Hatena::Groupsocinfo

日曜社会学>社会学的告知 このページをアンテナに追加 RSSフィード

ただいま、はてなグループの→「カレンダー」機能の使用を検討中。
告知申請は →掲示板*か メール にて。

2014-07-19

[] 第100回 哲学/倫理学セミナー  第100回 哲学/倫理学セミナー - 日曜社会学>社会学的告知 を含むブックマーク はてなブックマーク -  第100回 哲学/倫理学セミナー - 日曜社会学>社会学的告知  第100回 哲学/倫理学セミナー - 日曜社会学>社会学的告知 のブックマークコメント

  • 平成26年7月19日(土)13:00〜17:00
  • 於 お茶の水女子大学 文教育学部一号館第一会議室

第一〇〇回記念 特別企画
シンポジウム カント『実践理性批判』を読み直す――「理性の事実」をめぐって――

 哲学/倫理学セミナー第一〇〇回を記念いたしまして、カント『実践理性批判』第7節(「純粋実践理性の根本法則」)の精読を行います。本研究会は、およそ古典と呼ばれるテクストとの対話のなかで、思考のもつ歴史の〈深さ〉と向き合うことを原点としてきました。第一〇〇回を迎える現在にあっても、この原点に変わりはなく、むしろ、一つのテクストを互いに読み解き批判しあう〈場〉を形成することの意義は、目下ますます重要になってきているように思われます。カント『実践理性批判』をなによりもまず一箇のテクストとして丹念に読み解くという本企画も、このような〈場〉の形成の試みの一つとして生まれました。

 「きみの意志の準則が、つねに同時に普遍的立法の原理として妥当しうるように行為せよ」という言葉は、カントの倫理学をめぐる思考を代表する言葉の一つとされます。けれども、この言葉を含む『実践理性批判』第7節のテクストは、そもそもどのように読まれうるのでしょうか。本企画では、下記の四人の提題者をお迎えし、ある種の「公開読書会」のようなかたちで、発表と討論を通じて、一箇のテクストがはらむ問題の難しさと広がりを共有することを目指します。

  • 提題者:佐々木雄大、高井寛、池松辰男、宮村悠介
  • 座長:城戸淳
    ※上記の発表者に加えまして、ゲストとして、カント三批判書の翻訳を進められている東京大学熊野純彦先生をお迎えします。
  • テクスト:Immanuel Kant, Kritik der praktsichen Vernunft, 1788
  • 邦訳:カント『実践理性批判 倫理の形而上学の基礎づけ』熊野純彦訳、作品社、2013年
  • テクスト範囲:第7節 「純粋実践理性の根本法則」(熊野訳64頁〜、アカデミー版30頁〜)

  • ※該当箇所の原文と翻訳は当日配布いたします。
    ※いつもと日時・会場が異なりますので、ご注意ください。
    ※お茶の水大学入構の際は校門にて受付に身分証をご提示のうえ、入構目的をお伝えください。
トラックバック - http://socinfo.g.hatena.ne.jp/contractio/20140719