Hatena::Groupsocinfo

日曜社会学>社会学的告知 このページをアンテナに追加 RSSフィード

ただいま、はてなグループの→「カレンダー」機能の使用を検討中。
告知申請は →掲示板*か メール にて。

2012-03-26

[] 制度的場面についてのエスノメソドロジー会話分析研究  制度的場面についてのエスノメソドロジー・会話分析研究 - 日曜社会学>社会学的告知 を含むブックマーク はてなブックマーク -  制度的場面についてのエスノメソドロジー・会話分析研究 - 日曜社会学>社会学的告知  制度的場面についてのエスノメソドロジー・会話分析研究 - 日曜社会学>社会学的告知 のブックマークコメント

制度的場面についてのエスノメソドロジー会話分析研究

(日本質的心理学会より助成を受けております)

  • 【日時】平成24年3月26日(月) 11:30-17:30
  • 【会場】新潟青陵大学6 号館2 階6205 講義室兼ゼミ室
  • 【研究会会場の地図】新潟青陵大学ホームページ内の下記リンク先をご参照ください。
  • 【参加費】
    日本質的心理学会会員及び学生: 無料(学生の方は学生証の提示をお願いします)
    その他の方:500円
  • 【研究会の目的】「会話分析を使用して制度的場面をどのように研究するか」を検討する。
研究会第一部 11:30-15:15(途中、ランチタイムを挟む)

Heritage, J. & Clayman, S. 2010. Talk in Action: Interactions, Identities, and Institutions (Language in Society). Wiley Blackwell.を検討する。

本書は

  • 第1部:会話分析と社会的制度
  • 第2部:緊急電話サービス場面
  • 第3部:医師‐患者の相互行為
  • 第4部:裁判、陪審員、紛争の解決
  • 第5部:ニュースと政治のコミュニケーション

で構成されている。

このうち第4部を除くそれぞれの場面で「エスノメソドロジー会話分析的研究」を行っている日本の研究者を招き、それぞれ担当のパートを紹介しつつ検討する。

<各担当者>

  • 第1部担当 秋谷直矩 (立教大学他)
  • 第2部担当 岡田光弘 (国際基督教大学
  • 第3部担当 海老田大五朗 (新潟青陵大学)
  • 第5部担当 酒井信一郎 (共立女子大学
研究会第二部 15:45-17:30

ヴィデオデータのデータセッションを行う。

<各担当者>

  • 「ヴィデオデータの分析について」 担当 南保輔(成城大学
  • データ「医療・福祉場面のデータ」
注意事項
  • 報告者及び提供データなどにつきましてはあくまで予定です。当日急遽変更される場合がございます。あしからずご了承ください。
  • 研究会当日、レジュメは配付しますが、上記テキストの販売や貸し出しは行いません。各自でご用意ください。ただし、テキストを持っていなくても研究会に参加することは可能です。
  • 事前申し込みは不要ですが、レジュメを用意する関係上、下記連絡先までご一報いただければ幸いです。
  • 昼食は13:00-13:45 を予定しております。当日学生食堂や学内の生協を利用することは可能ですが、それ以外の店舗が近隣にございません。主催者側で特別な手配もいたしません。昼食をご持参されることを強くお勧めします。
  • 学内は全面禁煙になっております。ご協力のほどよろしくお願いします。
  • 当日は、18:30 より新潟駅近郊で懇親会を予定しております。奮ってご参加ください。

本研究会に関する連絡先

  • 担当:海老田大五朗
  • 〒951-8121 新潟県新潟市中央区水道町1丁目5939番地
    新潟青陵大学4 号館3 階4320 研究室
  • e-mail: ebita@n-seiryo.ac.jp(全角の@を半角の@にご変更ください)
  • 電話番号: 025-266-9561(研究室直通)
トラックバック - http://socinfo.g.hatena.ne.jp/contractio/20120326

