Hatena::Groupsocinfo

日曜社会学>社会学的告知 このページをアンテナに追加 RSSフィード

ただいま、はてなグループの→「カレンダー」機能の使用を検討中。
告知申請は →掲示板*か メール にて。

2012-05-30

[] VNV特別シンポジウム「アナグラのうた-ゲーミフィケーションとインタラクションの接点」  VNV特別シンポジウム「アナグラのうた-ゲーミフィケーションとインタラクションの接点」 - 日曜社会学>社会学的告知 を含むブックマーク はてなブックマーク -  VNV特別シンポジウム「アナグラのうた-ゲーミフィケーションとインタラクションの接点」 - 日曜社会学>社会学的告知  VNV特別シンポジウム「アナグラのうた-ゲーミフィケーションとインタラクションの接点」 - 日曜社会学>社会学的告知 のブックマークコメント

http://www.ieice.org/~vnv/

電子情報通信学会ヴァーバル・ノンヴァーバル・コミュニケーション研究会(VNV)http://www.ieice.org/~vnv/ は,人間同士のコミュニケーションを支える言語(ヴァーバル)情報と非言語(ノンヴァーバル)情報の役割に焦点を当て,両者の効果的な統合によって人間とコンピュータ間のコミュニケーションを円滑にする技術,及びコミュニケーション・モデルを構築することを目的とした研究会です.

日本科学未来館の常設展示「アナグラのうた」http://www.miraikan.jst.go.jp/sp/exhibition/anagura.htmlは,「空間情報科学」をテーマとし,位置センサや個人認証などの情報処理技術や自動楽曲作成やアニメーションなどのゲーム制作技術を用いたインタラクティブな展示であり,その展示コンセプトや要素技術,入場者の体験は,情報技術を用いたインタラクション支援というVNV研究会の趣旨とも密接に関わるものです.

そこで,VNV研究会では,「アナグラのうた」を題材とした臨時シンポジウムを5/30(水)に日本科学未来館で開催することにしました.

本シンポジウムでは,「アナグラのうた」制作担当者とゲーム研究者,情報処理研究者,社会的インタラクションの研究者などが集い,「アナグラのうた」を題材に議論することを通じて,現代社会における「ゲーミフィケーション」と「インタラクション」の役割について,参加者間での積極的な意見交換と交流を図ることを目指します.

シンポジウム参加者はあらかじめ「アナグラのうた」を体験しておいていただくと,シンポジウムでの議論により参加しやすくなりますので,当日のシンポジウム開始時間まで(あるいは当日以前)に,一般の入館者として入場し,体験しておいていただくことをお勧めします.

※事前の参加申込は不要で,シンポジウムは無料ですが,「アナグラのうた」への入場や懇親会参加は有料となりますことをご了承ください.

プログラム

  • 10:00-13:20 「アナグラのうた」自由体験(希望者のみ)
    ※一般の入館者と同じように,入場券を購入して入館・入場してください.
  • 13:30-13:45 趣旨説明 高梨克也(VNV委員長,JST/京大)
  • 13:45-14:10 ゲーミフィケーションの概念について 井上明人氏(ゲーム研究者,国際大学GLOCOM客員研究員)
  • 14:10-14:35 E.Goffman「ゲームの面白さ」について 平本毅氏(社会学者,京大)

(休憩)

  • 14:45-15:30 「アナグラのうた」の狙いと特徴 島田卓也氏(「アナグラのうた」プランナー, 元日本科学未来館
  • 15:30-16:15 「アナグラのうた」の表現と技術 犬飼博士氏(「アナグラのうた」コンテンツディレクター,エウレカコンピューター株式会社)

(休憩)

  • 16:30-16:45 指定討論井上明人氏(ゲーム研究者,国際大学GLOCOM客員研究員)
  • 16:45-17:50 全体討論
  • 18:00-20:00 懇親会(日本科学未来館内か近辺の予定)

※本企画に関するお問い合わせは,日本科学未来館ではなく,下記VNV研究会担当までお願いいたします.
高梨 克也(VNV研究会委員長)takanasi(at)ar.media.kyoto-u.ac.jp

トラックバック - http://socinfo.g.hatena.ne.jp/contractio/20120530