Hatena::Groupsocinfo

日曜社会学>社会学的告知 このページをアンテナに追加 RSSフィード

ただいま、はてなグループの→「カレンダー」機能の使用を検討中。
告知申請は →掲示板*か メール にて。

2014-07-20

[] 国際シンポジウム「グローバル・リスクとしての気候変動」  国際シンポジウム「グローバル・リスクとしての気候変動」 - 日曜社会学>社会学的告知 を含むブックマーク はてなブックマーク -  国際シンポジウム「グローバル・リスクとしての気候変動」 - 日曜社会学>社会学的告知  国際シンポジウム「グローバル・リスクとしての気候変動」 - 日曜社会学>社会学的告知 のブックマークコメント

詳細:http://www.sssjp.org/

科学社会学会・(独)国立環境研究所(共催)「グローバル・リスクとしての気候変動」国際シンポジウムのご案内


 グローバル・リスクとしての気候変動に関する国際シンポジウムを、以下のとおり開催します。福島事故をふまえ、かつ福島事故にとどまることなく、世界にむけてリスク問題のアジェンダを発信することが、被災当事国としての日本の責務であるという認識にたって、開催するものです。

 当日は、国際気候変動枠組会議の日本国代表をつとめ、現在(独)国立環境研究所理事長の住明正氏、気候変動の不確実性に関与する政治力学の機微を追究する業績により科学社会学会(4S)Rachel Carson賞、アメリカ気象学会Louis J. Battan賞を受賞したミシガン大学教授のPaul N. Edwards氏をお招きして基調講演をいただいた後、パネルディスカッションを行います。大変興味ぶかい討論が期待されます。

 本シンポジウムはどなたでも、無料で参加できます。参加ご希望の方は、以下の科学社会学会事務局へメールでお名前、ご所属、関心領域を添えて7月18日までにご連絡ください。所定の人数になり次第、締め切らせていただきます。

 関心のある方はふるってご参加ください。

  • テーマ:グローバル・リスクを問い直す―気候変動と社会変動(Deciphering Global Risk: Global Warming in Action)
  • 日時:2014年7月20日(日)13:00-17:00
  • 会場:東京大学農学部 弥生講堂 一条ホール
    東京大学農学部正門入ってすぐ右手http://www.a.u-tokyo.ac.jp/yayoi/map.html
  • 基調発表:
    • 住 明正 (国立環境研究所)
    • Paul N. Edwards(ミシガン大学)
  • パネリスト:
    • 住 明正 (国立環境研究所)
    • Paul N. Edwards(ミシガン大学)
    • Stewart Lockie(オーストラリア国立大学)
    • 松本三和夫(東京大学
  • 使用言語:英語
  • 共催:科学社会学会(SSSJ)、(独)国立環境研究所
  • 参加方法:参加ご希望の方は、上記の科学社会学会事務局メールアドレス宛に、メールでお名前、ご所属、関心領域を添えて7月18日までにご連絡ください。所定の人数になり次第、締め切らせていただきます。
トラックバック - http://socinfo.g.hatena.ne.jp/contractio/20140720

2014-07-19

[] 第100回 哲学/倫理学セミナー  第100回 哲学/倫理学セミナー - 日曜社会学>社会学的告知 を含むブックマーク はてなブックマーク -  第100回 哲学/倫理学セミナー - 日曜社会学>社会学的告知  第100回 哲学/倫理学セミナー - 日曜社会学>社会学的告知 のブックマークコメント

  • 平成26年7月19日(土)13:00〜17:00
  • 於 お茶の水女子大学 文教育学部一号館第一会議室

第一〇〇回記念 特別企画
シンポジウム カント『実践理性批判』を読み直す――「理性の事実」をめぐって――

 哲学/倫理学セミナー第一〇〇回を記念いたしまして、カント『実践理性批判』第7節(「純粋実践理性の根本法則」)の精読を行います。本研究会は、およそ古典と呼ばれるテクストとの対話のなかで、思考のもつ歴史の〈深さ〉と向き合うことを原点としてきました。第一〇〇回を迎える現在にあっても、この原点に変わりはなく、むしろ、一つのテクストを互いに読み解き批判しあう〈場〉を形成することの意義は、目下ますます重要になってきているように思われます。カント『実践理性批判』をなによりもまず一箇のテクストとして丹念に読み解くという本企画も、このような〈場〉の形成の試みの一つとして生まれました。

