Hatena::Groupsocinfo

日曜社会学>社会学的告知 このページをアンテナに追加 RSSフィード

ただいま、はてなグループの→「カレンダー」機能の使用を検討中。
告知申請は →掲示板*か メール にて。

2012-12-01

[] 科学社会学会設立大会  科学社会学会設立大会 - 日曜社会学>社会学的告知 を含むブックマーク はてなブックマーク -  科学社会学会設立大会 - 日曜社会学>社会学的告知  科学社会学会設立大会 - 日曜社会学>社会学的告知 のブックマークコメント

http://www.l.u-tokyo.ac.jp/JASTS/program.htm

プログラム

12月1日(土)
  • 10:30~11:30 設立総会
    会場:法文1号館1F法学部22番教室 司会:寿楽 浩太(東京電機大学
  • 11:30~13:00 昼休み (11:45~12:45 理事会)
  • 13:00~15:00 セッション1 リスクと再帰的近代化
    会場:法文1号館3F 315番教室 司会:三上 剛史(神戸大学
    • 鈴木 和歌奈(大阪大学)「科学技術における未来志向性」
    • 伊藤 美登里(大妻女子大学)「再帰的近代における科学とリスクと政治―『リスク社会』を読み直す」
    • 河村 賢(東京大学)「「対テロ戦争」はいかにして可能となったか」
  • 15:30~18:00 公開シンポジウム「国策の失敗軌道をどう転換するか」
    会場:法文1号館1F法学部22番教室
    • モデレータ:松本 三和夫(東京大学
    • パネリスト:立石 裕二(関西学院大学)社会学
    • 伊藤 憲二(総合研究大学院大学)科学史
    • 鈴村 興太郎(早稲田大学)理論経済学
    • 今田 正俊(東京大学)物理学
12月2日(日)
  • 10:00~12:00 セッション2 「リスク論」をこえて
    会場:法文1号館3F 315番教室 司会:小松 丈晃(北海道教育大学
  • 定松 淳(東京大学)「ダイオキシン論争の社会学的再定位」
  • 毛利 康俊(西南学院大学)「技術評価のための法制度設計について―ルーマン派アプローチの広がりに留意しつつ」
  • 小松 丈晃(北海道教育大学)「科学技術のリスク管理への社会システム論的接近―ルーマンの組織システム論を軸にして―」
  • 12:00~13:15 昼休み
  • 13:15~15:30 セッション3 生と死のはざまにて
    会場:法文1号館3F 315番教室 司会:鈴木 晃仁(慶応義塾大学)
    • モハーチ・ゲルゲイ(慶應義塾大学)「病気を数える―糖尿病治療における社会技術的通約化に関する考察―」
    • 野村 安以(大阪大学)・吉澤 剛(大阪大学)「「ヒトゲノム・遺伝子解析研究に関する倫理指針」の改定をめぐる批判的談話分析」
    • 佐藤 雅浩(慶應義塾大学)「世紀転換期日本における精神医学的知識の普及過程」
    • 山田 陽子(広島国際学院大学)「職場における死の解釈と「疲労の科学」―うつと自殺の社会保障
  • 15:45~18:00 セッション4 マクロ環境、そしてミクロ環境
    会場:法文1号館3F 315番教室 司会:廣野 喜幸(東京大学
  • 18:30~ 打ち上げワーキングディナー

[] 第18回リプロダクション研究会:ワークショップ「新しい出生前検査」について考える  第18回リプロダクション研究会:ワークショップ「新しい出生前検査」について考える - 日曜社会学>社会学的告知 を含むブックマーク はてなブックマーク -  第18回リプロダクション研究会:ワークショップ「新しい出生前検査」について考える - 日曜社会学>社会学的告知  第18回リプロダクション研究会:ワークショップ「新しい出生前検査」について考える - 日曜社会学>社会学的告知 のブックマークコメント

http://blogs.shiminkagaku.org/shiminkagaku/2012/10/121.html

第18回リプロダクション研究会:ワークショップ「新しい出生前検査」について考える

  • 話題提供 渡部麻衣子さん
  • 2012年12月1日(土)14〜17時
    • 13時30分開場
  • 赤羽会館 第一和室
  • 参加費:1,000円/事前にお申し込みいただけると助かります。

 8月下旬より「新しい出生前検査」に関する報道をよく耳にするようになりました。

今、話題となっている検査は、妊婦の血液中に流れる胎児のDNA断片を用いて胎児の染色体数を確認する検査法で、染色体数の異常を非常に高い確率で同定することができる、というものです。

 妊婦の血液中に胎児のDNAが存在するということが報告されたのは1997年のことです。

 以来10年以上の歳月をかけて続けられてきた研究成果のひとつが、この検査なのです。

 しかし、技術的な可能性や神秘性と、社会的な妥当性、必要性との間には乖離があります。

 頻発する報道の背景には、特定の障害を対象として、このように簡便な検査が登場することを「どのように受け止めてよいかわからない」という社会心理が反映されているようです。

 今年10月5日には、倫理的な問題を懸念する日本産婦人科学会からの要請に応じる形で、臨床応用の延期が決定されました。

 今まさに、「新しい出生前検査」について、考えること が求められています。

 しかし、私たちは、一体どこから、この問題について考えていけばいいのでしょうか。

 ご報告では、出生前検査一般の普及がいち早く進んだイギリスを事例としたこれまでの検討をふまえて、みなさんと考えてみたいと思います。

  • 話題提供 渡部 麻衣子 さん

プロフィール 日本学術振興会特別研究員PD、東京大学大学院情報学環

2002年から2005年まで、イギリスのウォリック大学大学院社会学部博士課程に在籍。科学技術社会論を専攻し、母体血を用いた出生前検査の開発と普及の経緯を研究対象とする。帰国後、2006年まで市民科学研究室に在籍、以後、2006年から2008年まで北里大学大学院で遺伝子検査の市場化に関する研究プロジェクト(代表:高田史男教授・産科医)、2008年から2011年まで東京大学医科学研究所にてオーダーメイド医療実現化プロジェクトなどに参加。2011年より現職。

  • 主催:NPO法人市民科学研究室・生命操作研究会+babycom+リプロダクション研究会
  • 問い合わせ&申し込み TEL: 03-5834-8328 E-mail: renraku[atmark]shiminkagaku.org

[][] 日本現象学・社会科学会第29回大会  日本現象学・社会科学会第29回大会 - 日曜社会学>社会学的告知 を含むブックマーク はてなブックマーク -  日本現象学・社会科学会第29回大会 - 日曜社会学>社会学的告知  日本現象学・社会科学会第29回大会 - 日曜社会学>社会学的告知 のブックマークコメント

http://www.jspss.org/

日本現象学・社会科学会の2012年度年次大会を、2012年12月1, 2日に、神戸大学で開催いたします。

一般報告の募集

 今年度大会での一般報告の報告者を募集致します。報告をご希望の方は、8月31日までに、

  • 1)報告タイトルおよび概要(300字程度)、
  • 2)お名前、
  • 3)ご所属、
  • 4)連絡先(住所・電話番号・E-mailアドレス等)

を添えて、事務局までお申し込み下さい。1)~3)の項目については、プログラム等とあわせて、HP掲載を予定しております。

 報告時間は45分(質疑応答15分を含む)を予定しています。

トラックバック - http://socinfo.g.hatena.ne.jp/contractio/20121201