Hatena::Groupsocinfo

日曜社会学>社会学的告知 このページをアンテナに追加 RSSフィード

ただいま、はてなグループの→「カレンダー」機能の使用を検討中。
告知申請は →掲示板*か メール にて。

2015-12-19

[][] 酒井泰斗 × ヒロ・ヒライ『本と読者をつなげるプロデュース術』@本屋B&B  酒井泰斗 × ヒロ・ヒライ『本と読者をつなげるプロデュース術』@本屋B&B - 日曜社会学>社会学的告知 を含むブックマーク はてなブックマーク -  酒井泰斗 × ヒロ・ヒライ『本と読者をつなげるプロデュース術』@本屋B&B - 日曜社会学>社会学的告知  酒井泰斗 × ヒロ・ヒライ『本と読者をつなげるプロデュース術』@本屋B&B - 日曜社会学>社会学的告知 のブックマークコメント

申込ページ準備中。

エスノメソドロジールーマンなどの社会学に関心をもち、哲学・美学や歴史学など人文学から社会科学までの研究者たちの一大ネットワークを構築し、講演や本づくりを精力的にこなしながら、各種ブックフェアを大成功に導いている時の人・酒井泰斗。

海外に拠点をおきつつ、国内の思想史家・歴史家グループ BH を主宰して、インテレクチュアル・ヒストリーの BH 叢書や『知のミクロコスモス』といった本づくりを積極的に展開しているヒロ・ヒライ。

ふたりの活動、研究者ネットワーク、本づくり、読者と本をつなぐ「仕掛け」(創意工夫)を生みだすプロデュース術についてのトーク・イヴェントです。

エスノメソドロジーってなんだ。インテレクチュアル・ヒストリーってなんだ。こうした疑問に応えつつ、人文学と出版の過去・現在・未来についてパッション溢れるトークをくり広げます。これまでにない学術書プロデューサー対談、お楽しみに!

席の確保は B&B でチケットの予約ページができあがるのをお待ちください。日程はいまからキープ願いします!


プロフィール
  • 酒井泰斗(さかい・たいと)
    ルーマン・フォーラム管理人(socio-logic.jp)。大阪大学大学院理学研究科物理学専攻修士課程中退。音楽制作会社勤務を経て現在は金融系企業のシステム部に所属。関心領域は、道徳哲学・社会科学史、社会科学方法論争史、前世紀におけるシステム論と現象学の邂逅とその顛末など。
    • 共著:『ワードマップ:エスノメソドロジー』(新曜社、2007年)
    • 共編著:『概念分析の社会学2(仮)』(ナカニシヤ出版、2016年4月刊行予定)など。
  • ヒロ・ヒライ
    1999年より学術ウェブ・サイトBHを主宰。同年にフランスのリール第三大学にて博士号(哲学・科学史)取得。欧米各国の研究機関における研究員を歴任。現在オランダのナイメーヘン大学研究員。勁草書房 BH 叢書監修。2012年に第九回日本学術振興会賞受賞。
    • 共編著:『ミクロコスモス』(月曜社、2010年)
    • 共編著:『知のミクロコスモス:中世・ルネサンスのインテレクチュアル・ヒストリー』(中央公論新社、2014年)。
トラックバック - http://socinfo.g.hatena.ne.jp/contractio/20151219

2015-10-24

[] ジンメル研究会大会  ジンメル研究会大会 - 日曜社会学>社会学的告知 を含むブックマーク はてなブックマーク -  ジンメル研究会大会 - 日曜社会学>社会学的告知  ジンメル研究会大会 - 日曜社会学>社会学的告知 のブックマークコメント

  • 日時: 2015年10月24日(土) 14:00〜17:00(受付 13:30〜)
  • 場所: 慶応義塾大学 三田キャンパス 南校舎7階 471教室
  • 非会員参加費:1,000円

