Hatena::Groupsocinfo

日曜社会学>社会学的告知 このページをアンテナに追加 RSSフィード

ただいま、はてなグループの→「カレンダー」機能の使用を検討中。
告知申請は →掲示板*か メール にて。

2013-03-10

[] 第5回子どもの相互行為分析研究会  第5回子どもの相互行為分析研究会 - 日曜社会学>社会学的告知 を含むブックマーク はてなブックマーク -  第5回子どもの相互行為分析研究会 - 日曜社会学>社会学的告知  第5回子どもの相互行為分析研究会 - 日曜社会学>社会学的告知 のブックマークコメント

https://sites.google.com/site/takagitomoyo/home/kodomo-no-sougo-koui-kenkyuu-kai-no-oshirase

第5回は、Mardi Kidwellさん(ニューハンプシャー大学コミュニケーション学部)による講演とワークショップ、データセッションなどを予定しています。

基本的に、使用言語は英語となります。(通訳はつきません。)

3月9日(土)筑波大学東京キャンパス:

国際ワークショップ:保育・育児の相互行為分析
  • 10:00-10:10 Opening Remarks Tomoyo Takagi
  • 10:10-11:00 Tomoko Endo (JSPS)
    When kids say NO: Negotiation of activity and participation in Japanese child-caregiver interaction
  • 11:05-11:55 Satomi Kuroshima (Meijigakuin University)
    Responsibility in resaying: Children's responses to caregiver's repair initiation
第5回子どもの相互行為分析研究会
  • 13:00-13:50 Tomoyo Takagi (University of Tokyo)
    Guiding how to be a “good” participant: Use of nesting position in family interaction
  • 13:55-14:45 Matt Burdelski (University of Osaka)
    Multimodal affect socialization.
  • 14:50-15:50 Emi Morita (National University of Singapore)
    Display of sequential trajectory understanding in the talk of a three year old
  • 15:50-16:00 Break
  • 16:00-17:30 Mardi Kidwell (University of New Hampshire)
    Techniques of Early Engagement: Object Deployment in Very Young Children's Interactions

* Each slot includes talk and discussion. All talks are given in English without translation. Discussion can be done either in English or in Japanese.

  • 18:00- Informal Reception

3月10日(日)筑波大学東京キャンパス

アメリカおよび日本における子どもと養育者の相互行為場面のデータ・セッション
  • Data Session
  • Sunday, March 10, 2013
  • Venue: Bunkyo School Building at Tokyo Campus of Tsukuba University
  • 10:00~12:00
    Data Session 1: Analyzing a segment from American caregiver-child interaction
  • 14:00~16:00
    Data Session 2: Analyzing a segment from Japanese caregiver-child interaction
  • 主催: 科学研究費補助金 [研究代表者:高木智世 研究課題名:「家族」となることの実践:乳幼児の家族相互行為参加の組織]および[研究代表者:高田明 研究課題名:教育・学習の文化的・生態学的基盤:リズム、模倣、交換の発達に関する人類学的研究]
  • 問い合わせ:高木智世 takagi.tomoyo.gp[at]u.tsukuba.ac.jp
トラックバック - http://socinfo.g.hatena.ne.jp/contractio/20130310