Hatena::Groupsocinfo

日曜社会学>社会学的告知 このページをアンテナに追加 RSSフィード

ただいま、はてなグループの→「カレンダー」機能の使用を検討中。
告知申請は →掲示板*か メール にて。

2013-06-07

[] 村松正隆「哲学は〈中間団体〉を論じうるか?──西洋哲学・社会学における〈中間団体〉論とその受容」  村松正隆「哲学は〈中間団体〉を論じうるか?──西洋哲学・社会学における〈中間団体〉論とその受容」 - 日曜社会学>社会学的告知 を含むブックマーク はてなブックマーク -  村松正隆「哲学は〈中間団体〉を論じうるか?──西洋哲学・社会学における〈中間団体〉論とその受容」 - 日曜社会学>社会学的告知  村松正隆「哲学は〈中間団体〉を論じうるか?──西洋哲学・社会学における〈中間団体〉論とその受容」 - 日曜社会学>社会学的告知 のブックマークコメント

このたび和歌山大学哲学教室では、北海道大学の村松正隆先生をお招きして、個 人の自由と共同体の秩序がはらむ緊張について、「中間団体」をキーワードに 語っていただきます。村松先生はこの3月にフランス、エクサン=プロヴァンス で日本の「中間団体」を巡る議論を丸山眞男とからめつつ論ずる、という発表を され、内外の研究者と討論して来られましたので、各国の歴史的・社会的状況な ど幅広い視点で話題を提供してくださるものと期待しています。

村松先生のご専門はフランス・スピリチュアリスム、特にメーヌ・ド・ビランを 中心とした近現代フランス哲学・倫理学ですが、哲学の枠にとらわれず、さまざ まな分野の方々と意見交換し、実り豊かなひと時を過ごしたいと思いますので、 たくさんの方のご来場をお待ちしております。

タイトル: 「哲学は〈中間団体〉を論じうるか?──西洋哲学・社会学における〈中間団体〉論とその受容」

  • 提題者: 村松正隆 先生(北海道大学大学院文学研究科倫理学講座准教授)
  • 日  付: 2013年6月7日(金)
  • 時  間: 16:30〜18:00
  • 場  所: 和歌山大学 教育学部棟 5階 第2会議室

当日は、研究発表(60分)+質疑応答(30分)とする予定です。

懇親会の席を設ける予定ですので、参加される方は6月3日までにご連絡ください。

お問い合せは、小関彩子(ozeki[at]center.wakayama-u.ac.jp)まで

小関研究室電話:073-457-7300

トラックバック - http://socinfo.g.hatena.ne.jp/contractio/20130607