Hatena::Groupsocinfo

日曜社会学>社会学的告知 このページをアンテナに追加 RSSフィード

ただいま、はてなグループの→「カレンダー」機能の使用を検討中。
告知申請は →掲示板*か メール にて。

2012-05-30

[] VNV特別シンポジウム「アナグラのうた-ゲーミフィケーションとインタラクションの接点」  VNV特別シンポジウム「アナグラのうた-ゲーミフィケーションとインタラクションの接点」 - 日曜社会学>社会学的告知 を含むブックマーク はてなブックマーク -  VNV特別シンポジウム「アナグラのうた-ゲーミフィケーションとインタラクションの接点」 - 日曜社会学>社会学的告知  VNV特別シンポジウム「アナグラのうた-ゲーミフィケーションとインタラクションの接点」 - 日曜社会学>社会学的告知 のブックマークコメント

http://www.ieice.org/~vnv/

電子情報通信学会ヴァーバル・ノンヴァーバル・コミュニケーション研究会(VNV)http://www.ieice.org/~vnv/ は,人間同士のコミュニケーションを支える言語(ヴァーバル)情報と非言語(ノンヴァーバル)情報の役割に焦点を当て,両者の効果的な統合によって人間とコンピュータ間のコミュニケーションを円滑にする技術,及びコミュニケーション・モデルを構築することを目的とした研究会です.

日本科学未来館の常設展示「アナグラのうた」http://www.miraikan.jst.go.jp/sp/exhibition/anagura.htmlは,「空間情報科学」をテーマとし,位置センサや個人認証などの情報処理技術や自動楽曲作成やアニメーションなどのゲーム制作技術を用いたインタラクティブな展示であり,その展示コンセプトや要素技術,入場者の体験は,情報技術を用いたインタラクション支援というVNV研究会の趣旨とも密接に関わるものです.

そこで,VNV研究会では,「アナグラのうた」を題材とした臨時シンポジウムを5/30(水)に日本科学未来館で開催することにしました.

本シンポジウムでは,「アナグラのうた」制作担当者とゲーム研究者,情報処理研究者,社会的インタラクションの研究者などが集い,「アナグラのうた」を題材に議論することを通じて,現代社会における「ゲーミフィケーション」と「インタラクション」の役割について,参加者間での積極的な意見交換と交流を図ることを目指します.

シンポジウム参加者はあらかじめ「アナグラのうた」を体験しておいていただくと,シンポジウムでの議論により参加しやすくなりますので,当日のシンポジウム開始時間まで(あるいは当日以前)に,一般の入館者として入場し,体験しておいていただくことをお勧めします.

※事前の参加申込は不要で,シンポジウムは無料ですが,「アナグラのうた」への入場や懇親会参加は有料となりますことをご了承ください.

プログラム

  • 10:00-13:20 「アナグラのうた」自由体験(希望者のみ)
    ※一般の入館者と同じように,入場券を購入して入館・入場してください.
  • 13:30-13:45 趣旨説明 高梨克也(VNV委員長,JST/京大)
  • 13:45-14:10 ゲーミフィケーションの概念について 井上明人氏(ゲーム研究者,国際大学GLOCOM客員研究員)
  • 14:10-14:35 E.Goffman「ゲームの面白さ」について 平本毅氏(社会学者,京大)

(休憩)

  • 14:45-15:30 「アナグラのうた」の狙いと特徴 島田卓也氏(「アナグラのうた」プランナー, 元日本科学未来館
  • 15:30-16:15 「アナグラのうた」の表現と技術 犬飼博士氏(「アナグラのうた」コンテンツディレクター,エウレカコンピューター株式会社)

(休憩)

  • 16:30-16:45 指定討論井上明人氏(ゲーム研究者,国際大学GLOCOM客員研究員)
  • 16:45-17:50 全体討論
  • 18:00-20:00 懇親会(日本科学未来館内か近辺の予定)

※本企画に関するお問い合わせは,日本科学未来館ではなく,下記VNV研究会担当までお願いいたします.
高梨 克也(VNV研究会委員長)takanasi(at)ar.media.kyoto-u.ac.jp