プログラム

トラックバック - http://socinfo.g.hatena.ne.jp/contractio/20151024

2015-10-10

[] 第30回イカロ研究会  第30回イカロ研究会 - 日曜社会学>社会学的告知 を含むブックマーク はてなブックマーク -  第30回イカロ研究会 - 日曜社会学>社会学的告知  第30回イカロ研究会 - 日曜社会学>社会学的告知 のブックマークコメント

イカロ研究会とは,身体動作の研究(人・動物問わず)や,なかなか言語化し難い現象を分析している(したい)けれど,おもしろいデータ(映像)を持っているけれど,どう分析すればよいのか悩んでいる人に,気軽にデータを持ってきていただいて,議論する場をつくろうと発足した,とても小さな研究会です.(多くの場合,発足人たちがデータを持ってくるのですが)事前準備をせずにデータだけ持ってきて「ここ見てください」で通る会,というのがモットーです.

私が今回みなさまに見ていただきたいデータは、「テレビのミニ番組」集です。わたしは、1973〜88年くらいのテレビCMを15年ほど収集しております。本業もテレビCMの理解可能性の解明を中心とした研究をしております(その他にも学習図鑑の同様の研究もしています)。

この収集は、家庭用のビデオデッキで録画された古いテープから、中のCMを抜き取る、という形で作業を行うものです。当然放送を録画しているものですので、番組の他、OPEDや、このミニ番組のような " misc "が出てきます。

しかし、わたし自身はミニ番組に大変興味があり、これを何とか分析してみたいと思うのですがなかなか難しく形にできていません。メディア研究的な観点からはそれなりに意義はひねり出せそうなものの、実際にCMのようにカテゴリー化の実践を見たりすることにどれほど「意味」があるのかわかりません。

しかし特に天気予報などを見ると、ある種の理解可能性について十分考える余地もありそうに思うので、みなさまのご意見など聞かせていただければ幸いです。

当日は、番組形式になっている天気予報、そのほか現在手元にあるミニ番組を何本か見ていただければと思っております。どうぞよろしくお願いいたします。


  • 参加人数を(おおよそ)把握したいので,参加いただける方は 城 綾実(ayami.joh[at]gmail.com 京都大学 物質-細胞統合システム拠点(iCeMS) 科学コミュニケーショングループ)までご連絡ください.
  • ご質問があればお気軽に問い合わせてください.
トラックバック - http://socinfo.g.hatena.ne.jp/contractio/20151010

2015-03-17

[][] 社会科学の哲学勉強会「社科哲の春」  社会科学の哲学勉強会「社科哲の春」 - 日曜社会学>社会学的告知 を含むブックマーク はてなブックマーク -  社会科学の哲学勉強会「社科哲の春」 - 日曜社会学>社会学的告知  社会科学の哲学勉強会「社科哲の春」 - 日曜社会学>社会学的告知 のブックマークコメント

