Hatena::Groupsocinfo

日曜社会学>社会学的告知 このページをアンテナに追加 RSSフィード

ただいま、はてなグループの→「カレンダー」機能の使用を検討中。
告知申請は →掲示板*か メール にて。

2013-03-17

[] Dave Randall 講演会「'What about sea urchins?': supporting the work of distributed collaborative ontology building」  Dave Randall 講演会「'What about sea urchins?': supporting the work of distributed collaborative ontology building」 - 日曜社会学>社会学的告知 を含むブックマーク はてなブックマーク -  Dave Randall 講演会「'What about sea urchins?': supporting the work of distributed collaborative ontology building」 - 日曜社会学>社会学的告知  Dave Randall 講演会「'What about sea urchins?': supporting the work of distributed collaborative ontology building」 - 日曜社会学>社会学的告知 のブックマークコメント

HI学会主催 Dave Randall 教授 特別講演会
'What about sea urchins?': supporting the work of distributed collaborative ontology building

  • 概要と狙い:
     エスノグラフィをシステム・デザインと結びつける研究を長されておられるDave Randall先生が来日されるにあたって、講演会を企画させていただく運びとなりました。Randall氏は、エスノメソドロジー研究者としてワークプレイスから個人の自宅まで、種々のエスノグラフィ―に基づいた研究に携わられ、HCIやCSCWで活躍されてこられました。
     今回は、オントロジーの構築作業のエスノグラフィ―に基づいた最近のご研究についてお話になられます。ナレッジワーカーの非定型で複雑な作業支援をいかに実現するべきかという点は、近年ますます注目されています。皆様にとって有意義な機会となれば幸いです。
    (コーディネータ:慶應義塾大学 池谷のぞみ 筑波大学 葛岡英明)
  • 講演概要:
    This paper reports on an study of collaborative, distributed ontology building and forms part of a growing interest in supporting knowledge work. Ontologies in the context of computer science are structured vocabularies in which concepts and the relationships between them are clearly defined according to a set of logical principles. Annotation allows for term independence such that, in principle, data which has been collected can be shared and reused. Ontologies are now widely used in the biological sciences and are increasingly being deployed to other purposes. They have further claimed advantages, including the fact that they are, in principle, infinitely modifiable and extensible. Here, our study concentrates on a series of meetings and online discussions taking place with a small group of people meeting to rebuild a and crafted ontology. The intention was to descibe and analyse the classification processes, and the artefactual and other knowledge resources, used with a view to understanding their implications for the design of collaborative support.
  • 参加申込: 学会事務局(his-seminar[at]his.gr.jp)まで、ご氏名、ご所属、連絡先メールアドレスを明記の上、お申込みください。
  • 参加費: 学生: 500円、一般: 1,000円
    参加費は当日、会場受付にて直接、お支払いください。

[] ハイデガー・フォーラム:川口茂雄『表象とアルシーヴの解釈学』合評会  ハイデガー・フォーラム:川口茂雄『表象とアルシーヴの解釈学』合評会 - 日曜社会学>社会学的告知 を含むブックマーク はてなブックマーク -  ハイデガー・フォーラム:川口茂雄『表象とアルシーヴの解釈学』合評会 - 日曜社会学>社会学的告知  ハイデガー・フォーラム:川口茂雄『表象とアルシーヴの解釈学』合評会 - 日曜社会学>社会学的告知 のブックマークコメント

プログラム
  • 13:00-13:10 著者あいさつ
  • 13:10-14:00 セッション①「記憶」川崎惣一(宮城教育大学
  • 14:00-14:50 セッション②「歴史」鹿島徹(早稲田大学)
  • 14:50-15:00 休憩
  • 15:00-15:50 セッション③「忘却」佐藤啓介(聖学院大学
  • 15:50-17:00 全体討議
  • 司会:齋藤元紀(法政大学)

  • 申し込み不要・参加自由。
  • 連絡先:heidegger.tokyo[at]gmail.com
トラックバック - http://socinfo.g.hatena.ne.jp/contractio/20130317