの→「カレンダー」機能の使用を検討中。
告知申請は →掲示板*か メール にて。

2011-01-30

[] 『日本のフェミニズム』全12巻完結記念公開シンポジウム  『日本のフェミニズム』全12巻完結記念公開シンポジウム - 日曜社会学>社会学的告知 を含むブックマーク はてなブックマーク -  『日本のフェミニズム』全12巻完結記念公開シンポジウム - 日曜社会学>社会学的告知  『日本のフェミニズム』全12巻完結記念公開シンポジウム - 日曜社会学>社会学的告知 のブックマークコメント

  • 主催:『日本のフェミニズム』全12巻完結記念シンポ実行委員会
  • 共催:東京大学ジェンダーコロキアム
  • 後援:東北大学グローバルCOEプログラム「グローバル時代の男女共同参画と多文化共生」東京大学社会科学研究所連携拠点・岩波書店

旧版『日本のフェミニズム』全7冊別冊1(1994-96)から15年。

1990年代以降に飛躍的に発展した女性学・ジェンダー研究の成果をとりいれて増補新版『新編 日本のフェミニズム』全12巻(2009-2011)が、第9巻『グローバリゼーション』(刊行予定2011.1.28)をもって完結します。

このアンソロジーは、日本のフェミニズムの財産目録というべきもので、次世代にバトンを手渡すためにつくられました。

長期にわたる関係者の尽力に感謝し、完結を記念して以下の公開シンポジウムを開催します。

★プログラム★

  • ◆総合司会:十時由紀子
  • ■開会挨拶 編集者の立場から 十時由紀子(岩波書店)
◆第1部 
  • 完結にあたって:「日本のフェミニズム」を手渡すために 編者を代表して 井上輝子(和光大学)
  • アンソロジーの政治   上野千鶴子(東京大学)

◆第2部 「日本のフェミニズム」を若い世代が読む
  • 40代が読む 岡野八代(同志社大学)
  • 30代が読む 熱田敬子(早稲田大学)
  • 20代が読む 草野由貴(東京大学)
◆第3部 15年後にアンソロジー改訂版をつくるとしたら?3つの編集方針をめぐって
  • 日本語圏を超えて(言語ナショナリズム批判) 北村文(明治学院大学)
  • 当事者性とヘテロセクシズム(異性愛主義批判) 齋藤圭介(東京大学)
  • メディアの多様化(印刷メディア至上主義批判) 妙木忍(東京外語大学)
◆第4部 司会 千田有紀(武蔵大学)
  • コメントに応えて 編者全員 
    • 天野正子(東京家政学院大学)・井上輝子(和光大学)・伊藤公雄(京都大学)・伊藤るり(一橋大学)・上野千鶴子(東京大学)・江原由美子(首都大学東京)・大沢真理(東京大学)・加納実紀代(敬和学園大学)・斎藤美奈子(評論家) 
  • 討論

  • ■閉会挨拶 江原由美子(首都大学東京)

  • 入場料:無料(ただし資料代500円をちょうだいします)

★参考★

  • 【『新版』と略称】天野正子・伊藤公雄・伊藤るり・井上輝子・上野千鶴子・江原由美子・大沢真理・加納実紀代編/斎藤美奈子編集協力2009-2011『新編 日本のフェミニズム』全12巻、岩波書店
    • 1リブとフェミニズム/2フェミニズム理論/3性役割/4権力と労働/5母性/6セクシュアリティ/7表現とメディア/8ジェンダーと教育/9グローバリゼーション/10女性史・ジェンダー史/11フェミニズム文学批評/12男性学)
      http://www.iwanami.co.jp/cgi-bin/qsearch

  • 【『旧版』と略称】井上輝子・上野千鶴子・江原由美子編/天野正子編集協力1994-96『日本のフェミニズム』全7冊・別冊1、岩波書店
    • 1リブとフェミニズム/2フェミニズム理論/3性役割/4権力と労働/5母性/6セクシュアリティ/7表現とメディア/別冊男性学

[] 現代経済思想研究会(第8回):合評会 中野剛志編著『成長なき時代の「国家」を構想する』  現代経済思想研究会(第8回):合評会 中野剛志編著『成長なき時代の「国家」を構想する』 - 日曜社会学>社会学的告知 を含むブックマーク はてなブックマーク -  現代経済思想研究会(第8回):合評会 中野剛志編著『成長なき時代の「国家」を構想する』 - 日曜社会学>社会学的告知  現代経済思想研究会(第8回):合評会 中野剛志編著『成長なき時代の「国家」を構想する』 - 日曜社会学>社会学的告知 のブックマークコメント

