Hatena::Groupsocinfo

日曜社会学>社会学的告知 このページをアンテナに追加 RSSフィード

ただいま、はてなグループの→「カレンダー」機能の使用を検討中。
告知申請は →掲示板*か メール にて。

2013-06-30

[] 公開シンポジウム:「危機」の身体—クィア、ディスアビリティと「3.11」以降の日本  公開シンポジウム:「危機」の身体—クィア、ディスアビリティと「3.11」以降の日本 - 日曜社会学>社会学的告知 を含むブックマーク はてなブックマーク -  公開シンポジウム:「危機」の身体—クィア、ディスアビリティと「3.11」以降の日本 - 日曜社会学>社会学的告知  公開シンポジウム:「危機」の身体—クィア、ディスアビリティと「3.11」以降の日本 - 日曜社会学>社会学的告知 のブックマークコメント

http://queerdisability311.tumblr.com/post/51448188478/3-11

「危機」の身体——クィア、ディスアビリティと「3.11」以降の日本

〈概要〉

 2011 年 3 月 11日の東日本大震災とそれに続く東京電力福島第一原発事故という社会的危機を契機に、さまざまな状況を利用してナショナルなものを新たに立ち上げようとする機運が高まっています。しかしその過程において、ヴァルネラビリティの不均衡な配分構造は相変わらず温存されたままです。結果として、異性愛中心主義や健常性中心主義から外れる身体や生を生きる者に大きな不利益が生じています。

 こうした社会的状況にあって、クィア・スタディーズとディスアビリティ・スタディーズ(障害学)の知見を交錯させることで、何を考えることができる/考えるべきなのか。たとえば、その都度変化する状況と不確定なリスクにフレキシブル(柔軟)に対応できる身体は、社会的・経済的、そして「国家的」危機を生き抜く強靭さをもった理想として、ますます希求される傾向にあります。「自分の身は自分で守り」「不測の事態に対応できるようにしておく」こと。こうした要請が強化されていく裏面でどのような生がどのように置き去りにされ、生存困難な状況に追い込まれるのか。私たちはそれを問いたいと思います。

 今回のシンポジウムは、クィアとディスアビリティの双方の分野において「3.11」以降の〈ヴァルネラブルな生〉に関する論考を発表されてきた高橋準さん、本多創史さんをお迎えし、「3.11」以降の日本という〈国家〉や社会において生のヴァルネラビリティがいかに配置され割り当てられてきたのか、そしてまたそのような状況にあってクィア・スタディーズやディスアビリティ・スタディーズ(障害学)の既存の知見がいかに再編成されるべきなのかを、考えてみたいと思います。

  • 日時:2013年6月30日(日)13:30〜17:00
  • 場所:東京大学駒場キャンパス18号館ホール
  • 主催:科研費研究プロジェクト「『国家的危機』における身体の柔軟性と選別に関する分析:3.11後のナショナリズム
  • 共催:
    • 東京大学大学院総合文化研究科・教養学部附属 共生のための国際哲学研究センター(UTCP)
    • 東京大学大学院教育学研究科附属バリアフリー教育開発研究センター
  • 参加費等:無料
  • 情報保障:
    • パソコン要約筆記
    • 手話通訳(希望者がある場合のみ)
      ☆お手数ですが、手話通訳を希望される方は、6月10日(月)までに、下記のお問い合わせ先までご連絡下さい。また、その他何か個別にご要望等がありましたらご相談下さい。ただし、こちらでは対応できないこともございますので、その点は予めご了承下さい。
<お問い合わせ先>
  • 東京大学大学院教育学研究科附属バリアフリー教育開発研究センター
  • 電子メール:cbfe[at]p.u-tokyo.ac.jp
  • 電話/FAX:03-5841-1406
トラックバック - http://socinfo.g.hatena.ne.jp/contractio/20130630