参加締め切りは 2/28。

日時と会場
  • 日時:2015年3月17日(火)・18日(水) [11:00-19:00] ※どちらか1日だけの参加も可能です.
  • 会場:一橋大学・国立キャンパス(詳細は追って連絡を差し上げます).
目的
  • (1)社会科学の哲学という領域の雰囲気を知る.
    ・「社会科学の哲学」(philosophy of social science(s))は,いわゆる「分析系」科学哲学の一分科として近年発展しつつある分野であり,社会科学にまつわる方法論・認識論・存在論等を広く扱います.北米を中心に世界的規模で興隆しつつありますが,日本ではまだまだマイナーで,これを専門としている研究者はほとんどいません.今回の企画では,この分野に関する基本的な話題を短期間で集中的にシェアすることを第1の目的とします.
  • (2)社会科学の哲学に関心のある人々と出会う.
    ・上述の通り,社会科学の哲学の知名度は未だ極めて低く,関心を持つ研究者は多くありません.現在の状況では,この分野に関心を持つきっかけはあまりなく,また関心を持ったとしてもそれをシェアして学習や研究を進めていく仲間は簡単に見つかりません.そこで今回の企画では,社会科学の哲学に関心を持つ者同士の交流を第2の目的とします.もちろん,この告知をきっかけに新たに関心を持ってくださった方もここに含みます.
方法
  • 最新の入門書1冊を取り上げ,その内容を2日間で消化します(今回の場合,全16章中10章を扱います).
  • 文献は次のものを使用します:
  • 各章の報告担当者を決め,各担当箇所の内容について「レクチャ式報告」を行って頂きます.
  • ここでレクチャ式報告とは,報告者以外の参加者たちに対して「教える」ようなスタンスで報告することを意味しています.このスタイルを採用する理由は以下の通りです.
  • 本企画では,通常の「輪読」とは異なり,参加者たちが文献を読んでくることを前提としません.つまり,報告担当者には他の参加者がその章を読んでいないことを前提に要約的な報告を行って頂くことになります.
  • このスタイルで勉強会を行うことの長所は,参加準備の負担が大幅に軽減される点にあります.今回のように入門的な知識を短期間でシェアすることを目指す場合に適したスタイルです.短所としては,内容に関する深いディスカッションが期待できなくなること,使用文献に対する批判的議論が期待できなくなること,担当者の報告クオリティへの依存度が非常に大きくなることなどがありますが,企画の性質上メリットの方が大きいと考えます.
  • 各章の報告時間は80分(質疑含む)とし,毎回10分間の休憩を入れます(昼休みは40分).この90分サイクルを1日につき5回行います.
  • 報告担当者は当日までにハンドアウトを作成して会場で配布してください.時間の制約を考えるとA4で8ページ程度が上限になると思います(質疑を或る程度とるにはフル8ページだと少し長いです).
    • (※参加者はほぼ全員が初学者であることを想定しておりますので,社会科学の哲学に触れるのが初めての方であっても問題ありません)
      (※文献が入手できない報告者の方には,担当箇所のデータをスキャンしてお渡しできると思います)
      (※報告を担当しないオブザーバ参加も歓迎しますが,報告者がいないと開催できないのでまずはできるだけ担当希望を出してください)
【目次】([]内はページ量)(今回のテキストは全16章構成ですが,時間の都合上,そのうち以下の10章を扱います)
  • 1 Well-Being [22]
  • 3 Evidence-Based Policy [20]
  • 6 Individuals or Populations? [19]
  • 7 Scientific Objectivity [22]
  • 9 Values in Social Science [21]
  • 11 Norms, Conventions, and the Power of Expectations [22]
  • 13 Social Epistemology in Practice [14]
  • 14 Measurement [23]
  • 15 Case Studies [20]
  • 16 Causal Inference [19]
対象者
  • 本企画では例えば次のような方々の参加をお待ちしております.
    (1)科学哲学の新展開に関心のある哲学分野の方.
    (2)メタ科学的問題に関心のある社会科学分野の方.
    (3)なんとなく「社会科学の哲学」という響きに魅力を感じる方.
    (4)春にやることがなくて暇なので何かしたい方.
    (5)友達が欲しい方.etc.
企画・運営
  • 企画:一橋大学・大学院社会学研究科・博士後期課程|清水雄也(社会科学の哲学,理論社会学)
  • 運営:一橋大学・大学院社会学研究科・修士課程|鈴木慧(言語哲学,倫理学),岸俊輔(メタ哲学)
連絡先
  • 参加を希望される方は2月28日(土)までにご連絡ください(その際に担当を希望する章も教えてください).
    清水:socioliner[atmark]gmail.com (※質問等あれば何でもご相談ください)
企画者コメント
  • 1日8時間の会を2日間連続でやるのは少し大変ですが,できるだけ柔らかい雰囲気で進めたいと思っています.この会はあくまで「お楽しみ会的な何か」として企画していますので,少しでも興味のある方はぜひともお気軽にご参加ください.学会等では知り合えないような組み合わせで,様々な分野の方々が知り合う良い機会にもなると思います.半日がんばって,美味しいご飯を食べにいきましょう.
トラックバック - http://socinfo.g.hatena.ne.jp/contractio/20150317