トラックバック - http://socinfo.g.hatena.ne.jp/contractio/20120530

2012-05-26

[] 第八二回 哲学/倫理学セミナー  第八二回 哲学/倫理学セミナー - 日曜社会学>社会学的告知 を含むブックマーク はてなブックマーク -  第八二回 哲学/倫理学セミナー - 日曜社会学>社会学的告知  第八二回 哲学/倫理学セミナー - 日曜社会学>社会学的告知 のブックマークコメント

http://peseminar.web.fc2.com/

第一部 13時30分から15時00分まで
  • 構想発表  「無限判断論の射程」 三重野 清顕    

 20世紀初頭、コーヘンをはじめとする多くの思想家たちが否定を介した根源への接近について語っている。このような潮流において、「無限判断」という判断形式への方法論的依拠が注目されよう。実際にはこのような否定の機能は哲学史上しばしば着目されているものであり、たとえばコーヘンは「連続性」という観点からアリストテレスヘーゲルと批判的に対決している。本発表では、とりわけアリストテレスの「非規定的名辞(onoma aoriston, nomen infinitum)」に関する議論の影響、カント以後のの哲学における「無限判断」論の展開について概観することで、コーヘンによる批判の意図と有効性を明らかにするとともに、無限判断論の哲学的な射程を検討することを目指す。

    • 【参考文献】
      • コーヘン『純粋認識の論理学』(Cohen, Logik der reinen Erkenntnis)
第二部 15時10分から16時40分まで
  • 発表  「ヘーゲル「人間学」読解――自己感情を軸に」 池松 辰男

 ニュルンベルク期以前のヘーゲルの「精神哲学」体系構想は、「意識」の経験の叙述から、すなわち「精神現象学」から始まっていた。それに対して、『エンチュクロペディ』の「精神哲学」は「人間学」から始まる。が、「人間学」は「人間」についてはなにも語らない。その主題は「魂」である。「精神現象学」に先だって「魂」についての学を、しかも「人間学」として引き受ける――このことでヘーゲルはなにを目指していたのか。本稿はその手がかりを「自己感情」という概念に置く。「魂」が「自己感情」を軸に、次の段階たる「意識」へと、すなわち自我へと生成してゆく、その過程の叙述が「人間学」である。自我の発生をめぐって展開される老ヘーゲルの思考に、「人間学」における「自己感情」の解釈をつうじて迫りたい。

    • 【参考文献】
      • ヘーゲル『精神哲学』船山信一訳、岩波文庫
      • G.W.F. Hegel, Gessamelte Werke Bd. 13/19/20 (Enzyklopaedie, Ausg. 1817/1827/1830)
トラックバック - http://socinfo.g.hatena.ne.jp/contractio/20120526

2012-05-20

[][] 「複数の医療従事者による協働実践を記述する」@保健医療社会学会大会  「複数の医療従事者による協働実践を記述する」@保健医療社会学会大会 - 日曜社会学>社会学的告知 を含むブックマーク はてなブックマーク -  「複数の医療従事者による協働実践を記述する」@保健医療社会学会大会 - 日曜社会学>社会学的告知  「複数の医療従事者による協働実践を記述する」@保健医療社会学会大会 - 日曜社会学>社会学的告知 のブックマークコメント

  • 日 時  平成24年5月20日(日)14:30〜16:30
  • 場 所  神戸市看護大学 会場5(W31.32教室)

第38回 日本保健医療社会学会大会におけるラウンドテーブルディスカッション
複数の医療従事者による協働実践を記述する エスノメソドロジー会話分析の立場から

  • 話題提供者:川島理恵・池谷のぞみ・前田泰樹
  • 指定討論者:樫田美雄・西村ユミ
  • 企画者・司会者:海老田大五朗

*参加費・会場へのアクセスなどその他詳細は、第38回 日本保健医療社会学会大会HPをご覧ください。

http://jhms38.umin.ne.jp/index.html

*事前の連絡は不要です。

*本RTDについてのお問い合わせは新潟青陵大学 海老田大五朗(ebita[at]n-seiryo.ac.jp)までお願いします。

[] ハイデガー研究会  ハイデガー研究会 - 日曜社会学>社会学的告知 を含むブックマーク はてなブックマーク -  ハイデガー研究会 - 日曜社会学>社会学的告知  ハイデガー研究会 - 日曜社会学>社会学的告知 のブックマークコメント

http://heidegger.exblog.jp/17499277/

<プログラム>

1.輪読会15:00-16:50
  • 「アナクシマンドロスの箴言」(GA5, S. 321-373)
  • 担当:鷲原知宏関西大学
  • 訳読範囲 GA5, S. 326(Doch koennen wir...から)-332(Das Sein kommt zur Sprache als das Sein des Seiendenまで).
2.研究発表17:00-19:00
  • 瀧将之(東京大学
  • 「原行為、後退すること、どうでもいいと思うこと――ハイデガー『哲学入門』講義における「有るがままに=存在させること(Seinlassen)」について」

