Hatena::Groupsocinfo

日曜社会学>社会学的告知 このページをアンテナに追加 RSSフィード

ただいま、はてなグループの→「カレンダー」機能の使用を検討中。
告知申請は →掲示板*か メール にて。

2012-11-10

[] 日本文化人類学会課題研究懇談会「応答の人類学」:公開研究会「フィールドワークの失敗学」  日本文化人類学会課題研究懇談会「応答の人類学」:公開研究会「フィールドワークの失敗学」 - 日曜社会学>社会学的告知 を含むブックマーク はてなブックマーク -  日本文化人類学会課題研究懇談会「応答の人類学」:公開研究会「フィールドワークの失敗学」 - 日曜社会学>社会学的告知  日本文化人類学会課題研究懇談会「応答の人類学」:公開研究会「フィールドワークの失敗学」 - 日曜社会学>社会学的告知 のブックマークコメント

http://lalombe.icurus.jp/yugo_ken/

公開研究会「フィールドワークの失敗学」

公開で行います。入場無料、申し込み不要。

開催の趣旨

私たちはフィールドを訪れながら、今回の調査は「うまくいった」とか「いまいちうまくいかなかった」とか、そのような印象をもったり、人に語ったりすることがあります。この「うまくいく/いかない」というのは、いったい何を意味するのでしょうか。

それは、「調査の目的にそった情報が円滑に得られた」ということばに置き換えることはできません。

フィールドの人たちとの関係、共同研究者との分担、さまざまな調査手法や視点の融合、現地からの求めと応答、そこで経験しわかちあったさまざまな感情、そのほか多くの経験を通じて、私たちはフィールドワークを成功、失敗などと語ります。

いったい、どんなときに成功と感じ、失敗と感じるのか。

そもそも、成功/失敗などと評価することはできるのか。

他のフィールドワーカーの成功談や失敗談に、うなずけてしまうのはなぜだろうか。

調査者としての成功や失敗は、現地においてどう受け止められるのだろうか。

今回は「失敗」を切り口に、フィールドワークのあり方について縦横に論じる機会とします。

(企画担当: 亀井)

プログラム
  • 趣旨説明
    • 「趣旨説明/私は最初の出会いで失敗した: カメルーンの熱帯雨林にて」(20分)
      亀井伸孝(愛知県立大学外国語学部)
  • 話題提供
    • 「私は選択で失敗した?」(20分)
      山北輝裕(日本大学文理学部
    • 「私は難民定住地で失敗した: 難民の生計調査での試行錯誤」(20分)
      村尾るみこ(東京外国語大学アジア・アフリカ言語文化研究所)
    • 「私は狭い視野で失敗した: ヒマラヤで,博物館で」(20分)
      宮本真二(岡山理科大学生物地球学部)
    • 「私は報告書の返却に失敗した: フィールドに応答する多様な形態」(20分)
      飯嶋秀治(九州大学大学院人間環境学研究院)
  • 総合討論「フィールドワークの失敗学は可能か」(120分)
    • 司会: 増田研(長崎大学大学院国際健康開発研究科)
    • コメント: 青山和佳(北海道大学大学院メディア・コミュニケーション研究院)
    • コメント: 小國和子(日本福祉大学国際福祉開発学部)
  • 終了後、懇親会
トラックバック - http://socinfo.g.hatena.ne.jp/contractio/20121110

2012-11-07

[] 科学コミュニケーション研究会 関東支部勉強会:梶谷真司「科学と聖なるもの」  科学コミュニケーション研究会 関東支部勉強会:梶谷真司「科学と聖なるもの」 - 日曜社会学>社会学的告知 を含むブックマーク はてなブックマーク -  科学コミュニケーション研究会 関東支部勉強会:梶谷真司「科学と聖なるもの」 - 日曜社会学>社会学的告知  科学コミュニケーション研究会 関東支部勉強会:梶谷真司「科学と聖なるもの」 - 日曜社会学>社会学的告知 のブックマークコメント

http://www.scicomsociety.jp/?page_id=25

  • 梶谷真司 氏 (東京大学総合文化研究科 准教授)
    「科学と聖なるもの ―― シュミッツの現象学から見た科学の両義性」

概要:

 宗教学者ルドルフ・オットーによれば、宗教的なものの根源となる「聖なるもの」は、戦慄すべきもの/魅惑するものという両義性を備えている。この宗教観は、後にヘルマン・シュミッツに受け継がれ、空間から襲いかかる雰囲気としての感情の理論の中で捉え直された。一般に科学や技術は宗教の対極にあるとされ、雰囲気や感情のようなものは、科学とは無縁か、排除すべきものと考えられやすい。しかし他方で、科学は、とりわけ技術と結びついた時、しばしば戦慄と魅惑を引き起こす。そうした「聖なるもの」は、学問としての科学そのものの性格ではないが、決して矛盾するものではなく、相互に喚起し、強化しあうものである。今回は、普段あまり注意を払われない科学のこうした側面について考える。

