Hatena::Groupsocinfo

日曜社会学>社会学的告知 このページをアンテナに追加 RSSフィード

ただいま、はてなグループの→「カレンダー」機能の使用を検討中。
告知申請は →掲示板*か メール にて。

2012-07-15

[] 「ナラティヴと質的研究会」  「ナラティヴと質的研究会」 - 日曜社会学>社会学的告知 を含むブックマーク はてなブックマーク -  「ナラティヴと質的研究会」 - 日曜社会学>社会学的告知  「ナラティヴと質的研究会」 - 日曜社会学>社会学的告知 のブックマークコメント

渦は、空気の流れをつくり、気流になって、渡り鳥を飛翔させます。渦は、水の流れをつくり、異なる潮の境界を混ぜあわせます。小さく虹色に光るしゃぼん玉の表面も、よく見ると小さな渦の動きが支えています。

今、ここで、生まれるナラティヴ実践の場、異種混交で多様な立場の多声ナラティヴが飛び交う場、大小さまざま、ふつふつと巻きおこる、何がおこるかわからない、新しいナラティヴ共同生成の渦を一緒につくりましょう。

ナラティヴと質的研究会 第一回「人生と老いと震災のナラティヴ」

  • 日時:2012年7月15日(日)13時-17時半
  • 場所:立命館大学衣笠キャンパス) 学而館第1研究会室
  • 費用:参加費(資料代) 300円
  • 話題提供
    • 1)西成彦 (立命館大学、先端総合学術研究科、比較文学)「老いとセクシュアリティ」
    • 2)やまだようこ(立命館大学、生存学研究センター、生涯発達心理学)「震災や人生の障害をのりこえるナラティヴ」
    • 3)錦織宏(京都大学、医学教育推進センター、医学)「東日本大震災において被災地支援活動に向かった医師の動機」
  • (主催)ナラティヴと質的研究会
  • (共催)立命館大学、生存学研究センター科学研究費 基盤A(代表 山田洋子)「多文化横断ナラティヴ・フィールドワークによる臨床支援と対話教育法の開発」
  • 問いあわせ:「ナラティヴと質的研究会」事務局narrative123(アット)gmail.com
トラックバック - http://socinfo.g.hatena.ne.jp/contractio/20120715