2012-03-25

[] STS Network Japan 春のシンポ「科学技術社会論ルーマン STS Network Japan 春のシンポ「科学技術社会論のルーマン」 - 日曜社会学>社会学的告知 を含むブックマーク はてなブックマーク -  STS Network Japan 春のシンポ「科学技術社会論のルーマン」 - 日曜社会学>社会学的告知  STS Network Japan 春のシンポ「科学技術社会論のルーマン」 - 日曜社会学>社会学的告知 のブックマークコメント

参加無料・事前登録不要。

  • 日時:2012年3月25日(日)(14:00〜18:00)
  • 場所:東京大学駒場キャンパス18号館4階コラボレーションルーム1

春のシンポジウム2012「科学技術社会論ルーマン

社会学者であるルーマンは、「信頼」や「リスク」といった、科学技術社会論(STS)においても頻繁に議論される概念についての著書を著しています。また、ルーマンの思想の根幹を成している「社会システム理論」は、それ自体がひとつのシステムとなっている科学や、科学と異なるシステム(法や政治など)との界面、科学とそれを内包している社会との関係などにフォーカスを当てるSTSにとって、検討の価値があるものに思われます。さらに、ルーマンの議論と相対することで、STSが前提としているものごとについて批判的な検討をおこなうことも可能です。そこで、今回はまさにそのような作業のために、「科学技術社会論ルーマン」と題したシンポジウムを開催したいと思います。より具体的には、以下に紹介する3名の論者をお招きし、話題提供・議論喚起をおこなっていただく予定です。皆様のご参加をお待ちしております。

【論者】
  • 川山竜二(筑波大学)「科学システムと科学論」

ルーマンの社会システム理論、とりわけ「機能分化」と「セカンド・オーダーの観察」を用いて科学システムをいかに記述することができるだろうか。ルーマン自身も科学をひとつの機能システムとして検討しているが、ルーマン自身による科学システム記述を批判し、科学システムの別様の捉え方を提示する。

  • 加藤源太郎(プール学院大学)「科学技術論から市民社会論への変容:信頼概念をたどりながら」

科学技術論はいつしか市民社会論へと変容してしまった。どのような点で市民社会論に変容したと指摘できるのか、またその変容はどのようになされ、その結果としてどのような問題を生じさせているのかについて、「信頼」という概念を導きの糸として検討する。

ルーマンが 用いる“ディアボリックなもの”と いう概念を援用しながら、近代社会学の理論前提を批判的に吟味する。とりわけ、“ディアボリックなもの”が3.11以 後のリスク社会や信頼、連帯などと、どのような関係にあるのかを示すことが主題となる。

トラックバック - http://socinfo.g.hatena.ne.jp/contractio/20120325

2012-03-24

[] 東京法哲学研究会3月例会  東京法哲学研究会3月例会 - 日曜社会学>社会学的告知 を含むブックマーク はてなブックマーク -  東京法哲学研究会3月例会 - 日曜社会学>社会学的告知  東京法哲学研究会3月例会 - 日曜社会学>社会学的告知 のブックマークコメント

http://www.houtetsugaku.org/Information.html#/detail/5469897806517708378

  • 日時 2012年3月24日(土)15:00〜18:00
  • 場所 明治大学駿河台キャンパス研究棟4F第2会議室
    http://www.meiji.ac.jp/koho/campus_guide/suruga/campus.html
  • 報告者とタイトル
    • 川瀬貴之「法システムと科学システムの相互作用―ジャサノフによるアメリカの科学裁判分析を題材に―」
    • 吉良貴之「死の害の存在論――剥奪説と自由の概念分析」

両氏の報告は「法と科学」プロジェクトの一貫として発表していただくものです。冒頭に同プロジェクトの説明とジャサノフ著の紹介を吉良氏にお願いしております。

※ 傍聴を希望される方がいらっしゃいましたら、事前に会員を通じて幹事までご連絡ください。

※ 幹事は3月例会をもって交代いたします。会員の皆様のご協力に感謝いたします。

トラックバック - http://socinfo.g.hatena.ne.jp/contractio/20120324

2012-03-20

[] 第14回 生殖テクノロジーとヘルスケアを考える研究会 公開講演会「人工妊娠中絶と生殖医療」  第14回 生殖テクノロジーとヘルスケアを考える研究会 公開講演会「人工妊娠中絶と生殖医療」 - 日曜社会学>社会学的告知 を含むブックマーク はてなブックマーク -  第14回 生殖テクノロジーとヘルスケアを考える研究会 公開講演会「人工妊娠中絶と生殖医療」 - 日曜社会学>社会学的告知  第14回 生殖テクノロジーとヘルスケアを考える研究会 公開講演会「人工妊娠中絶と生殖医療」 - 日曜社会学>社会学的告知 のブックマークコメント