2013-06-29

[] 第2回自然主義研究会:ギャラガー&ザハヴィ『現象学的な心』合評会  第2回自然主義研究会:ギャラガー&ザハヴィ『現象学的な心』合評会 - 日曜社会学>社会学的告知 を含むブックマーク はてなブックマーク -  第2回自然主義研究会:ギャラガー&ザハヴィ『現象学的な心』合評会 - 日曜社会学>社会学的告知  第2回自然主義研究会:ギャラガー&ザハヴィ『現象学的な心』合評会 - 日曜社会学>社会学的告知 のブックマークコメント

第2回自然主義研究会:ギャラガー&ザハヴィ『現象学的な心』合評会

開催趣旨

20世紀初頭に強い相互影響を保ちながら成立した現象学分析哲学は、言語や論理、心といった共通のテーマを扱いつつも、全く違った発展の経路をたどってきた。クワイン以降、分析哲学の一部が自然主義に舵を切り、経験科学の成果を取り込んでいったのに対して、現象学の主流は、その基礎を築いたフッサールがとった反自然主義的立場を堅持している。ギャラガー&ザハヴィの『現象学的な心:心の哲学認知科学入門』(石原孝二他訳、勁草書房)は、近年著しく発展している心の科学(神経科学・心理学・認知科学)の成果を取り入れながら、分析的な心の哲学と対決し、新しい現象学を作ろうとする野心的な書物である。この合評会では、ギャラガー&ザハヴィが扱っている三つの分野、現象学心の哲学・心の科学、それぞれを専門とする研究者からのコメントを手掛かりに、参加者とともに議論することで、新しい現象学の可能性や射程を考えていきたい。

  • 開催日時:2013年6月29日(土)13:00〜18:30
  • 開催場所:一橋大学 国立東キャンパス 第三研究館3階 会議室
    下記キャンパスマップの40番の建物です。
    http://goo.gl/S0kVH
  • 問い合わせ:原塑 sakuhara(at)sal.tohoku.ac.jp

現象学的な心: 心の哲学と認知科学入門

現象学的な心: 心の哲学と認知科学入門

トラックバック - http://socinfo.g.hatena.ne.jp/contractio/20130629

2013-06-23

[] ボードワン・デュプレ講演会「アラブTV放送における反テロ映像のビデオ分析」/「人類学・エスノグラフィ・法的実践」  ボードワン・デュプレ講演会「アラブTV放送における反テロ映像のビデオ分析」/「人類学・エスノグラフィ・法的実践」 - 日曜社会学>社会学的告知 を含むブックマーク はてなブックマーク -  ボードワン・デュプレ講演会「アラブTV放送における反テロ映像のビデオ分析」/「人類学・エスノグラフィ・法的実践」 - 日曜社会学>社会学的告知  ボードワン・デュプレ講演会「アラブTV放送における反テロ映像のビデオ分析」/「人類学・エスノグラフィ・法的実践」 - 日曜社会学>社会学的告知 のブックマークコメント

要事前申込み:http://emca.jp/emca_seminar/20130623-dupret.php

  • 日時: 2013年6月23日(日)
  • 場所: 東海大学高輪キャンパス1号館1201教室
  • 参加費: 無料
  • 定員: 50名(先着順)
  • 10:00-12:30 講演1:SPEAKING THE TRUTH: Advocacy Video Clips against Terror (「真実の語り――アラブTV放送における反テロ映像のビデオ分析」)
  • 14:00-18:00 講演2:ANTHROPOLOGY, ETHNOGRAPHY AND LEGAL PRACTICE: Law as a practical accomplishment (「人類学・エスノグラフィ・法的実践――実践的達成としての法」)

※講演は英語でおこなわれますが、通訳がつきます。

※講演タイトルおよび概要については正式に決まり次第告知いたします。


トラックバック - http://socinfo.g.hatena.ne.jp/contractio/20130623

2013-06-16

[] 構築主義を再構築するプロジェクト・スペシャルセッション  構築主義を再構築するプロジェクト・スペシャルセッション - 日曜社会学>社会学的告知 を含むブックマーク はてなブックマーク -  構築主義を再構築するプロジェクト・スペシャルセッション - 日曜社会学>社会学的告知  構築主義を再構築するプロジェクト・スペシャルセッション - 日曜社会学>社会学的告知 のブックマークコメント

