Hatena::Groupsocinfo

日曜社会学>社会学的告知 このページをアンテナに追加 RSSフィード

ただいま、はてなグループの→「カレンダー」機能の使用を検討中。
告知申請は →掲示板*か メール にて。

2017-09-23

[] アクターネットワーク理論と社会学研究会  アクターネットワーク理論と社会学研究会 - 日曜社会学>社会学的告知 を含むブックマーク はてなブックマーク -  アクターネットワーク理論と社会学研究会 - 日曜社会学>社会学的告知  アクターネットワーク理論と社会学研究会 - 日曜社会学>社会学的告知 のブックマークコメント

「Reassembling the socialは異質なアクターをつなぐネットワークたりうるか? ~翻訳稿を手がかりに可能性と限界を考える」

  • 報告者:伊藤 嘉高 氏(山形大学
  • コメンテータ1:見上 公一 氏(東京大学
  • コメンテータ2:栗原 亘 氏(早稲田大学)

今回は、ラトゥールの主著のひとつ、Reassembling the social(※)を翻訳中の伊藤嘉高さんにご発表いただきます。伊藤さんから事前にご提供いただいた訳稿をベースにしながら、今日の科学技術社会論(STS)や社会学理論の中で見たときのアクターネットワーク理論の特徴や意義、問題点などについて議論したいと思います。主としてSTSの視点から見上公一さん、社会学の視点から栗原亘さんにコメントをお願いしています。活発な議論が期待されます。多くの方のご参加をお待ちしています。

(※)Latour, B., Reassembling the Social: An Introduction to Actor-Network-Theory (2005, Oxford University Press)

今回は第2部を中心に議論する予定です。


この研究会について:フランスの社会学者ブルーノ・ラトゥールと彼(ら)の提唱するアクターネットワーク理論について検討しています。モノと切断された近代的な「人間」観や「社会」観、それらの背後にある「人間/自然」「主体/客体」といった二分法を根底から覆そうとするラトゥールらの議論は、フランス国内にとどまらず、また狭義の科学・技術論にとどまらず、多くの社会学者や人類学者に影響を与えてきました。この研究会では、ラトゥールやアクターネットワーク理論にかかわる文献を検討し、その社会学的な展開の可能性を考えます。学説史・理論的なアプローチとともに、科学社会学・産業社会学・医療社会学・環境社会学・メディア論・イノベーション論・社会変動論での展開など、多様な観点から検討していきたいと思っています。

  • 連絡先:y_ttis[at]yahoo.co.jp (立石)
  • ※準備の都合上、参加予定の方はできるだけ事前にご連絡ください。また、今回は参加できない場合でも、ご連絡いただければ次回以降の開催予定等を共有させていただきます。

[] ジンメル研究会大会  ジンメル研究会大会 - 日曜社会学>社会学的告知 を含むブックマーク はてなブックマーク -  ジンメル研究会大会 - 日曜社会学>社会学的告知  ジンメル研究会大会 - 日曜社会学>社会学的告知 のブックマークコメント

非会員参加費 1000円。

  • 2017年9月23日(土) 14:00〜18:00
  • 専修大学神田キャンパス 2号館208号室

プログラム

自由報告
テーマセッション「ジンメルとアーリ──空間・モビリティ」
  • 吉原直樹「モビリティ・スタディーズからみたジンメル
  • 田中大介「現代社会におけるジンメル再読の複層的文脈──ネットワーク社会論・移動論的転回・物質文化論」
  • コメンテータ:徳田剛
トラックバック - http://socinfo.g.hatena.ne.jp/contractio/20170923

2017-09-09

[] 植村玄輝著『真理・存在・意識:フッサール『論理学研究』を読む』合評会  植村玄輝著『真理・存在・意識:フッサール『論理学研究』を読む』合評会 - 日曜社会学>社会学的告知 を含むブックマーク はてなブックマーク -  植村玄輝著『真理・存在・意識:フッサール『論理学研究』を読む』合評会 - 日曜社会学>社会学的告知  植村玄輝著『真理・存在・意識:フッサール『論理学研究』を読む』合評会 - 日曜社会学>社会学的告知 のブックマークコメント

真理・存在・意識

真理・存在・意識

プログラム

  • 14:00~ 趣旨説明
  • 14:10~ 自著紹介(20分)
  • 14:30~ 評者による提題(1)富山豊氏
  • 14:55~ 評者による提題(2)葛谷潤氏
  • 15:20~ 評者による提題(3)秋葉剛史氏
  • 15:45~15:55 休憩
  • 15:55~16:40 著者の応答と議論
  • 16:40~17:40 フロアを含めて議論