 「きみの意志の準則が、つねに同時に普遍的立法の原理として妥当しうるように行為せよ」という言葉は、カントの倫理学をめぐる思考を代表する言葉の一つとされます。けれども、この言葉を含む『実践理性批判』第7節のテクストは、そもそもどのように読まれうるのでしょうか。本企画では、下記の四人の提題者をお迎えし、ある種の「公開読書会」のようなかたちで、発表と討論を通じて、一箇のテクストがはらむ問題の難しさと広がりを共有することを目指します。

  • 提題者:佐々木雄大、高井寛、池松辰男、宮村悠介
  • 座長:城戸淳
    ※上記の発表者に加えまして、ゲストとして、カント三批判書の翻訳を進められている東京大学熊野純彦先生をお迎えします。
  • テクスト:Immanuel Kant, Kritik der praktsichen Vernunft, 1788
  • 邦訳:カント『実践理性批判 倫理の形而上学の基礎づけ』熊野純彦訳、作品社、2013年
  • テクスト範囲:第7節 「純粋実践理性の根本法則」(熊野訳64頁〜、アカデミー版30頁〜)

  • ※該当箇所の原文と翻訳は当日配布いたします。
    ※いつもと日時・会場が異なりますので、ご注意ください。
    ※お茶の水大学入構の際は校門にて受付に身分証をご提示のうえ、入構目的をお伝えください。

[] 木村三郎「フランス革命期の友愛の図像について」  木村三郎「フランス革命期の友愛の図像について」 - 日曜社会学>社会学的告知 を含むブックマーク はてなブックマーク -  木村三郎「フランス革命期の友愛の図像について」 - 日曜社会学>社会学的告知  木村三郎「フランス革命期の友愛の図像について」 - 日曜社会学>社会学的告知 のブックマークコメント

『百科全書』研究会

発表要旨

 本発表では、フランス革命期における「友愛Fraternité」の図像について論じる。JAUCOURTが、『百科全書』に執筆したFraternitéの項目(1757)から理解できるように、フランスにとっては、「自由」、「平等」と並ぶ革命期のキーワードとして、看過できる概念ではなさそうである。「自由」に関する政治図像学の先行研究は多い。しかし、「友愛」についての研究は乏しいといえる。本発表では、版画史を軸に、絵画の作例も引用しながら、その図像学上の意味を分析することとする。

 先ず、画家ダヴィッドが、公教育員会で1793年7月4日に決定し、同11日に国民公会に提案した企画書に従って、8月10日に挙行した「友愛の祭典」に注目する。

 一方で、1789年から1794年にかけて制作されたと想定される、「友愛」を示す美術作品の諸事例には、二つの表現上の類型が認められる。第1は、ダヴィッド、プリュードン、ドゥビュクールなどが描いた群像構成の形式であり、第2の形式が、ボワゾが好んだ単独像の形式である。以上の作例を、アトリビュートとそこに秘められた革命の思想内容から分析する。この場合、画家が参照していたであろうと考えられる、王立絵画彫刻アカデミーにおける教科書ともいえるCHOMPRE,1753, DE PREZEL,1777, GGRAVELOT/ COCHIN, Iconologie, 1789-1791の中の記述内容と照合する。 最後に、ブーグロー作の絵画作品、通称《兄弟愛》(ボストン美術館蔵、1851-55年)に注目する。

18世紀末の美術家は、17世紀のボードワン版C・リーパの『イコノロギア』以来の伝統的な図像表現で教育を受け、その伝習的な教養を前提に、フランス革命という政治の季節が求めた、新しい図像表現を創作した。

トラックバック - http://socinfo.g.hatena.ne.jp/contractio/20140719

2014-07-14

[] エレナ・エスポジト「社会学と<メディア>—情報社会時代における社会システム論の可能性—」  エレナ・エスポジト「社会学と<メディア>—情報社会時代における社会システム論の可能性—」 - 日曜社会学>社会学的告知 を含むブックマーク はてなブックマーク -  エレナ・エスポジト「社会学と<メディア>—情報社会時代における社会システム論の可能性—」 - 日曜社会学>社会学的告知  エレナ・エスポジト「社会学と<メディア>—情報社会時代における社会システム論の可能性—」 - 日曜社会学>社会学的告知 のブックマークコメント

