Hatena::Groupsocinfo

日曜社会学>社会学的告知 このページをアンテナに追加 RSSフィード

ただいま、はてなグループの→「カレンダー」機能の使用を検討中。
告知申請は →掲示板*か メール にて。

2012-12-27

[][] ジェンダー研究会:小宮友根「諸「ジェンダー」概念と学的思考の筋道」  ジェンダー研究会:小宮友根「諸「ジェンダー」概念と学的思考の筋道」 - 日曜社会学>社会学的告知 を含むブックマーク はてなブックマーク -  ジェンダー研究会:小宮友根「諸「ジェンダー」概念と学的思考の筋道」 - 日曜社会学>社会学的告知  ジェンダー研究会:小宮友根「諸「ジェンダー」概念と学的思考の筋道」 - 日曜社会学>社会学的告知 のブックマークコメント

要事前申し込み。

教室が変わりました(20121225追記)

ジェンダー研究会のご案内

  • 日時: 12月27日(木) 16時30分~18時30分ころ
  • 場所: 京都大学吉田キャンパス 文学部校舎5階 社会学共同研究室 (変更の可能性あり)
    文学部校舎1階 第2講義室
    http://www.bun.kyoto-u.ac.jp/about/access/
  • 報告: 小宮友根先生 「諸「ジェンダー」概念と学的思考の筋道――『実践の中のジェンダー』の方向性について」
概要

「ジェンダー」という概念は、なんらかの意味で性別という現象の「社会性」を指示するために用いられる言葉だけれど、その内実は、文脈に応じて、因果説明的だったり、認識論的だったり、社会批判的だったり、さまざまである。

 この報告では、ジェンダーという概念が特定の仕方で使われるとき、そこでどのような学的思考が拓かれ/あるいは閉じられるのかを整理することで、拙著『実践の中のジェンダー』で筆者が拓こうと試みた研究の方向性について論じたい。また、全体としてフェミニズムの目的のためにその概念が使われてきた歴史に照らしたとき、その方向性が持つ意義についても言及したい。

※準備の都合上、参加ご希望の方は、事前にご連絡ください。
連絡先:oda.akiko.62x[at]st.kyoto-u.ac.jp

実践の中のジェンダー?法システムの社会学的記述

実践の中のジェンダー?法システムの社会学的記述

トラックバック - http://socinfo.g.hatena.ne.jp/contractio/20121227