(1)第1報告  13:10-14:40

  • 題目: 公共の不安?社会構築主義の公共社会学への貢献可能性
  • 話者: マイケル アドリャン 香港大学 犯罪学部 社会学科
  • 要約: 社会構築主義は公共社会学の議論に不在であったが,コンテクストに注意を向ける能力を考えれば,構築主義の知識はマイケルブラウォイの「有機的」公共社会学に応用できる.この際,構築主義者は分析者としての独特の視点を求められる.社会学の学問的整合性や「公共」の研究法やその意味のほか,構築主義公共社会学の課題を指摘する.
  • 紹介: マックマスター大学社会学博士号取得.香港大学犯罪学部社会学科助教.専攻分野は少年犯罪の言説,犯罪不安,警察への信頼,犯罪治療,犯罪学理論,解釈犯罪学,比較犯罪学,ネット社交性.香港での少年犯罪に対する言説を調査.犯罪不安と警察への信頼感の関係を調査するプロジェクトのほか,被害者加害者和解プログラムの調査を指揮.

討論: 14:40-15:40

話者:  中河伸俊 関西大学 総合情報学部

紹介: 京都大学大学院文学研究科社会学博士号取得.関西大学総合情報学部教授.富山大学人文学部教授,大阪府立大学総合科学部教授,大阪府立大学人間社会学部教授などを経て,2012年より現職.専攻分野は社会問題研究,社会学理論,ポピュラー文化の社会学.構築主義アプローチを社会問題だけでなくさまざまな社会的事象に応用.

(2)第2報告 16:00-17:30

  • 題目: 精神医療技術を通じた自己形成に関する社会学的研究―薬物療法・精神療法の利用者の観点から―
  • 話者: 櫛原克哉 東京大学大学院 人文社会系研究科
  • 要約: 社会関係への参与に困難を覚えたことから,精神医療技術(薬物療法・精神療法)を利用した経験のある人々の語りを考察.再帰性(ギデンズ)と統治(ローズ)という,相反する2つの視点を経験的に考察すべく,医療機関の受診経験のある6名にインタビュー調査を実施.結果,(1)全人格型の語り,(2)場面型の語り,(3)想像型の語りという3つの語りの類型を導出.
  • 紹介:東京大学大学院人文社会系研究科社会学修士号取得.同研究科博士課程在籍.

※なお、研究会終了後、懇親会を設定しております。こちらもふるってご参加ください。

トラックバック - http://socinfo.g.hatena.ne.jp/contractio/20130616

2013-06-15

[] 秋風千惠『軽度障害の社会学――「異化&統合」をめざして』合評会  秋風千惠『軽度障害の社会学――「異化&統合」をめざして』合評会 - 日曜社会学>社会学的告知 を含むブックマーク はてなブックマーク -  秋風千惠『軽度障害の社会学――「異化&統合」をめざして』合評会 - 日曜社会学>社会学的告知  秋風千惠『軽度障害の社会学――「異化&統合」をめざして』合評会 - 日曜社会学>社会学的告知 のブックマークコメント

京都社会調査研究会・公開企画
秋風千惠(著)『軽度障害の社会学――「異化&統合」をめざして』合評会

 障害の重度/軽度や当事者の主観の持ち方によって、障害が当事者の意味世界に及ぼす影響は異なるのではないだろうか。自身の障害を軽いと認識している人びとは、重いと認識している人びととは別様の生きづらさを感じているのではないだろうか。(本文7頁)

 こうして始まる『軽度障害の社会学』から、私たちは何を学び、どんな論点を引き出し、また今後どうやって「障害」の研究を進めていくべきなのか?