http://econthought.net/

  • 下記の要領で第8回研究会を開催いたします。
  • 終了後、懇親会(新年会)も開催いたします。ぜひご予定にお組み入れいただけますと幸いです。

※開催曜日が通例と異なりますのでご注意ください。

合評会:中野剛志編著『成長なき時代の「国家」を構想する――経済政策のオルタナティヴ・ヴィジョン』ナカニシヤ出版、2010年12月

http://www.nakanishiya.co.jp/modules/myalbum/photo.php?lid=699

※今回は、まず本書「第I部」を中心にコメントとリプライをいただいた上で、本書の試み全体について、フロアを交え討論を行う予定です。

  • コメント:松原隆一郎(東京大学大学院総合文化研究科)
  • リプライ:中野剛志(京都大学大学院工学研究科) 
  • 司会:太子堂正称(東洋大学経済学部)
  • なお当研究会は所属・身分・専門の別を問わずご参加いただけますが、配付資料や会場準備の関係上、可能な限り事前のご連絡をお願いしています。当日朝の連絡でも結構ですので、どうぞご協力お願いいたします。

※ 連絡先:世話人代表・佐藤方宣(masasato[at mark]ic.daito.ac.jp).

※ 研究会の詳細については情報サイトもご参照ください.http://econthought.net/

トラックバック - http://socinfo.g.hatena.ne.jp/contractio/20110130

2011-01-29

[] 第七二回 哲学/倫理学セミナー  第七二回 哲学/倫理学セミナー - 日曜社会学>社会学的告知 を含むブックマーク はてなブックマーク -  第七二回 哲学/倫理学セミナー - 日曜社会学>社会学的告知  第七二回 哲学/倫理学セミナー - 日曜社会学>社会学的告知 のブックマークコメント

http://pe-seminar.web.infoseek.co.jp/

第一部 13時30分から13時40分まで

  • 2010年 会計報告

第二部 13時40分から15時00分まで 

  • 構想発表「マイモンによる関係の存在論――アリストテレスの「自体的付帯性」との比較において」三重野 清顕

時間における出来事が一切偶然性を含まないとすれば、時間は単に「遅れてきた永遠性」にすぎず、その作用は二次的なものにとどまるであろう。しかし端的に偶然的なものについての学はありえない。したがって、もし本来的な歴史哲学が可能であるとすれば、真理の永遠性と非学問的な偶然性の中間領域においてのみであることになる。ここでは、時間の作用をただ永遠性へと解消するのでなく、なお学知を条件づける何らかの必然性を求める必要がある。また古代以来、同様の課題は「定義」と「付帯性」の中間領域としての「固有性」をめぐる思考においてすでに試みられていたように思われる。本構想発表では、マイモンにおける「規定可能性の原則」の位置づけを確認しながら、一方ではその発想をアリストテレスにおける「自体的付帯性」と比較するとともに、また他方ではフィヒテにおけるマイモンの思考の継承を確認することで、ドイツ観念論の歴史哲学的な思考様式のひとつの特徴を明らかにすることをめざしたい。

【参考文献】

第三部 15時10分から16時40分まで

  • 発表  「レヴィナスとコジェーヴ」木元 麻里

レヴィナスの主著のなかで、コジェーヴが主題的に論じられる箇所はない。しかし、1933年から1939年 にかけてパリ高等研究院で行われた、ヘーゲルの『精神現象学』についてのコジェーヴの講義に、バタイユ、ラカン、クノー、メルロ=ポンティ、ヴェイユ、イポリットといった面々に交じり、レヴィナスの姿もあったと言われている。とすれば、当時のフランスにおけるヘーゲル受容に、圧倒的な影響力を持ったといわれるコジェーヴは、レヴィナスのヘーゲル理解、ないし、レヴィナス自身の思想形成に少なからず影響を与えたのではないか。本発表では、主として『全体性と無限』のなかのいくつかの概念を通じて、コジェーヴとの接点を考えてみることにしたい。それにより、コジェーヴの「ひそかな聴衆のひとり」であったレヴィナスの姿が見えてくるのではないかと思われる。

【参考文献】
トラックバック - http://socinfo.g.hatena.ne.jp/contractio/20110129

2011-01-28

[] IGS研究会:岡野八代「政治思想とフェミニズム理論の乖離と接近」  IGS研究会:岡野八代「政治思想とフェミニズム理論の乖離と接近」 - 日曜社会学>社会学的告知 を含むブックマーク はてなブックマーク -  IGS研究会:岡野八代「政治思想とフェミニズム理論の乖離と接近」 - 日曜社会学>社会学的告知  IGS研究会:岡野八代「政治思想とフェミニズム理論の乖離と接近」 - 日曜社会学>社会学的告知 のブックマークコメント

要申し込み。先着25名。

  • 日時 2011年1月28日(金)14:00-17:00 
  • 会場 お茶の水女子大学 本館 カンファレンスルーム(135室)
  • 報告 岡野八代 (同志社大学)「政治思想とフェミニズム理論の乖離と接近──「ケアの倫理」を中心に」
  • 問合せ先
    • お茶の水女子大学ジェンダー研究センター igsoffice@cc.ocha.ac.jp
トラックバック - http://socinfo.g.hatena.ne.jp/contractio/20110128