2015-03-15

[][] 渡邉和典著『最初期ハイデッガーの意味論』合評会  渡邉和典著『最初期ハイデッガーの意味論』合評会 - 日曜社会学>社会学的告知 を含むブックマーク はてなブックマーク -  渡邉和典著『最初期ハイデッガーの意味論』合評会 - 日曜社会学>社会学的告知  渡邉和典著『最初期ハイデッガーの意味論』合評会 - 日曜社会学>社会学的告知 のブックマークコメント

http://heidegger.exblog.jp/23588083/


ハイデガー研究会特別企画 渡邉和典著『最初期ハイデッガーの意味論』合評会

 「存在の意味」とは何か。ハイデガーが『存在と時間』で掲げたこの問いは、哲学する者にとって今なお尽きせぬ魅力に満ちています。しかし、なぜ「意味」がことさらに問われなければならなかったのでしょうか。「意味」をめぐる存在の思考とはそもそもいかなるものなのでしょうか。

 この根本問題に正面から取り組んだ本格的な研究が昨年刊行されました。渡邉和典著『最初期ハイデッガーの意味論―発生・形成・展開―』(晃洋書房、2014年)がそれです。渡邉氏は本書で修学時代の若きハイデガーの思索へと立ち戻り、フッサールディルタイを含めて、従来十分に顧みられることのなかった新カント派との関係を丹念に読み解くことで、『存在と時間』およびそれ以後にまで広がる「意味」をめぐる問いの発生、形成、そして展開の経緯を見事に明らかにしています。本書は、近年世界的に注目の高まる初期ハイデガー研究のなかでも群を抜いた水準の論考と言えるでしょう。そこでハイデガー研究会としても、本書の考察に学びつつ、また真摯な応答を試みたいと思います。

 今回は、景山洋平(東京大学)、森秀樹兵庫教育大学)、大橋容一郎(上智大学)の三氏にコメンテーターとしてご参加いただき、齋藤元紀氏の司会のもと、渡邉氏を囲んで議論を楽しみたいと思います。ハイデガーのみならず、広く哲学に関心を寄せる方々にぜひご参集いただければ幸いです。なお、合評会後は渡邉氏を囲んで懇親会も開催の予定です。みなさまのご参加、お待ちしています。

プログラム

トラックバック - http://socinfo.g.hatena.ne.jp/contractio/20150315

2015-02-21

[] 家族問題研究学会研究例会:2014年度 第ニ回例会  家族問題研究学会研究例会:2014年度 第ニ回例会 - 日曜社会学>社会学的告知 を含むブックマーク はてなブックマーク -  家族問題研究学会研究例会:2014年度 第ニ回例会 - 日曜社会学>社会学的告知  家族問題研究学会研究例会:2014年度 第ニ回例会 - 日曜社会学>社会学的告知 のブックマークコメント

  • 日時:2015年2月21日(土)14時〜16時
  • 会場:日本女子大学目白キャンパス百年館低層棟104教室(参加費:会員は無料、一般非会員は500円、学生非会員は100円)
  • 司会:久保田裕之(日本大学)
  • 討論者:尹鉁喜(ユンジンヒ)(島根県立大学
  • 報告:浅野智彦(東京学芸大学)「若者の幸福の成り立ちについて」
要旨

若者を社会学的な問いの対象として主題化するやり方は様々である が、2010年代に入って以降、そのやり方の有力な一つとなったのが幸福との関係で若 者を問うというそれだ。2000年代中盤の若者バッシングとアンチバッシングとの間に 引かれた戦線をすり抜けるようにして「幸福な若者」という像が一つの謎として提示 された(その象徴的な著作が古市憲寿の『絶望の国の幸福な若者たち』であろう)。 それが謎を構成するのは、物質的な諸条件を考えれば若者が幸福であるはずはない、 という想定だ。この謎に対する回答は大きく二つに分けられる。一つは、虚偽意識 説。若者は客観的な状況を認めたくないので、自らを幸福であると誤認しているとい うもの。もう一つは、親密性重視説。若者の幸福の基準が物質的なものだけでなく親 密な関係性(友人関係、親子関係等)にもおかれるようになった結果、幸福度が上昇 したというもの。本報告では青少年研究会の調査データをもとにして、第二の回答が 妥当である可能性が高いこと、およびその含意を示す。

