Hatena::Groupsocinfo

日曜社会学>社会学的告知 このページをアンテナに追加 RSSフィード

ただいま、はてなグループの→「カレンダー」機能の使用を検討中。
告知申請は →掲示板*か メール にて。

2013-07-01

[] 科学・技術と社会の会:Paul Jobin「Radiation Risks and the Hermeneutics of Low-Doses: A Chronic Disaster?」  科学・技術と社会の会:Paul Jobin「Radiation Risks and the Hermeneutics of Low-Doses: A Chronic Disaster?」 - 日曜社会学>社会学的告知 を含むブックマーク はてなブックマーク -  科学・技術と社会の会:Paul Jobin「Radiation Risks and the Hermeneutics of Low-Doses: A Chronic Disaster?」 - 日曜社会学>社会学的告知  科学・技術と社会の会:Paul Jobin「Radiation Risks and the Hermeneutics of Low-Doses: A Chronic Disaster?」 - 日曜社会学>社会学的告知 のブックマークコメント

今回は、原発下請け労働者の被曝実態調査研究を10年来行っている社会学者のPaul Jobin氏をお招きし、低線量被曝をめぐる論争と原発下請け労働の実態のかかわりについて、率直かつ幅広く話題を提供していただきます。興味ぶかい議論が期待されます。ふるってご参加ください。

  • 日時:2013年7月1日(月) 6:00〜8:00 PM
  • 場所:東京大学本郷キャンパス法文1号館 310番教室
    (法文1号館の入り口は正門を入って銀杏並木を歩くと左手にあります。法文1号館の場所は、下記の東京大学のウェブサイトをご覧くだい)
    http://www.u-tokyo.ac.jp/campusmap/cam01_01_01_j.html
  • 話題提供者:Paul Jobin氏(パリ第7大学)
  • テーマ:"Radiation Risks and the Hermeneutics of Low-Doses: A Chronic Disaster?"
    • 使用言語:発表は英語で行われます。討論では、発表者は日本語、英語、フランス語、中国語に対応可能です。

*Paul Jobin氏の発表概要は、科学・技術と社会の会のウェブサイトに掲載されています。どうぞご覧ください。

  • 科学・技術と社会の会事務局
  • 〒113-0033 東京都文京区本郷7-3-1
  • 東京大学大学院人文社会系研究科 松本三和夫研究室気付
  • 電子メール: jasts.office[at]gmail.com
  • 科学・技術と社会の会ウェブサイト:http://www.l.u-tokyo.ac.jp/JASTS/
トラックバック - http://socinfo.g.hatena.ne.jp/contractio/20130701