4時間にわたって論じつくす、障害学、エスノメソドロジー、ライフストーリー研究の異種格闘技イベント。

トラックバック - http://socinfo.g.hatena.ne.jp/contractio/20130615

2013-06-11

[] 市野川 容孝×濱口 桂一郎「社会的なもの」と新しい労働社会」  市野川 容孝×濱口 桂一郎「社会的なもの」と新しい労働社会」 - 日曜社会学>社会学的告知 を含むブックマーク はてなブックマーク -  市野川 容孝×濱口 桂一郎「社会的なもの」と新しい労働社会」 - 日曜社会学>社会学的告知  市野川 容孝×濱口 桂一郎「社会的なもの」と新しい労働社会」 - 日曜社会学>社会学的告知 のブックマークコメント

要事前申込み。

http://www.junkudo.co.jp/tenpo/evtalk.html

ジュンク堂書店池袋本店 「JUNKU 連続トークセッション」
市野川 容孝×濱口 桂一郎

  • 日時:2013年6月11日(火)19:30 〜

平等・連帯・自律を支えるものでありながら、日本の思想・政治状況のなかでは忘却されてしまった「社会的なもの/ソーシャル」の理念。その可能性を徹底的に論じた『社会的なもののために』の刊行を機に、編者の市野川容孝さんと『新しい労働社会』の濱口桂一郎さんに、現代の労働社会と「社会的なもの」について論じていただきます。

市野川容孝(いちのかわ・やすたか)●プロフィール

1964年生まれ。東京大学大学院総合文化研究科教授。専攻は社会学。 主な著書に、『社会』『社会学』(いずれも岩波書店)など。

濱口桂一郎(はまぐち・けいいちろう)●プロフィール

1958年生まれ。労働政策研究・研修機構労使関係・労使コミュニケーション 部門統括研究員。主な著書に、『新しい労働社会』(岩波新書)、『日本の 雇用と労働法』(日経文庫)など。

  • イベントに関するお問い合わせ、ご予約は下記へお願いいたします。
    ジュンク堂書店池袋本店
    TEL 03-5956-6111
    東京都豊島区南池袋2-15-5
トラックバック - http://socinfo.g.hatena.ne.jp/contractio/20130611

2013-06-07

[] 村松正隆「哲学は〈中間団体〉を論じうるか?──西洋哲学・社会学における〈中間団体〉論とその受容」  村松正隆「哲学は〈中間団体〉を論じうるか?──西洋哲学・社会学における〈中間団体〉論とその受容」 - 日曜社会学>社会学的告知 を含むブックマーク はてなブックマーク -  村松正隆「哲学は〈中間団体〉を論じうるか?──西洋哲学・社会学における〈中間団体〉論とその受容」 - 日曜社会学>社会学的告知  村松正隆「哲学は〈中間団体〉を論じうるか?──西洋哲学・社会学における〈中間団体〉論とその受容」 - 日曜社会学>社会学的告知 のブックマークコメント

このたび和歌山大学哲学教室では、北海道大学の村松正隆先生をお招きして、個 人の自由と共同体の秩序がはらむ緊張について、「中間団体」をキーワードに 語っていただきます。村松先生はこの3月にフランス、エクサン=プロヴァンス で日本の「中間団体」を巡る議論を丸山眞男とからめつつ論ずる、という発表を され、内外の研究者と討論して来られましたので、各国の歴史的・社会的状況な ど幅広い視点で話題を提供してくださるものと期待しています。

村松先生のご専門はフランス・スピリチュアリスム、特にメーヌ・ド・ビランを 中心とした近現代フランス哲学・倫理学ですが、哲学の枠にとらわれず、さまざ まな分野の方々と意見交換し、実り豊かなひと時を過ごしたいと思いますので、 たくさんの方のご来場をお待ちしております。

