Hatena::Groupsocinfo

日曜社会学>社会学的告知 このページをアンテナに追加 RSSフィード

ただいま、はてなグループの→「カレンダー」機能の使用を検討中。
告知申請は →掲示板*か メール にて。

2011-03-04

[] 第5回VNV年次大会「活動と注意:社会的行為のミクロとマクロ」  第5回VNV年次大会「活動と注意:社会的行為のミクロとマクロ」 - 日曜社会学>社会学的告知 を含むブックマーク はてなブックマーク -  第5回VNV年次大会「活動と注意:社会的行為のミクロとマクロ」 - 日曜社会学>社会学的告知  第5回VNV年次大会「活動と注意:社会的行為のミクロとマクロ」 - 日曜社会学>社会学的告知 のブックマークコメント

電子情報通信学会HCG第3種研究会

ヴァーバル・ノンヴァーバル・コミュニケーション研究会(VNV)

http://www.ieice.org/~vnv/

 日常場面でのコミュニケーションの分析では,「行為」をいかに記述するかが重要ですが,「行為とは何か」という問題はなかなか難しいものです.そこで,今回はこれをよりマクロな「活動」やよりミクロな「注意」といった概念と関連づけることによって,コミュニケーションという現象についてさらに理解を深め,認識を共有したいと考えています.

 一方で,行為は活動の文脈を参照しながら産出・理解されており,こうした考えは人工知能研究においては古典的なものでした.また,近年では,情報技術をさまざまなフィールドで応用する志向性が高まっており,こうした「現場」を理解する際にも,「活動」という観点は不可欠なものです.

 他方,リハビリテーションへの応用や福祉工学,教育工学などの分野では,われわれが普段「一つの行為・活動」だと見なしている「まとまり」の自明性を乗り越え,その下位の構成要素をいかにして意識化・顕在化するかが重要な課題になります.そのためには,われわれの行為を支えている「注意」や「知覚」を丹念に解明していくことが必要です.また,こうした視点は,ロボットの動作生成や日常生活場面のセンシングなどにおいても重要なものとなるでしょう.

 今回は,福島真人先生(東京大学大学院総合文化研究科,文化人類学),野中哲士先生(吉備国際大学保健福祉研究所,生態心理学),細馬宏通先生(滋賀県立大学,会話分析・ジェスチャー研究)の3人の先生方をお招きし,それぞれの立場からのご講演をお願いしております.また,これらのご講演の内容を踏まえたうえで,フロアを交えてのディスカッションにも十分な時間を充てたいと考えております.

プログラム
  • 13:00-13:10 趣旨説明 高梨克也(VNV委員長)
  • 13:10-14:10 講演1 行為場面から組織へ―直接観察と理論的構成 福島真人東京大学大学院総合文化研究科)
    特定の場面や状況におけるミクロの観察と,それを超えた組織的文脈の理解では何が異なるのであろうか.特定の場面の詳細な分析と,よりマクロの組織研究をつなぐにはどのような方策があるかを,筆者がこれまで関わってきた一連のフィールド(医療現場およびラボラトリ)を取り上げつつ,具体的に論じてみたい.
  • 14:15-15:15 講演2 モノを扱う行為における特定性の記述 野中哲士(吉備国際大学保健福祉研究所)
    J.J. Gibsonは,感覚受容器の外にある環境を探索する動物の活動に注目し,それをovert attention(行動に現れる注意)と呼んだ.探索活動に支えられ,行為は多様性を示しつつも,目的を達成するかたちで周囲とある一定の関係を築く.このように周囲の利用可能なモノに依存して創発する行為は,周囲と切り離してはその成り立ちを捉えることが難しい.本発表では,活動としての注意と行為をその周囲とあわせて記述する可能性について事例をまじえて議論したい.
  • 15:25-16:25 講演3 模倣的再現法 - グループホームのカンファレンスにおける身体動作 - 細馬宏通(滋賀県立大学人間文化学部)
    高齢者用グループホームで行われるカンファレンスでは,介護者が過去の介護行為や入居者の行為をジェスチャーによって真似る現象が多発する.この「模倣再現」が相互行為の中でいかに用いられているかを調べた結果,介護者は模倣再現を日誌報告と対比させ,テキストに表われない表現として強調することがわかった.また発話連鎖の中で,再現に埋め込まれたことばに表われない空間的手がかりは他の介護者のジェスチャーに引用,援用され,思考の中心となっていることがわかった.
  • 16:30-18:00 全体討論


  • お問い合わせ: 高梨克也(京都大学学術情報メディアセンター) takanasi(at)ar.media.kyoto-u.ac.jp
トラックバック - http://socinfo.g.hatena.ne.jp/contractio/20110304