[] 西日本社会学会シンポジウム「社会的現実の変容と記憶の問題――〈記憶の社会学〉の可能性を問う――」  西日本社会学会シンポジウム「社会的現実の変容と記憶の問題――〈記憶の社会学〉の可能性を問う――」 - 日曜社会学>社会学的告知 を含むブックマーク はてなブックマーク -  西日本社会学会シンポジウム「社会的現実の変容と記憶の問題――〈記憶の社会学〉の可能性を問う――」 - 日曜社会学>社会学的告知  西日本社会学会シンポジウム「社会的現実の変容と記憶の問題――〈記憶の社会学〉の可能性を問う――」 - 日曜社会学>社会学的告知 のブックマークコメント

http://www2.lit.kyushu-u.ac.jp/~sociowest/

シンポジウム「社会的現実の変容と記憶の問題――〈記憶の社会学〉の可能性を問う――」

  • 野入直美(琉球大学)「当事者による<周縁化の感覚>の作品化――アメラジアンスクール・イン・オキナワにおけるDVDの製作を中心に――」
  • 松浦雄介(熊本大学)「記憶と遺産のあいだ――三池炭鉱の場合――」
  • 中村文哉(山口県立大学)「疎外経験と記憶の意味変換――ハンセン病経験の意味変容――」
  • 討論者・谷富夫(甲南大学)坂部晶子(島根県立大学
  • 司会者・江頭大蔵(広島大学)
トラックバック - http://socinfo.g.hatena.ne.jp/contractio/20120520

2012-05-19

[] 第16回 生殖テクノロジーとヘルスケアを考える研究会 公開講演会  第16回 生殖テクノロジーとヘルスケアを考える研究会 公開講演会 - 日曜社会学>社会学的告知 を含むブックマーク はてなブックマーク -  第16回 生殖テクノロジーとヘルスケアを考える研究会 公開講演会 - 日曜社会学>社会学的告知  第16回 生殖テクノロジーとヘルスケアを考える研究会 公開講演会 - 日曜社会学>社会学的告知 のブックマークコメント


  • 日時: 2012年5月19日(土)15:00~17:00
  • 場所: 石川四高記念文化交流館 多目的利用室3

水野紀子(東北大学大学院法学研究科教授)「生殖補助医療と実親子関係法」

プロフィール

専門は民法・家族法。2011年、旧帝国大学として初めての女性学部長に就任。

法制審議会にて、婚姻法、遺言法、生殖補助医療親子法などの民法改正も手掛ける。

国会は通らなかったが、別姓改正などの法案を作った一人。

最近の改正では、成年年齢、親権法などの部会に出席。

著作に、

  • 『日本民法施行100年記念 民法学説百年史』(三省堂、1999年)、
  • 家族法判例百選(第6版)』(有斐閣、2002年)、
  • 『家族―ジェンダーと自由と法』(東北大学出版会、2007年)など。

論文に

  • 「児童虐待、配偶者間暴力、離婚」(町野朔・岩瀬徹編『児童虐待の防止―児童と家庭,児童裁判所と家庭裁判所有斐閣、2012)
  • 「生殖補助医療を契機に日本実親子法をふりかえる」(『法曹時報』61巻5号、2009)、
  • 「死者の凍結精子を用いた生殖補助医療」(東北大学21世紀COEプログラム
  • 男女共同参画社会の法と政策-ジェンダー法・政策研究センター』研究年報3号、2006)他多数。


[連絡先]
  • 金沢大学医薬保健研究域医学系 環境生態医学・公衆衛生学 (中村裕之教授研究室内) 
    • 日比野由利: tel. 076-265-2218 fax. 076-234-4233 
    • 連絡先: 本麻紀(e-mail. moto0419[at]staff.kanazawa-u.ac.jp)
    • 研究会ホームページ: http://saisentan.w3.kanazawa-u.ac.jp/

研究会終了後に懇親会を予定しております。参加ご希望の方はあわせてご連絡ください。

トラックバック - http://socinfo.g.hatena.ne.jp/contractio/20120519

2012-05-12

[] ビデオデータセッション  ビデオデータセッション - 日曜社会学>社会学的告知 を含むブックマーク はてなブックマーク -  ビデオデータセッション - 日曜社会学>社会学的告知  ビデオデータセッション - 日曜社会学>社会学的告知 のブックマークコメント

要事前申し込み:秋谷(akiya0427[at]gmail.com)

https://sites.google.com/site/akiya0427/seijo_data?pli=1

第27回ビデオデータセッション

  • 日時場所 5月12日@成城大学
  • 発表予定者
    • 南保輔(成城大学)「パーティのリハーサルにおいてディレクタのしていること」
    • 五十嵐素子(上越教育大学)「一斉授業における会話のやりとり」

参加希望の方は秋谷(akiya0427[at]gmail.com)までご連絡ください。また、MLもありますので、そちらの参加を希望される方も気軽にご連絡ください。

トラックバック - http://socinfo.g.hatena.ne.jp/contractio/20120512