2011-01-22

[] リプロダクション研究会 講演会「国境を越える身体とツーリズム」  リプロダクション研究会 講演会「国境を越える身体とツーリズム」 - 日曜社会学>社会学的告知 を含むブックマーク はてなブックマーク -  リプロダクション研究会 講演会「国境を越える身体とツーリズム」 - 日曜社会学>社会学的告知  リプロダクション研究会 講演会「国境を越える身体とツーリズム」 - 日曜社会学>社会学的告知 のブックマークコメント

http://homepage2.nifty.com/~shirai/html/repro.html

企画目的

 日本においても、海外で卵子提供、精子提供、代理出産を受けるために渡航するケースが少なくないことは、周知の通りです。

 子を育てようとする者以外の人が関わる(第三者が関わる)生殖技術が適用される時に、制度的な差異、経済的な差異などの差異・格差が利用されています。

 第13回リプロダクション研究会では、グローバル化する社会における身体や臓器の資源化、商品化について考えるために、より広い社会的コンテクスト・現況を学ぶ機会を設けたいと思います。

 生殖ツーリズム、移植ツーリズム、国際養子縁組など、国境を越えてやりとりされる身体・臓器、国境を越えてマッチングされる親子について、3つの講演をいただくことにしました。

 ツーリズムで利益を享受するのは誰か、科学技術が国益をもたらすこと、身体の部品化、「提供」や「治療」に伴う規範の圧力、親の単数性や血縁の自明視、親子・家族関係の再考など、多くの示唆が得られることと思います。

 皆さまのご参加をお待ちしております。

  • 場所 明治学院大学 白金キャンパス 2301教室(←※2201より変更)
  • 時間 2011-01-22 13:00-16:30
  • 参加費 無料 資料代のカンパ(500円程度)をお願いします。
  • 申込 不要
  • 演題・報告者
    • 粟屋剛(岡山大学・医歯薬学総合研究科・生命倫理学分野/生命倫理・医事法)
      「アジアへの移植ツーリズム―その現実、法、倫理―」
      1980年代すでに日本人患者はフィリピンで腎臓移植を受けていた(臓器売買)。これが日本人のアジアへの移植ツーリズムの始まりだと思われる。その後日本人患者は中国で死刑囚からの腎臓の移植を受け始める。本報告ではこれらフィリピン臓器売買と中国死刑囚移植に関する諸調査の結果(概要)を紹介する。そして、それらに関する法規制について述べ、さらには倫理問題を論じる。
    • 柘植あづみ(明治学院大学・社会学部社会学科/医療人類学)
      「精子提供と卵子提供の比較検討」
       第三者が関わる「生殖補助技術」については、卵子や精子、代理出産などの商業的な側面が倫理的問題として指摘される。たしかに、精子や卵子の価格や、代理出産をする女性への報酬や斡旋料は市場原理によって決まり、技術を利用する者と技術を提供する者の経済格差は大きい。しかし問題はそれだけだろうか。精子と卵子の提供を比較検討しながら、身体由来の物質を提供することに関わる様々な社会的・文化的な課題を考えたい。
    • 出口顯(島根大学・法文学部/文化人類学)
      「養父母になった国際養子たち─スカンジナビアの国際養子縁組におけるアイデンティティと親子関係」
      スウェーデン、デンマーク、ノルウェーのスカンジナビア諸国では1960年代後半から、国際養子縁組が行われており、今日では、出生児数や人口10万に対する国際養子の割合からみると国際養子受け入れ国の上位一、二位を占めるほどである。当初戦災孤児などを救うという人道主義的立場からスタートした国際養子縁組は、現在不妊治療の代替策として定着している。国際養子の多くは、アジア・アフリカ・ラテンアメリ出身であり、そのため養父母や近隣の人々と「人種」が異なることは一目瞭然である。彼らは自らのアイデンティティについてどのように考えているのか。また養子縁組がスタートしてから40年以上経過している現在、成人した養子の中には、不妊などのため自らが国際養子の養親になる者たちも出てきている。彼らは親子関係をどのように考えているか。報告ではスライドを踏まえて、血は水よりも濃くないけれど、血を全く無視できるわけではない国際養子縁組について述べていく。
トラックバック - http://socinfo.g.hatena.ne.jp/contractio/20110122

2011-01-09

[][] シンポ「社会運動で語ること/伝わること/繋がること」  シンポ「社会運動で語ること/伝わること/繋がること」 - 日曜社会学>社会学的告知 を含むブックマーク はてなブックマーク -  シンポ「社会運動で語ること/伝わること/繋がること」 - 日曜社会学>社会学的告知  シンポ「社会運動で語ること/伝わること/繋がること」 - 日曜社会学>社会学的告知 のブックマークコメント