明治大学大学院情報コミュニケーション研究科2014年度研究科フォーラム
「社会学と<メディア>—情報社会時代における社会システム論の可能性—」

  • 7月14日(金) 14時40分〜17時
  • 会場:駿河台キャンパス グローバルフロント3階4031教室
  • 講演者: Elena Esposito (モデナ・レッジ・エミリア大学 准教授(社会学理論))
  • 司 会: 大黒岳彦明治大学 情報コミュニケーション学部)
  • 言 語: 日本語と英語(通訳付き)
第1部
  • 社会システム理論とメディア論との交錯、マスメディアの社会的機能、インターネットが引き起こしつつある社会構造の変容、グランド・セオリーとしての社会システム論の可能性などについて、司会者による解説を交えながらE.エスポジト氏に話を伺う。
第2部
  • 会場を含めての自由な質疑応答

講演者紹介: ボローニャ大学で、政治学と哲学を修めた後、ドイツ、ビーレフェルト大学に留学、N. ルーマンの下で社会学を学び学位取得、現在はイタリア、モデナ・レッジョ・エミリア大学、コミュニケーション・経済学部で教鞭を執る。社会システム論の観点から、「記憶」「モード」「貨幣」「小説」の社会的機能を分析した著書がある。

トラックバック - http://socinfo.g.hatena.ne.jp/contractio/20140714

2014-07-13

[] 田鍋良臣『始源の思索』合評会  田鍋良臣『始源の思索』合評会 - 日曜社会学>社会学的告知 を含むブックマーク はてなブックマーク -  田鍋良臣『始源の思索』合評会 - 日曜社会学>社会学的告知  田鍋良臣『始源の思索』合評会 - 日曜社会学>社会学的告知 のブックマークコメント

田鍋良臣『始源の思索――ハイデッガーと形而上学の問題』京都大学学術出版会)合評会

スケジュール:
  • 10:00〜12:00 第1部(はじめに、第1章、第2章)
    • 著者による概要説明
    • 特定質問1:池田喬(明治大学
    • 特定質問2:池田裕輔(立命館大学
    • 自由討論
  • 13:00〜15:00 第2部(第3章、第4章)
  • 15:10〜17:10 第3部(第5章、第6章、第7章、結びにかえて)
トラックバック - http://socinfo.g.hatena.ne.jp/contractio/20140713

2014-07-06

[] 第9回表象文化論学会:パネル6『知/性、そこは最新のフロンティア:人工知能とジェンダーの表象』  第9回表象文化論学会:パネル6『知/性、そこは最新のフロンティア:人工知能とジェンダーの表象』 - 日曜社会学>社会学的告知 を含むブックマーク はてなブックマーク -  第9回表象文化論学会:パネル6『知/性、そこは最新のフロンティア:人工知能とジェンダーの表象』 - 日曜社会学>社会学的告知  第9回表象文化論学会:パネル6『知/性、そこは最新のフロンティア:人工知能とジェンダーの表象』 - 日曜社会学>社会学的告知 のブックマークコメント

http://www.repre.org/conventions/9/

  • 7月6日 14:00-16:00
  • 非会員参加費1000円。
  • 東京大学駒場キャンパス18号館4F コラボレーションルーム3
  • 発表者: 小澤京子、西條玲奈、飯田麻結
  • コメンテーター: 大橋完太郎
  • 司会: 北村紗衣
トラックバック - http://socinfo.g.hatena.ne.jp/contractio/20140706

2014-07-05

[] 早稲田社会学会大会  早稲田社会学会大会 - 日曜社会学>社会学的告知 を含むブックマーク はてなブックマーク -  早稲田社会学会大会 - 日曜社会学>社会学的告知  早稲田社会学会大会 - 日曜社会学>社会学的告知 のブックマークコメント

  • 日時: 2014 年 7 月 5 日(土)10:30〜18:00
  • 会場: 早稲田大学文学学術院(戸山キャンパス) 33 号館 3 階 第1会議室
  • 参加費: 1,000 円(学部生は無料)

