Hatena::Groupsocinfo

日曜社会学>社会学的告知 このページをアンテナに追加 RSSフィード

ただいま、はてなグループの→「カレンダー」機能の使用を検討中。
告知申請は →掲示板*か メール にて。

2011-12-17

[] 第七八回 哲学/倫理学セミナー  第七八回 哲学/倫理学セミナー - 日曜社会学>社会学的告知 を含むブックマーク はてなブックマーク -  第七八回 哲学/倫理学セミナー - 日曜社会学>社会学的告知  第七八回 哲学/倫理学セミナー - 日曜社会学>社会学的告知 のブックマークコメント


第一部 13時30分から15時00分まで
  • 構想発表  「二つの共通感――趣味判断の構造について」 大熊 洋行

 『判断力批判』が当初、「趣味の批判」として構想されていたことはよく知られている。この構想のもとでは「感情と趣味、感覚的欲求の普遍的原理」の探求の一部に属するものとして扱われていた。カントはのちに趣味をめぐる問いを、判断力を軸として考察することへと構想を変更した。その結果、美に関する趣味判断に加えて崇高論や第二部「目的論的判断力の批判」を合わせた一書が現在のかたちで成立することとなった。

 第一部は当初の構想と同じ題材である趣味判断を問題としているが、必ずしも全てが当初の「趣味の批判」の構想のままに記述されているわけではないように思われる。これは分析論においては判断力という概念が登場せず、崇高論を経て演繹論以下では議論の中心として扱われることになる、という点からも見て取れる。

 本発表では、構想の差異に対応すると思われる異なる視点から二度扱われている「共通感」をめぐる議論を取り上げる。認識能力の調和ないし調律(Stimmung)と感情を軸に語られる前者と、判断力を軸に語られる後者とにおいて、たんなる外見上の変化にとどまらない、内実の変化はあるのだろうか。あるとすれば、どのような変化であろうか。本発表が問題とするのはこのことであり、問いは実質的に趣味判断の基本構造をめぐるものとなるであろう。

  • 【参考文献】
    カント『判断力批判』

第二部 15時10分から16時40分まで
  • 発表  「マルクスをどう読むか」 熊野 純彦

 なぜ、いまマルクスなのか。この件から考えはじめながら、マルクスのフェティシズム批判と時間論に読解の焦点を見さだめる。そのさい、身体論から時間論へと論点を架橋したうえで、『資本論』を、

  • 1.「貨幣の生成と機能: 商品交換と等質的な時間性」
  • 2.資本の原型と展開: 増殖する資本と時間的差異」
  • 3.「資本の時間化作用: マニュファクチュアの意味」

という三点にかぎって再読することをこころみたい。

  • 【参照文献】
    マルクス『資本論』(大月書店・文庫版、本文 全8分冊)

[] 社会科学基礎論研究会:田中俊之『男性学の新展開』合評会  社会科学基礎論研究会:田中俊之『男性学の新展開』合評会 - 日曜社会学>社会学的告知 を含むブックマーク はてなブックマーク -  社会科学基礎論研究会:田中俊之『男性学の新展開』合評会 - 日曜社会学>社会学的告知  社会科学基礎論研究会:田中俊之『男性学の新展開』合評会 - 日曜社会学>社会学的告知 のブックマークコメント

 本年度第2回研究会として、著者をお招きした合評会を下記のように開催します。

 当研究会の「合評会――著者を招いて」の企画は、今回で18回目になります。この企画では一貫して、評者に忌憚のないコメントをしていただき、それをもとに著者・評者・参加者のあいだで学的に真摯な議論が行なわれることをめざしてきました。

 ぜひ、多数ご参加くださいますようお願い致します。

 みなさまのご来場をお待ちしております。

  • 1.日時:12月17日(土)14:00〜18:30
  • 2.場所:大正大学(巣鴨校舎)2号館3階 231教室
  • 3.プログラム

【合評会――著者を招いて(第18回)】

★ 研究会終了後、懇親会を行ないます。ぜひ、ご予定にお含めください。

事務局

〒170-8470 豊島区西巣鴨3-20-1大正大学人間学部社会学研究室(井出)気付

e-mail h_ide[at]mail.tais.ac.jp

世話人 井出裕久・佐野正彦・張江洋直

男性学の新展開 (青弓社ライブラリー)

[] 第13回生殖テクノロジーとヘルスケアを考える研究会  第13回生殖テクノロジーとヘルスケアを考える研究会 - 日曜社会学>社会学的告知 を含むブックマーク はてなブックマーク -  第13回生殖テクノロジーとヘルスケアを考える研究会 - 日曜社会学>社会学的告知  第13回生殖テクノロジーとヘルスケアを考える研究会 - 日曜社会学>社会学的告知 のブックマークコメント

  • 日時: 2011年 12月17日(土) 14:00-17:30
  • 場所: 金沢大学 医学類 大多目的室(教育棟地階)
    〒920-8640金沢市宝町13-1 宝町キャンパス
  • 小宅理沙(環太平洋大学 非常勤講師)
    テーマ:「産むことと育てること ―日本における養子縁組の事例から」
  • 日比野由利(金沢大学医薬保健研究域医学系 助教)
    テーマ:「女性は何歳(いつ)まで産むのか ―卵子提供の話題から」
  • 小椋宗一郎(東京大学人文社会系研究科G-COEプログラム 特任研究員)
    テーマ:「ドイツの妊娠相談と妊娠葛藤相談について」

※研究会終了後に懇親会を予定しております。参加希望の方はあわせてご連絡ください。

  • 連絡先:金沢大学医薬保健研究域医学系環境生態医学・公衆衛生学(中村裕之教授研究室内)
    日比野由利 hibino[at]staff.kanazawa-u.ac.jp
    Tel: 076-265-2218 Fax: 076-234-4233
  • 参加申し込み/問い合わせ:金沢大学医薬保健研究域医学系環境生態医学・公衆衛生学
    本麻紀 moto0419[at]staff.kanazawa-u.ac.jp
    Tel/Fax. 076-264-6435

[] 対談:天田城介×三井さよ「生きるための支援をめぐって」(仮題)  対談:天田城介×三井さよ「生きるための支援をめぐって」(仮題) - 日曜社会学>社会学的告知 を含むブックマーク はてなブックマーク -  対談:天田城介×三井さよ「生きるための支援をめぐって」(仮題) - 日曜社会学>社会学的告知  対談:天田城介×三井さよ「生きるための支援をめぐって」(仮題) - 日曜社会学>社会学的告知 のブックマークコメント

要事前申込。

http://www.arsvi.com/a/20111127.htm

天田城介著『老い衰えゆくことの発見』刊行記念 連続対談企画
対談3 天田城介×三井さよ 「生きるための支援をめぐって」(仮題)

  • 日時:2011年12月17日(土)15:00〜17:00
  • 場所:立命館大学東京キャンパス
  • 対 談:天田城介(立命館大学大学院先端総合学術研究科)×三井さよ(法政大学社会学部)
  • 定 員:30名
老い衰えゆくことの発見 (角川選書)

老い衰えゆくことの発見 (角川選書)

トラックバック - http://socinfo.g.hatena.ne.jp/contractio/20111217