開催趣旨

 『論理学研究』には独特な読みにくさがある。その第一巻をなす『プロレゴメナ』が(論理学的)心理主義をめぐる議論に対して相当の貢献をしたことは明らかだろう。また,その第二巻に提出された概念や思想が後のフッサール現象学にとって出発点となったことも疑いえない。これらのことは入門書に目を通せば比較的容易に知りうることだが,いざテキストそのものに立ち向かってみると,フッサールの論述は入り組み,しばしば途方に暮れてしまう。難しさは論述のややこしさに由来するだけとはかぎらない。そもそも〈論理学に関する諸研究〉とも読めるタイトルを持つこの著作は,相互に関連すると考えられるいくつかの論考を寄せ集めた論集に近い形態を持っている。そこで読者は,全体を通底する統一的なテーマをうまく読みとれずに困惑するのである。

 実際,その第二巻についてはフッサール自身がこう書いている。「このように不備もあり,思考の筋道の多くが完全に明瞭であるとは言えない著作を公にするのは小さからぬ冒険であった。それは著者〔フッサール〕の十分自覚するところである。本書を構成する諸研究は,そもそも公刊を意図して編成されたものではない。認識論をいっそう体系的に基礎づけるための基礎,言い換えれば純粋論理学を認識論的に解明するための基礎としては筆者にとって役立つだろう,そういう性格のものだった」(XIX/2, 783)。だが,そうは言っても二巻合わせて800頁近くにもなるこのテキストのうちに,フッサールという哲学者の抱いていた全体的な哲学像を示唆するいくばくの手がかりもないと考えるのはむしろ不自然だろう。事実,周知のように,フッサールは後にこの著作を「突破口」(XVIII, 8)と呼ぶことになるが,その意味は単にここで現象学がはじまったというにとどまるものではないかもしれない。

 この点で,今年3月に上梓された植村玄輝氏の著作『真理・存在・意識フッサール『論理学研究』を読む』(知泉書館)は,『論理学研究』のテキストのうちに「フッサール哲学」(必ずしも「フッサール現象学」ではない)とも呼べる,包括的・統一的な哲学的構想を浮かび上がらせようとする野心的な著作であると言える。氏のこれまでの研究を知る者ならば,この著作を目論見と内実を一読して済ますことは許されないということも理解しうるであろう。本書は,フッサール哲学を形而上学構想として読むという清新(かつ多かれ少なかれ挑戦的)なアイディアのもとに,テキストの綿密で丁寧な読解に溢れている。あらゆる点からみて,本書の検討はフッサール研究の今後にとって重要な意味を持つだろう。

 評者として富山豊(東京大学),葛谷潤(日本学術振興会専修大学),秋葉剛史(千葉大学)の三氏にご登壇いただく。富山豊氏は初期および中期フッサールの志向性理論に関して優れた業績を持ち,その見識は『論理学研究』を中心的に扱った当該著作の検討に不可欠である。葛谷潤氏はフッサールのみならず英米圏現代哲学への造詣も深く,当該著作の読解に奥行きを与えてくれるだろう。秋葉剛史氏は『論理学研究』を扱った業績を持ちながら,現在では日本における現代形而上学研究の中心で活躍している。「真理」と「存在」をモチーフとする植村の著作を氏の視点から独自に検討していただく。

トラックバック - http://socinfo.g.hatena.ne.jp/contractio/20170909

2017-09-03

[] メルロ=ポンティサークル第23回大会  メルロ=ポンティサークル第23回大会 - 日曜社会学>社会学的告知 を含むブックマーク はてなブックマーク -  メルロ=ポンティサークル第23回大会 - 日曜社会学>社会学的告知  メルロ=ポンティサークル第23回大会 - 日曜社会学>社会学的告知 のブックマークコメント

[] 第41回 ベルクソン哲学研究会  第41回 ベルクソン哲学研究会 - 日曜社会学>社会学的告知 を含むブックマーク はてなブックマーク -  第41回 ベルクソン哲学研究会 - 日曜社会学>社会学的告知  第41回 ベルクソン哲学研究会 - 日曜社会学>社会学的告知 のブックマークコメント

  • 日時 : 2017年9月3日(日)14:00より
  • 場所 : 東京大学 本郷キャンパス 法文一号館 115教室
  • プログラム(タイトルは変更される場合があります)
    • 14:00〜15:00 中原真祐子(東京大学)「ベルクソンの「夢」の議論をめぐって」
    • 15:10〜16:10 磯島浩貴(大阪大学)「ベルクソンの直観は真理探求の方法となりうるのか−−ラッセルの直観批判に答える−−(仮)」
    • 16:40〜17:40 原健一(北海道大学)「なぜ再認は進展でなければいけないのかーー『物質と記憶』第二章における記憶の実在証明」

なお、研究会終了後、本郷近辺にて懇親会(参加費¥3500程度)を開催いたします。

会場の予約が必要ですので、参加を予定されている方は、お手数ですが、8月26日までに世話人(岡嶋)までメールにてご連絡ください。

  • 【今回世話人】岡嶋隆佑 okajimaryusuke[at]gmail.com
トラックバック - http://socinfo.g.hatena.ne.jp/contractio/20170903