http://saisentan.w3.kanazawa-u.ac.jp/

  • 開催日:2012年 3月 20日(火・祝) 15:00-17:00
  • 場 所:石川四高記念文化交流館 多目的利用室 2
    金沢市広坂2-2-5 

甲斐 克則先生(早稲田大学大学院法務研究科教授)「人工妊娠中絶と生殖医療」

  • プロフィール 

専門は刑事法。主な研究テーマは刑事違法論の本質と刑事責任の本質を探求しつつ、交通事故・火災事故・医療事故等の刑事過失論、安楽死尊厳死・臓器移植・生殖医療等の医事刑法でそれを実証すること。

主要著書に、『安楽死と刑法[医事刑法研究第1巻]』(成文堂、2003年)、

尊厳死と刑法[医事刑法研究第2巻]』(成文堂、2004年)、

『終末期医療と生命倫理』(太陽出版、2008年、共編)、

『遺伝情報と法政策』(成文堂、2007年、編著)、

『ブリッジブック医事法』(信山社、2008年、編著)、

『生殖医療と刑法』(成文堂、2010年)他多数。


[連絡先]
  • 金沢大学医薬保健研究域医学系 環境生態医学・公衆衛生学 (中村裕之教授研究室内) 
  • 日比野由利 tel. 076-265-2218 fax. 076-234-4233 
  • 参加申し込み連絡先:藤田真樹・本麻紀
    e-mail.moto0419@staff.kanazawa-u.ac.jp tel. 076-264-6435
  • 研究会ホームページ: http://saisentan.w3.kanazawa-u.ac.jp/

研究会終了後に懇親会を予定しております。参加ご希望の方は合わせてご連絡ください。

トラックバック - http://socinfo.g.hatena.ne.jp/contractio/20120320

2012-03-10

[] ビデオデータセッションとEMCA基本文献研究会  ビデオデータセッションとEMCA基本文献研究会 - 日曜社会学>社会学的告知 を含むブックマーク はてなブックマーク -  ビデオデータセッションとEMCA基本文献研究会 - 日曜社会学>社会学的告知  ビデオデータセッションとEMCA基本文献研究会 - 日曜社会学>社会学的告知 のブックマークコメント

要事前申し込み:秋谷(akiya0427[at]gmail.com)

https://sites.google.com/site/akiya0427/internal-blog

第25回ビデオデータセッション

  • 日時場所 3月10日@成城大学
    • 第1発表者 14:00~16:00
    • 休憩 16:00~16:30
    • 第2発表者 16:30~18:30
  • 発表予定者
    • 團康晃(東京大学)「歌うことをすること 声楽レッスンの相互行為分析」
    • 秋谷直矩(立教大学)「立ち上がり動作に対する行為意図の推論過程」

第15回EM読書会

  • 日時場所 3月10日@成城大学 10:00~13:00
  • 対象文献
    • Emanuel A. Schegloff: "Description in the Social Sciences I: Talk-in-Interaction." Papers in Pragmatics 2 (1988):1-24.
    • 担当:秋谷直矩(立教大学)
トラックバック - http://socinfo.g.hatena.ne.jp/contractio/20120310

2012-03-07

[] 関西エスノグラフィックデータセッション第2回  関西エスノグラフィックデータセッション第2回  - 日曜社会学>社会学的告知 を含むブックマーク はてなブックマーク -  関西エスノグラフィックデータセッション第2回  - 日曜社会学>社会学的告知  関西エスノグラフィックデータセッション第2回  - 日曜社会学>社会学的告知 のブックマークコメント