社会運動で語ること/伝わること/繋がること──関西在日・部落問題にかかわるトランスジェンダー〈土肥いつき〉との対話

 このたび、奈良女子大学<関西の社会運動を考えるシンポジウム>実行委員会では、「社会運動で語ること/伝わること/繋がること――関西在日・部落問題にかかわるトランスジェンダー<土肥いつき>との対話」と題しまして、シンポジウムを開催する運びとなりました。

 被差別部落、在日韓国朝鮮人にかかわるトランスジェンダー当事者である土肥いつきさんのセクシュアリティ入門を基調講演とし、障害の当事者で自立支援などの運動に携わる上野久美さんと、被差別部落、沖縄の問題などについて社会学的な研究をされている岸政彦さんを討論者に迎えします。そこに、トランスジェンダーについて相互行為論的なエスノグラフィを書いてきた鶴田幸恵と、吃音について歴史社会学的に考え、相互行為論についても探求している渡辺克典が司会に加わります。「語り」を通じて社会運動が「繋がっていく」ことを可能にする「人々の方法論(ethnomethodology)」に焦点を当てながら、「関西の社会運動」を考える視点や方法について、活動家と研究者のコラボレーションを通じ考えていくシンポジウムです。

 新年早々ではありますが、ご参集いただけますよう、よろしくお願い申し上げます。参加費は無料です。

タイムテーブル

  • 13:00 趣旨説明、登壇者紹介(鶴田幸恵)
  • 13:15 土肥いつきさん基調講演
  • 15:15 休憩(20分)
  • 15:35 上野久美さんのお話
  • 16:05 岸政彦さんのお話
  • 16:35 休憩(20分)
  • 16:55 コメントのリプライ、総合討論・質疑応答・まとめ
  • 17:45 閉会


  • 主催: <関西の社会運動を考えるシンポジウム>実行委員会
  • 連絡先: 代表 鶴田幸恵 trt-s[at]cc.nara-wu.ac.jp
  • 共催:奈良女子大学 アジア・ジェンダー文化学研究センター
    奈良女子大学大学院人間文化研究科 社会・地域学講座
トラックバック - http://socinfo.g.hatena.ne.jp/contractio/20110109

2011-01-08

[] 成城EMCA研究会:読書会とビデオデータセッション  成城EMCA研究会:読書会とビデオデータセッション - 日曜社会学>社会学的告知 を含むブックマーク はてなブックマーク -  成城EMCA研究会:読書会とビデオデータセッション - 日曜社会学>社会学的告知  成城EMCA研究会:読書会とビデオデータセッション - 日曜社会学>社会学的告知 のブックマークコメント

於 成城大学

[] ジュリー・ネルソン講演会/シンポジウム「ケア・エコノミーの現在」  ジュリー・ネルソン講演会/シンポジウム「ケア・エコノミーの現在」 - 日曜社会学>社会学的告知 を含むブックマーク はてなブックマーク -  ジュリー・ネルソン講演会/シンポジウム「ケア・エコノミーの現在」 - 日曜社会学>社会学的告知  ジュリー・ネルソン講演会/シンポジウム「ケア・エコノミーの現在」 - 日曜社会学>社会学的告知 のブックマークコメント

皆さまのお申し込みをお待ちしております。申し込みなしの当日参加も受け付けますが、事前に申し込みされている方を優先して会場にご案内いたします。

  • 日時:2011年1月8日(土)13:00-16:00(開場12:30)

シンポジウム「ケア・エコノミーの現在」

基調講演: Julie Nelson (University of Massachusetts at Boston) "A Critical Review of Recent Research on Care Economy"

〔同時通訳あり〕

  • コメンテーター:伊田久美子(大阪府立大学)、足立眞理子(お茶の水女子大学)
  • 会場:お茶の水女子大学人間文化創成科学研究科 全学共用研究棟6階大会議室
  • 申込:http://www.igs.ocha.ac.jp/

 基調講演を行なうジュリー・ネルソン氏は、Economics for Humans (Universityof Chicago Press, 2006)などの著書、Feminist Economics Today: BeyondEconomic Man (University of Chicago Press, 2003)などの共編著で知られるフェミニスト経済学研究者です。

 邦訳としては、S・カレンバーグ他編著『経済学と知』(御茶ノ水書房、2007年)収録の「フェミニスト経済学―客観的、活動家的、そしてポストモダンな?」(足立眞理子訳)があり、合理的経済人のモデルが等閑視している、他者のケアなどのさまざまな人間的事情を勘案した経済学を構想するケア・エコノミー研究およびフェミニスト経済学の現在について講演される予定です。

トラックバック - http://socinfo.g.hatena.ne.jp/contractio/20110108