タイトル: 「哲学は〈中間団体〉を論じうるか?──西洋哲学・社会学における〈中間団体〉論とその受容」

  • 提題者: 村松正隆 先生(北海道大学大学院文学研究科倫理学講座准教授)
  • 日  付: 2013年6月7日(金)
  • 時  間: 16:30〜18:00
  • 場  所: 和歌山大学 教育学部棟 5階 第2会議室

当日は、研究発表(60分)+質疑応答(30分)とする予定です。

懇親会の席を設ける予定ですので、参加される方は6月3日までにご連絡ください。

お問い合せは、小関彩子(ozeki[at]center.wakayama-u.ac.jp)まで

小関研究室電話:073-457-7300

トラックバック - http://socinfo.g.hatena.ne.jp/contractio/20130607

2013-06-01

[] 一橋大学哲学・社会思想学会  一橋大学哲学・社会思想学会 - 日曜社会学>社会学的告知 を含むブックマーク はてなブックマーク -  一橋大学哲学・社会思想学会 - 日曜社会学>社会学的告知  一橋大学哲学・社会思想学会 - 日曜社会学>社会学的告知 のブックマークコメント

http://www.soc.hit-u.ac.jp/~okochi/hit_social_thought/conference.htm

  • 10:00~11:00 個人研究発表1
    • 中島 新(社会学研究科博士後期課程・大河内ゼミ)「シェリング自然哲学における「化学」の位置づけ-「有機体」構想との関係から」
  • 11:00~12:00 個人研究発表2
    • 坪光 生雄(社会学研究科博士後期課程・深澤ゼミ)「チャールズ・テイラーの多元的世俗論とその神学的方向付けについて」
  • 13:00~14:00 個人研究発表3
    • 隅田 聡一郎(社会学研究科博士後期課程・平子ゼミ)「マルクス『資本論』における「本源的蓄積論」-「小農」理論の視座-」
  • 14:10~17:10 シンポジウム「社会哲学の現在」
  • 17:20~18:00 総会

[] 現代経済思想研究会(第14回)[東京開催]  現代経済思想研究会(第14回)[東京開催] - 日曜社会学>社会学的告知 を含むブックマーク はてなブックマーク -  現代経済思想研究会(第14回)[東京開催] - 日曜社会学>社会学的告知  現代経済思想研究会(第14回)[東京開催] - 日曜社会学>社会学的告知 のブックマークコメント

http://econthought.net/modules/d3blog3/details.php?bid=29

・下記の要領で第14回研究会を開催いたします。

・終了後、懇親会も開催いたします。ぜひご予定にお組み入れいただけますと幸いです。

[第1セッション] 

合評会:野原慎司 『アダム・スミスの近代性の根源——市場はなぜ見出されたのか』京都大学学術出版会、2013年

http://econthought.net/modules/d3blog/details.php?bid=406

  • コメント1:安藤裕介(立教大学法学部)
  • コメント2:水田健(東日本国際大学経済情報学部) 
  • リプライ :野原慎司(京都大学・経済資料センター)
  • 司会  :佐藤方宣(関西大学経済学部)

[第2セッション] 

合評会:鈴木康治 『消費の自由と社会秩序――18世紀イギリス経済思想の展開における消費者概念の形成』社会評論社、2012年

http://www.shahyo.com/mokuroku/consciousnes/philosophy/ISBN978-4-7845-1815-9.php

  • コメント1:太子堂正称(東洋大学経済学部) 
  • コメント2:伊藤誠一郎(大月短期大学経済科)
  • リプライ :鈴木康治(早稲田大学社会科学総合学術院)
  • 司会  :板井広明(青山学院大ほか)

・なお当研究会は所属・身分・専門の別を問わずご参加いただけますが、配付資料や会場準備の関係上、可能な限り事前のご連絡をお願いします。当日朝の連絡でも結構ですので、どうぞご協力お願いいたします。

※ 連絡先:世話人代表・佐藤方宣(関西大学 masanobu[at]kansai-u.ac.jp)

トラックバック - http://socinfo.g.hatena.ne.jp/contractio/20130601