一般報告 10:30〜12:00

  • 司会: 木村好美(早稲田大学)
  • 高橋かおり(早稲田大学)「社会人」劇団参加者にとっての仕事と趣味――文化生産と労働の両立をめぐって
  • 平岡章夫(国立国会図書館)「表現の自由」をめぐる社会運動の言説転換――「有害コミック」規制反対運動とヘイトスピーチ反対運動とを比較して
  • 白井千晶(静岡大学)妊娠相談の現状と課題

大会シンポジウム 13:30〜17:00

  • テーマ「当事者主義の現在――ネオリベラリズムに直面する当事者と支援者」
  • 報告者(報告順)
  • 岡部耕典(早稲田大学)障害と当事者をめぐる支援の現在――「自立」と自律のポリティクス
  • 飯野由里子(東京大学大学院)「支援」をどう政治化していけるか?――「ケアする側であると同時にケアされる側でもある」という立場性を活かしつつ
  • 天田城介(立命館大学)当事者主義をめぐる社会学――その社会を診断する
  • 討論者:渋谷望日本女子大学大学)
  • 司会者:麦倉泰子(関東学院大学)

<趣旨説明>

 本研究活動委員会では、2012年度より3年間「当事者性と支援を問う」というテーマを掲げて連続シンポジウムを企画してきた。今回はその最終回として、「当事者主義の現在―ネオリベラリズムに直面する当事者と支援者」というテーマのもと、障害や高齢者などのケアの当事者と支援者との関係性について考えていきたい。

 障害や高齢者といったケアの受け手としての「当事者」と、ケアの担い手である労働者という二者はこれまで、家族関係やケアを支えるシステムのなかで構造的な問題を抱え、様々な葛藤を経験してきた。これに加えて近年ではネオリベラリズムの進行とともに、新しく経済的な格差の広がり、貧困という問題が二者の間に出現しつつあるように思われる。ヨーロッパでは1990年代後半以降、パーソナル・アシスタンスのあり方をめぐって障害学とフェミニズムとの間で激しい論争が生じている。障害者の自立生活の実現のために作られたパーソナル・アシスタント制度は障害当事者の自由を拡大させた。しかし一方でケア労働の対価は安く、非正規雇用でしばしば労働法の規制を受けないことから、女性やマイノリティ、正規雇用を見つけることの難しい若者がケア労働の主な担い手となり、貧困と社会的格差を生み出す場となっているという批判も生じている。こうした葛藤が生み出される背景はいまだに十分に検討されているとは言い難く、さらなる考察が必要であると思われる。障害者や高齢者など、他者によるケアを必要とする人たちと、彼らをケアし支援する人たちが、互いの願いを蝕まれることなく、利益を損なうことなく、共生するためにはどのような課題を解決するべきなのだろうか。いまある資源のなかで何を使うことができるのだろうか。また、その一つの解決策とも考えられる「官・民・共」における共セクターは日本において今後確立していく可能性はどの程度あるのだろうか。今回のシンポジウムはこのような問題を討議する場としたい。

 岡部耕典氏には、第一シンポジストとして、2000年代に入りめまぐるしく障害者をめぐる法制度が変化する中で、障害の当事者、家族、そして支援者の関係性は何が変わり、何が変わらなかったのか、そして今後どのように変化していくべきなのかについて論じていただく。「当事者」「支援者」とはだれを指すのかについても議論したい。飯野由里子氏には障害学とフェミニズムの交錯という観点からご発題いただく予定である。特にケアワーカーとして働くことの多い女性の労働問題と、障害者の自己決定を支えることは、ケア労働に対する賃金が低く設定されている現在において時に利益が相反することもある難しい問題である。この課題を「当事者と支援者」の関係性をジェンダーという新たな視点から検証していただく。天田城介氏には、このような「当事者と支援者」の関係性を老いという視点から再検証していただく予定である。障害当事者、家族、支援者ともにライフコースのなかで老いを経験し、必要な支援の内容も変化していく。また、利用可能な資源が歴史的に変化する中で、老いのイメージ、老いをめぐる社会関係も影響を受け変化している。歴史社会学的な観点から、当事者性と支援を問い直す試みを行っていただく予定である。

 障害、ジェンダー、老いという三つの視点からの当事者性と支援を問い直す試みに対して、ケアをめぐる労働とネオリベラリズムの観点から研究を行ってこられた渋谷望氏からコメントを行う予定である。 (文責:研究活動委員 麦倉泰子)

トラックバック - http://socinfo.g.hatena.ne.jp/contractio/20140705