  • 開催日時: 2012年11月7日(水) 18:30-20:30
    • ※午後8時を過ぎると、建物は自動的に施錠されます。午後8時以降に遅れてくる事が確定されている方は、運営担当までご相談下さい。
  • 場所: 東京大学 本郷キャンパス 理学部1号館2F 206号室
    http://www.u-tokyo.ac.jp/campusmap/cam01_06_01_j.html
  • 参加方法: 科学コミュニケーションに興味を持つ方であれば、どなたでも ご参加いただけます。直接会場にお越し下さい。参加費は無料です。 (会場の定員は80名で、先着順となります)
  • 主催: 科学コミュニケーション研究会 関東支部有志
  • 問い合わせ先: kanto◎scicomsociety.jp
トラックバック - http://socinfo.g.hatena.ne.jp/contractio/20121107

2012-11-06

[] 分離主義の魅惑?—レズビアン・フェミニズム再考ー  分離主義の魅惑?—レズビアン・フェミニズム再考ー - 日曜社会学>社会学的告知 を含むブックマーク はてなブックマーク -  分離主義の魅惑?—レズビアン・フェミニズム再考ー - 日曜社会学>社会学的告知  分離主義の魅惑?—レズビアン・フェミニズム再考ー - 日曜社会学>社会学的告知 のブックマークコメント

https://plus.google.com/u/0/113292625936673729653/posts/bN2dBHq9Pxy

  • 2012/11/06(火) 18:00-20:30
  • 東京大学駒場キャンパス18号館1Fメディアラボ2
  • 飯野 由里子 (東京大学大学院教育学研究科)
  • 小松原 織香 (大阪府立大学人間社会学研究科博士後期課程)
  • 清水 晶子 (東京大学大学院総合文化研究科)

私たちはアイデンティティ・ポリティクスや「分離主義」の問題点を批判する言葉を持っています。けれどもだからといって、〈女性〉限定の場の繋がりの魅力が消えてしまったわけではありません。

そのジレンマをどう考え、どう語るのか。

「レズビアン・フェミニズム」として括られる思想や実践の多様性を踏まえた上で、「レズビアン・フェミニズム」と「クィア」の関係について、再検討したいと思います。

皆様の御参加をお待ちしています。

2012-11-02

[] エスノメソドロジー会話分析研究会 シンポジウム「知識現象のエスノメソドロジーの対象と課題:マイケル・リンチの研究を中心に」  エスノメソドロジー・会話分析研究会 シンポジウム「知識現象のエスノメソドロジーの対象と課題:マイケル・リンチの研究を中心に」 - 日曜社会学>社会学的告知 を含むブックマーク はてなブックマーク -  エスノメソドロジー・会話分析研究会 シンポジウム「知識現象のエスノメソドロジーの対象と課題:マイケル・リンチの研究を中心に」 - 日曜社会学>社会学的告知  エスノメソドロジー・会話分析研究会 シンポジウム「知識現象のエスノメソドロジーの対象と課題:マイケル・リンチの研究を中心に」 - 日曜社会学>社会学的告知 のブックマークコメント

http://emca.jp/

本年度のEMCA研大会は、日本社会学会の前日に開催されます。自由報告公募の募集受付は8/31まで。

こちらにはシンポジウム概要を掲載しておきます。


シンポジウム「知識現象のエスノメソドロジーの対象と課題:マイケル・リンチの研究を中心に」

エスノメソドロジー研究と科学の社会的研究における主導者の一人であるマイケル・リンチの主著 Scientific Practice and Ordinary Action が、このたび邦訳・刊行されることになりました(2012年初秋の予定)。

周知のように、リンチは、科学実践や歴史記述の実践などについての詳細なエスノメソドロジー研究を行い続けているとともに、知識社会学・科学社会学エスノメソドロジー会話分析のこれまでのあり方に対しても今なお批判的論点を指摘し続けています。そしてこのたび邦訳刊行される著作には、こうしたリンチの考え方が凝縮された形でまとめられています。

そこでこのシンポジウムは、このリンチの著作を中心に据えながら、彼の経験的研究の概要とその焦点について検討するとともに、彼が既存の研究に対して示してきた批判的論点をも取りあげて検討していきたいと考えています。

このような検討を通して、知識現象のエスノメソドロジーのあり方とその意義について、さらには知識現象を社会学的に研究することとはどのようなことなのかについて、会場のみなさんとともに議論できればと考えています。

シンポジウム登壇者(敬称略)
http://emca.jp/history/2012.php
トラックバック - http://socinfo.g.hatena.ne.jp/contractio/20121102