  • 【日時】2012年3月7日(水)13時から17時(予定)
  • 【場所】京都大学文学研究科5階・社会学共同研究室

(第一発表)

  • 【データ提供者】植村要さん
  • 【タイトル】一事例からみる視覚障害者を手術による視力回復へと駆動する力学についての考察
  • 【データの概要】

40歳代、男性、独身。

子どものころ、スティーブンス・ジョンソン症候群によってほぼ全盲になる。

その後、盲学校を卒業して、マッサージを職業として生活する。

スティーブンス・ジョンソン症候群による視覚障害は、治療困難とされてきたが、近年、視力を回復する可能性をもった治療法が開発され始めたこともあって、手術を受けた。

こうした事例の考察は、「障害受容」という観点から考察されがちだが、本人の心理面ではなく、 この男性に、手術を受けると考えさせるにいたった外的要因について考察したい。

また、こうした観点からの考察で適切かについてもご助言いただきたい。

(第二発表)

  • 【データ提供者】中山和彦さん
  • 【タイトル】歩行から列への移行の秩序性(仮題)
  • 【データの概要】

本報告では、人が歩行から形式化された列への移行を行う場面(バス停、エスカレータ、横断歩道)で

歩行状態から列がいかに形成されていくかを検討したい。

トラックバック - http://socinfo.g.hatena.ne.jp/contractio/20120307

2012-03-03

[][] 社会学研究互助会(第3期)第二回オフライン研究会:小宮友根『実践の中のジェンダー』合評会  社会学研究互助会(第3期)第二回オフライン研究会:小宮友根『実践の中のジェンダー』合評会 - 日曜社会学>社会学的告知 を含むブックマーク はてなブックマーク -  社会学研究互助会(第3期)第二回オフライン研究会:小宮友根『実践の中のジェンダー』合評会 - 日曜社会学>社会学的告知  社会学研究互助会(第3期)第二回オフライン研究会:小宮友根『実践の中のジェンダー』合評会 - 日曜社会学>社会学的告知 のブックマークコメント


本件の募集は締め切りました。



研究会の案内頁:http://socio-logic.jp/gojo.php

※参加希望者は 主催者宛てに 下記4点を記したメールをお送りください。

  • 1)氏名
  • 2)所属と専攻(あるいは関心)
  • 3)自己紹介
  • 4)懇親会参加希望の有無

 本書は、「フェミニズムの擁護」を掲げたコントロバーシャルな著作です。

 他方でまた本書は、著者が、フェミニズムと社会学を学ぶ中でエスノメソドロジーと出会い、そこから経験的な研究へと足を一歩踏み出したところで終わっている、半ばプログラム的・「中間報告」的な性格をもった本でもあります。

 前者の点からすれば、この企画としても、合評会の場が論争的なものとなるであろう評者──たとえば「リベラリズム」を奉じるような論者──を選択することが、まずは考えられました。とはいえ著者はおそらく、今後おのずと様々な論争的な土俵へと足を踏み入れていくことになるでしょうし、今回の合評会ではむしろ、後者の側面に焦点をあわせることを 主催者としては考えました。すなわち、今回の合評会では、この中間報告的な書籍について、

  • この仕事にどのような意義があるのか。
  • 掲げた目標のうちどこまではできているのか。修正すべき点はどこか。

といった点について、現時点での査定をおこなう場を設けることを狙いたいと思います。

 こうした理由から、評者は、加藤 秀一さんと中里見 博さんに お願いすることにしました。加藤さんには主として本書第1部を中心に、中里見さんには主として第2部を中心に、検討をお願いしています。

 お二人の評を踏まえた上で、フロアのみなさんと時間をとってディスカッションができればと思います。

著者・評者紹介

■小宮 友根 (日本学術振興会特別研究員(PD)/社会学)

■中里見 博 (福島大学行政政策学類/憲法)

■加藤 秀一 (明治学院大学社会学部教授、ジェンダー論、生命倫理学周辺)

トラックバック - http://socinfo.g.hatena.ne.jp/contractio/20120303