トラックバック - http://socinfo.g.hatena.ne.jp/contractio/20150221

2015-01-22

[] 科学・技術と社会の会:祐成保志「ハウジング研究と社会学」  科学・技術と社会の会:祐成保志「ハウジング研究と社会学」 - 日曜社会学>社会学的告知 を含むブックマーク はてなブックマーク -  科学・技術と社会の会:祐成保志「ハウジング研究と社会学」 - 日曜社会学>社会学的告知  科学・技術と社会の会:祐成保志「ハウジング研究と社会学」 - 日曜社会学>社会学的告知 のブックマークコメント

http://www.l.u-tokyo.ac.jp/JASTS/main.htm

今回は、祐成保志氏をお招きし、居住空間の社会学にかかわる研究が日本の社会学の状況に対して投じる意味と問題について、率直かつ幅広く話題を提供していただきます。今回は社会理論の側面にふれて赤川学氏、ガラパゴス的な研究状況にもふれて出口剛司氏に討議をしていただきます。興味ぶかい議論が期待されます。ふるってご参加ください。

  • 日時:2015年1月22日(木) 18:00〜20:00 PM
  • 場所:東京大学本郷キャンパス法文1号館 315番教室
    (法文1号館の入り口は正門を入って銀杏並木を歩くと左手にあります。法文1号館の場所は下記の東京大学ウェブサイトをご覧ください)
    http://www.u-tokyo.ac.jp/campusmap/cam01_01_01_j.html
  • 話題提供者:祐成保志氏(東京大学
  • 討論者1 赤川 学氏(東京大学
  • 討論者2 出口剛司氏(東京大学
  • テーマ:「ハウジング研究と社会学」

協賛:東京大学大学院人文社会系研究科社会学談話会

トラックバック - http://socinfo.g.hatena.ne.jp/contractio/20150122

2014-11-27

[][] 朝日カルチャーセンター新宿:酒井泰斗「独学者のための社会学入門」(全2回)  朝日カルチャーセンター新宿:酒井泰斗「独学者のための社会学入門」(全2回) - 日曜社会学>社会学的告知 を含むブックマーク はてなブックマーク -  朝日カルチャーセンター新宿:酒井泰斗「独学者のための社会学入門」(全2回) - 日曜社会学>社会学的告知  朝日カルチャーセンター新宿:酒井泰斗「独学者のための社会学入門」(全2回) - 日曜社会学>社会学的告知 のブックマークコメント

独学者のための社会学入門

社会学は、外延も核も茫洋としていて、独学者にとっては特にアクセスの難しい学問の一つであるように思います。とはいえ、現在の社会学は基本的には20世紀中葉の北米において作られたものであり、その革新は 大陸の社会学説を摂取しつつ、それを心理学や人類学の発想と技法の助けを借りて経験的に確かめようとするところから始まりました。そしてまた現在の社会学の多様性も、おおむね「これらの継承発展-と-それに対する反発」という軸におけるバリエーションとして捉えることができるように思います。したがって、この時期の議論を知っておくと社会学にアクセスしようとする際に役に立つでしょう。(講師 記)

概要

 この講義では、上述の理由から、当時の北米社会学において重要だった幾つかの研究主題(小集団、広告、選挙、組織など)から二つ程度を選んで解説します。これらは、

  • 北米における社会学の立ち上げに貢献し、
  • そこで開発された手法は現在でも用いられているにもかかわらず
  • 現在では社会学の領域からほぼ消えている

ものです。この不思議な事態について、事例を見ながら検討することで、社会学とは何だったのかについて みなさんと考えてみたいと思います。

出発点にして背景となるトピックの幾つか:
  • なぜアメリカ人たちにとって「コミュニケーション」という言葉が格別に重要だったのか。
  • なぜアメリカ人たちは「社会秩序」を問題としたのか。この言葉の意味しているものは何だったのか。
  • 心理学・人類学などとの学際的協力関係と財団からの予算獲得。
  • 20世紀中葉の社会学のトレンドにおいて、タルコット・パーソンズはどのような位置にあったのか。

