Hatena::Groupsocinfo

日曜社会学>社会学的告知 このページをアンテナに追加 RSSフィード

ただいま、はてなグループの→「カレンダー」機能の使用を検討中。
告知申請は →掲示板*か メール にて。

2012-11-02

[] エスノメソドロジー会話分析研究会 シンポジウム「知識現象のエスノメソドロジーの対象と課題:マイケル・リンチの研究を中心に」  エスノメソドロジー・会話分析研究会 シンポジウム「知識現象のエスノメソドロジーの対象と課題:マイケル・リンチの研究を中心に」 - 日曜社会学>社会学的告知 を含むブックマーク はてなブックマーク -  エスノメソドロジー・会話分析研究会 シンポジウム「知識現象のエスノメソドロジーの対象と課題:マイケル・リンチの研究を中心に」 - 日曜社会学>社会学的告知  エスノメソドロジー・会話分析研究会 シンポジウム「知識現象のエスノメソドロジーの対象と課題:マイケル・リンチの研究を中心に」 - 日曜社会学>社会学的告知 のブックマークコメント

http://emca.jp/

本年度のEMCA研大会は、日本社会学会の前日に開催されます。自由報告公募の募集受付は8/31まで。

こちらにはシンポジウム概要を掲載しておきます。


シンポジウム「知識現象のエスノメソドロジーの対象と課題:マイケル・リンチの研究を中心に」

エスノメソドロジー研究と科学の社会的研究における主導者の一人であるマイケル・リンチの主著 Scientific Practice and Ordinary Action が、このたび邦訳・刊行されることになりました(2012年初秋の予定)。

周知のように、リンチは、科学実践や歴史記述の実践などについての詳細なエスノメソドロジー研究を行い続けているとともに、知識社会学・科学社会学エスノメソドロジー会話分析のこれまでのあり方に対しても今なお批判的論点を指摘し続けています。そしてこのたび邦訳刊行される著作には、こうしたリンチの考え方が凝縮された形でまとめられています。

そこでこのシンポジウムは、このリンチの著作を中心に据えながら、彼の経験的研究の概要とその焦点について検討するとともに、彼が既存の研究に対して示してきた批判的論点をも取りあげて検討していきたいと考えています。

このような検討を通して、知識現象のエスノメソドロジーのあり方とその意義について、さらには知識現象を社会学的に研究することとはどのようなことなのかについて、会場のみなさんとともに議論できればと考えています。

シンポジウム登壇者(敬称略)
http://emca.jp/history/2012.php
トラックバック - http://socinfo.g.hatena.ne.jp/contractio/20121102