Hatena::Groupsocinfo

日曜社会学>社会学的告知 このページをアンテナに追加 RSSフィード

ただいま、はてなグループの→「カレンダー」機能の使用を検討中。
告知申請は →掲示板*か メール にて。

2011-07-23

[] 第14回リプロダクション研究会:非血縁的親子の信頼関係づくりと告知・テリング  第14回リプロダクション研究会:非血縁的親子の信頼関係づくりと告知・テリング - 日曜社会学>社会学的告知 を含むブックマーク はてなブックマーク -  第14回リプロダクション研究会:非血縁的親子の信頼関係づくりと告知・テリング - 日曜社会学>社会学的告知  第14回リプロダクション研究会:非血縁的親子の信頼関係づくりと告知・テリング - 日曜社会学>社会学的告知 のブックマークコメント

http://homepage2.nifty.com/~shirai/html/repro.html

企画目的

精子提供・卵子提供など第三者の配偶子提供を受けて親子になった場合、特別養子縁組など養子縁組によって親子になった場合、いずれにおいても、遺伝的つながりがないことを子どもに伝える、早いうちに伝えることが望ましいということが、近年共有されるようになってきました。

生殖技術が関与する場合と、養子縁組制度が関与する場合では、子どもや親が置かれた環境は異なりますが(裁判所や斡旋機関など制度や法律の関わり、出自を知る権利、戸籍への記載等)、互いにその試みをシェアできればと思います。

また、里親家庭においても、子どもに生みの親のことをどのように話すか、自身のおかれた状況や今後の見込みなどをどのように話すかなど、この課題と関わる点があるでしょう。

非血縁であることを子に伝えることについては、「本人が傷つく」「現状を維持したい」「大人になったら」などの考えで、伝えないことも少なくなかったと言われています。

(ただし、さらに一昔前に一般的であった親戚間や地縁間での養子縁組では、オープンであったとも言われています。)

しかし、子どもの視点からみると、隠されていたことによる信頼関係の喪失ははかりしれません。

事実に基づいて親子関係を築くモデルとなるケースも紹介されるようになりました。


重要なことは、子どもに告知して終わりではなく、子どもの成長に伴って、何度も何度も、あるいはその都度、くり返し、話したり、答えたり、ともに悩んだり、伝えあったりすることが必要だということ。

告知は、ゴールではなく、親子関係の再構築のスタートだといえるでしょう。

悩んで悩んで子どもに告知すると、それがゴールになってしまうかもしれません。

子どもは5歳なら5歳の、10歳なら10歳の、15歳なら、20歳なら、自分が親になったら…と人生の段階でその都度、疑問や理不尽さぶつけてくるかもしれません。

「その話はもう終わった」と親がシャットアウトしたり、触れてはいけないと子どもに気遣わせたりするケースもあると聞きます。


今回のリプロダクション研究会では、親子の信頼関係づくり、子どもの安心・安全・自己肯定感の土台づくりの一つとして、告知・テリングを位置づけ、提供精子によって親子になったDI家族の実例、特別養子縁組や里親制度によって親子になった実例をうかがいたいと思います。

  • 【日時】 2011年7月23日 13時15分〜16時30分(予定)
  • 【場所】 北とぴあ 701会議室
    (JR京浜東北線・王子駅、東京メトロ南北線・王子駅、都電荒川線王子駅前
    東京都北区王子1-11-1
    (アクセスマップ http://www.kitabunka.or.jp/kitaku_info/rlink/summary-map
  • 【演題・報告者】報告順序は変更になることがありますのでご了承下さい。
    • 清水清美(国際医療福祉大学教員)
      DI家族について
    • 森和子(文京学院大学教員)
      養子縁組について:とくに養子の立場から
    • 兼井京子(元東京都養育家庭センター・ケースワーカー、元児童相談所職員、元東洋大学教員)
      社会的養護下の非血縁家族について:養子縁組と里親家庭
  • 【参加費】500円
  • 【参加申込み】当日参加も歓迎いたしますが、資料を希望の場合は、7月15日までにお申し込み下さい。こちらよりお申し込みをお願いします。

以下をご記入下さい。

  • ①第14回リプロダクション研究会参加申し込み (とご記入下さい)
  • ②氏名
  • ③所属・肩書き
  • ④今回の研究会で特に関心のある報告
  • ⑤今回の研究会をどこで知ったか
  • ⑥メールアドレス   ※事務作業軽減のため、返信は省略させていただきますのでご了承下さい。
http://homepage2.nifty.com/~shirai/html/inquiry.html
トラックバック - http://socinfo.g.hatena.ne.jp/contractio/20110723