などなど。


なお、この入門講義の次の企画として、ニクラス・ルーマンの著作を読む講座を提案中です。

こちらは、『制度としての基本権』『信頼』『マスメディアのリアリティ』『リスクの社会学』といった著作を、それぞれに相応しいゲストを招いて紹介・講読するものです。

11月の入門講義に多くの(具体的には45人以上の)方に来ていただけると、ルーマン講義企画が通る蓋然性が高くなります。

またそれだけでなく、行動科学は、ルーマン理論のもっともコアな基盤を為すものですから、11月講義はルーマン講義の準備・導入ともなっています。

ルーマン講義を受講したい(=実現させたい)方は、ぜひ「社会学入門」講義の方にもいらしてください。

トラックバック - http://socinfo.g.hatena.ne.jp/contractio/20141127

2014-11-24

[] 科学社会学会「研究競争の在り方を問う」関西ワークショップ  科学社会学会「研究競争の在り方を問う」関西ワークショップ - 日曜社会学>社会学的告知 を含むブックマーク はてなブックマーク -  科学社会学会「研究競争の在り方を問う」関西ワークショップ - 日曜社会学>社会学的告知  科学社会学会「研究競争の在り方を問う」関西ワークショップ - 日曜社会学>社会学的告知 のブックマークコメント

開催趣旨:

 スーパーグローバル大学院、大学のグローバルランキング、ノーベル賞受賞、企業内研究開発等々、研究の競争は世界規模で熾烈化して久しい。優勝劣敗、研究力を競うのは当然のことであり、それを妨げるのは抵抗勢力にすぎない。そういう声が聞こえてきそうだ。なるほど、十年一日のごとく、研究の最前線に身をおくことなく、研究の場を承ることがあるとすれば、どうやらそういう声にも一理あるという気もするであろう。他方、それらの異なる側面が抱き合わせになった社会背景に思いをいたすことがあってもよい。大学の疲弊、基礎研究と特許戦略のボーダーレス化、若手研究者の不安定な雇用環境、社会の隅々に浸透するジェロントクラシー(老人支配)、社会学者として指摘すべきことは山のようにありそうだからである。そういうことを学問の作法でゆったりと自由に討論するワークショップを開催します。どなたでもご参加できます。関心のある方はどうぞふるってご参加ください。終了後は、懇親会を予定しています。ご都合のよろしい方はどうぞそちらも。

プログラム:
  • 司会:立石裕二(関西学院大学
  • 趣旨説明:13:00―13:15
  • 話題提供と質疑応答:13:15-15:30
    • 1 原 拓志(神戸大学)「製薬企業の研究開発とその動向」
    • 2 標葉隆馬(総合研究大学院大学)「実験室のそばで見て来たこと――科学をめぐる競争・政策・評価制度の課題」
    • 3 八代嘉美京都大学)「実験台は世界につながっていたか」
  • 休憩:15:30-15:45
  • 全体討議:15:45-17:15
  • まとめ:17:15-17:30
トラックバック - http://socinfo.g.hatena.ne.jp/contractio/20141124

2014-11-09

[] 史学会大会日本近現代史部会・シンポジウム「近代日本のヒストリオグラフィー」  史学会大会日本近現代史部会・シンポジウム「近代日本のヒストリオグラフィー」 - 日曜社会学>社会学的告知 を含むブックマーク はてなブックマーク -  史学会大会日本近現代史部会・シンポジウム「近代日本のヒストリオグラフィー」 - 日曜社会学>社会学的告知  史学会大会日本近現代史部会・シンポジウム「近代日本のヒストリオグラフィー」 - 日曜社会学>社会学的告知 のブックマークコメント

