Hatena::Groupsocinfo

日曜社会学>社会学的告知 このページをアンテナに追加 RSSフィード

ただいま、はてなグループの→「カレンダー」機能の使用を検討中。
告知申請は →掲示板*か メール にて。

2014-02-22

[] 小宮友根(特別講義・合評会)「ジェンダー研究の新機軸:エスノメソドロジーからのアプローチ」  小宮友根(特別講義・合評会)「ジェンダー研究の新機軸:エスノメソドロジーからのアプローチ」 - 日曜社会学>社会学的告知 を含むブックマーク はてなブックマーク -  小宮友根(特別講義・合評会)「ジェンダー研究の新機軸:エスノメソドロジーからのアプローチ」 - 日曜社会学>社会学的告知  小宮友根(特別講義・合評会)「ジェンダー研究の新機軸:エスノメソドロジーからのアプローチ」 - 日曜社会学>社会学的告知 のブックマークコメント

http://www.ritsumei-arsvi.org/news/read/id/548

生存学の研究対象は、人々の生とその技法に応じて多様であり、したがってそれらに迫るアプローチも多様である。

立命館大学生存学研究センターでは、全国の各専門領域から気鋭の研究者を招聘し、生存学への応用的アプローチをひろく学ぶための特別講義を開催している。

今回の特別講義の講師は、社会学者の小宮友根氏である。同氏には、ジェンダーにエスノメソドロジーという方法からアプローチすることの意義についてご講義いただく。

また第二部として、同氏の著書『実践の中のジェンダー:法システムの社会学的記述』の合評会企画も実施する。山口真紀氏と藤原信行氏からのコメント、それにたいする小宮氏からのリプライ、そして全体討論をつうじて、同書のうちに生存学への多様な応用可能性を探りあてたい。

トラックバック - http://socinfo.g.hatena.ne.jp/contractio/20140222