  • 11月9日13時30分~
  • 東京大学本郷キャンパス 法文2号館2番大教室

[] 『アジアの出産と家族計画』書評会  『アジアの出産と家族計画』書評会 - 日曜社会学>社会学的告知 を含むブックマーク はてなブックマーク -  『アジアの出産と家族計画』書評会 - 日曜社会学>社会学的告知  『アジアの出産と家族計画』書評会 - 日曜社会学>社会学的告知 のブックマークコメント

この春に刊行された『アジアの出産と家族計画-「産む・産まない・産めない」身体をめぐる政治』を素材に、アジアのリプロダクションについて議論する機会を設けました。日本を含むアジアの出産・避妊・生殖医療の状況は、20世紀後半から現在までの間に大きく変化し、現在の私たちの生き方に大きな影響を与えています。アジア各地のリプロダクションの変化の共通性と多様性を、当事者の女性のリプロダクティブ・ヘルス&ライツに留意しつつ歴史的な流れの中で論じようとしたこの論集が、どれだけのことを明らかに出来たのか。今後のアジアのリプロダクションの展開の、どのような点に注意する必要があるのか。さまざまな立場からリプロダクションにかか

報告
  • 開会の挨拶に代えて「20世紀後半アジアにおけるリプロダクションの展開」 小浜正子(日本大学)
  • Ⅰ 戦後「日本」の生殖における国家と女性
    • 「『産む・産まない・産めない』と日本の戦後―女たちの人生」 田間泰子(大阪府立大学
    • 「『日本一』の出生率と沖縄の子産み―日米支配と家父長制下の家族計画」 澤田佳世(沖縄国際大学)(書面報告)
  • Ⅱ 中国農村における出産の国家化と医療化
    • 「『一人っ子政策』前夜の中国農村―Q村における『生まない』選択の登場」 小浜正子
    • 「国家プロジェクト、医療マーケットと女性身体の間―中国農村部における病院分娩の推進」 姚毅(玉川大学
  • Ⅲ アジアの家族計画における援助と国家と女性
  • 「『リプロダクションの文化』としての家族計画―ネパールにおける生殖統制の条件」 幅崎麻紀子(筑波大学
    • 「ラオスにおける『生殖コントロール』と女性の健康―女性の健康プロジェクトとしての導入」 嶋澤恭子(神戸市看護大学
  • Ⅳ 医療化する生殖
    • 「医療化された出産への道程―韓国の『圧縮された近代』」 松岡悦子(奈良女子大学
    • 「日本における不妊をめぐる身体政治―不妊治療費への健康保険適用と公費助成を例に」 白井千晶(静岡大学
    • 「統括と今後の展望」小浜正子
  • 評者 柘植あづみ(明治学院大学

  • 主催:科研基盤B「アジアにおけるリプロダクションの歴史的変遷-医療化の要因と女性への影響」(分担者:小浜正子)
  • 共催 リプロダクション研究会

対象となっている書籍は

  • 『アジアの出産と家族計画-「産む・産まない・産めない」身体をめぐる政治』(小浜正子・松岡悦子編,勉誠出版,2014年)

です。会場でも販売します(割引あり)。

  • 問い合わせ 小浜正子(kohama@chs.nihon-u.ac.jp)
  • 申込み「こくちーず」申込みフォームよりお申込み下さい。

http://kokucheese.com/event/index/201459/

トラックバック - http://socinfo.g.hatena.ne.jp/contractio/20141109

2014-10-26

[] 東北社会学研究会例会  東北社会学研究会例会 - 日曜社会学>社会学的告知 を含むブックマーク はてなブックマーク -  東北社会学研究会例会 - 日曜社会学>社会学的告知  東北社会学研究会例会 - 日曜社会学>社会学的告知 のブックマークコメント

  • 日時:2014年10月26日(日) 13:00‐15:05 
  • 場所:東北大学川内南キャンパス 文学部棟3階視聴覚室
  • 講演会 「被災者支援と社会的カテゴリー・アイデンティティ──保健師活動を事例として」
  • 報告者  板倉有紀会員(東北大学
  • コメンテーター  小宮友根先生(東北学院大学
  • 司会 徳川直人会員(東北大学
トラックバック - http://socinfo.g.hatena.ne.jp/contractio/20141026

2014-10-12

トラックバック - http://socinfo.g.hatena.ne.jp/contractio/20141012

2014-10-11

[] 日本政治学会 2014年度研究大会  日本政治学会 2014年度研究大会 - 日曜社会学>社会学的告知 を含むブックマーク はてなブックマーク -  日本政治学会 2014年度研究大会 - 日曜社会学>社会学的告知  日本政治学会 2014年度研究大会 - 日曜社会学>社会学的告知 のブックマークコメント

  • 会場:早稲田大学(東京都新宿区西早稲田1-6-1)
  • 会期:2014年10月11日(土)・12日(日)
トラックバック - http://socinfo.g.hatena.ne.jp/contractio/20141011

2014-09-28

[] 科学社会学会第3回次大会  科学社会学会第3回次大会 - 日曜社会学>社会学的告知 を含むブックマーク はてなブックマーク -  科学社会学会第3回次大会 - 日曜社会学>社会学的告知  科学社会学会第3回次大会 - 日曜社会学>社会学的告知 のブックマークコメント

2014年9月27日(土)、28日(日)の2日間、科学社会学会第3回年次大会が東京大学本郷キャンパスで開催されます。プログラムの情報を以下にご案内します。

どなたでも参加できます(参加費は以下のとおりです)。どうぞふるってご参加ください。

  • 場所:東京大学本郷キャンパス法文1号館
    *法文1号館の場所は、http://www.u-tokyo.ac.jp/campusmap/cam01_01_01_j.htmlをご覧ください。
  • 日時:9月27日(土)、28日(日)
  • 参加費:
    • 会員の方  2000円
    • 非会員の方 3000円
    • 懇親会費  5000円

プログラム題目

9月27日(土)
  • セッション1:中山茂メモリアルセッション 革新・批判・風評
  • セッション2:大気汚染の社会性
  • セッション3: ルーマンのリスク論再考
9月28日(日)
  • セッション4:正常・想定外・合意
  • セッション5:核・電力・リスク―フロントエンドとバックエンド
  • セッション6:技術の時代における人間と社会
  • セッション7:書評セッション 佐藤雅浩著『精神疾患言説の歴史社会学──「心の病」はなぜ流行するのか』
トラックバック - http://socinfo.g.hatena.ne.jp/contractio/20140928

2014-09-27

[] 科学社会学会第3回次大会  科学社会学会第3回次大会 - 日曜社会学>社会学的告知 を含むブックマーク はてなブックマーク -  科学社会学会第3回次大会 - 日曜社会学>社会学的告知  科学社会学会第3回次大会 - 日曜社会学>社会学的告知 のブックマークコメント

2014年9月27日(土)、28日(日)の2日間、科学社会学会第3回年次大会が東京大学本郷キャンパスで開催されます。プログラムの情報を以下にご案内します。

どなたでも参加できます(参加費は以下のとおりです)。どうぞふるってご参加ください。

  • 場所:東京大学本郷キャンパス法文1号館
    *法文1号館の場所は、http://www.u-tokyo.ac.jp/campusmap/cam01_01_01_j.htmlをご覧ください。
  • 日時:9月27日(土)、28日(日)
  • 参加費:
    • 会員の方  2000円
    • 非会員の方 3000円
    • 懇親会費  5000円

プログラム題目

9月27日(土)
  • セッション1:中山茂メモリアルセッション 革新・批判・風評
  • セッション2:大気汚染の社会性
  • セッション3: ルーマンのリスク論再考
9月28日(日)
  • セッション4:正常・想定外・合意
  • セッション5:核・電力・リスク―フロントエンドとバックエンド
  • セッション6:技術の時代における人間と社会
  • セッション7:書評セッション 佐藤雅浩著『精神疾患言説の歴史社会学──「心の病」はなぜ流行するのか』
トラックバック - http://socinfo.g.hatena.ne.jp/contractio/20140927