Hatena::Groupsocinfo

日曜社会学>社会学的告知 このページをアンテナに追加 RSSフィード

ただいま、はてなグループの→「カレンダー」機能の使用を検討中。
告知申請は →掲示板*か メール にて。

2011-09-03

[][] 科学・技術と社会の会シンポジウム「東日本大震災・福島第一原発事故の投げかける問題にどう向き合うか」  科学・技術と社会の会シンポジウム「東日本大震災・福島第一原発事故の投げかける問題にどう向き合うか」 - 日曜社会学>社会学的告知 を含むブックマーク はてなブックマーク -  科学・技術と社会の会シンポジウム「東日本大震災・福島第一原発事故の投げかける問題にどう向き合うか」 - 日曜社会学>社会学的告知  科学・技術と社会の会シンポジウム「東日本大震災・福島第一原発事故の投げかける問題にどう向き合うか」 - 日曜社会学>社会学的告知 のブックマークコメント

http://www.l.u-tokyo.ac.jp/JASTS/

テーマ「東日本大震災・福島第一原発事故の投げかける問題にどう向き合うか」

科学・技術と社会の会(Japan Association for Science, Technology &Society 1988年創立)の学術雑誌、年報『科学・技術・社会』(1992年創刊)の第20巻刊行ならびに科学・技術と社会の会の創立23周年を迎えて、下記のとおり記念シンポジウムを開催します。東日本大震災・福島第一原発事故に遭遇し、科学・技術と社会の会と『年報 科学・技術・社会』が担おうとしてきた科学社会学(sociology of science and technology)は学問、政策、社会についてどのような展望を切り拓くことができるのでしょうか。異なる関連分野の研究者による可能なかぎり再帰的な問題提起と討論が期待されます。関心のある方はふるってご参加ください。

プログラム

  • 10:00-10:10 開催の趣旨説明 松本三和夫(科学・技術と社会の会主宰)
  • 10:10―12:40 パネル討論1 震災・原発事故をふまえた再帰的な問題提起
パネリスト
    • 石山徳子(明治大学 地理学)
    • 伊藤憲二(総合研究大学院大学 科学史)
    • 寿楽浩太(東京大学 原子力社会論)
    • 立石裕二(関西学院大学 科学技術社会学)
  • 12:40―14:00 昼食
  • 14:00―16:30 パネル討論2 震災・原発事故からの再帰的な問題提起をふまえた社会、学問、政策の展望
パネリスト
      • 司会:伊藤憲二(総合研究大学院大学 科学史)
  • 16:30〜16:45 コーヒーブレイク
  • 16:45〜17:45 まとめ
  • 18:15〜20:15 懇親会(会費制)

*終了後、会費制(会費7,000円)の懇親会を開催します。懇親会の会場は、東京大学ファカルティ・ハウス アブルボア(http://www.mukougaoka-facultyhouse.com/ )です。

懇親会に参加ご希望の方はお名前、ご所属、ご専門を、8月26日(金)までに科学・技術と社会の会事務局(miwao[at]l.u-tokyo.ac.jp)へ電子メールでお送りください。

トラックバック - http://socinfo.g.hatena.ne.jp/contractio/20110903

2011-07-17

[][] 生物学史研究会:立石裕二『環境問題の科学社会学』合評会  生物学史研究会:立石裕二『環境問題の科学社会学』合評会 - 日曜社会学>社会学的告知 を含むブックマーク はてなブックマーク -  生物学史研究会:立石裕二『環境問題の科学社会学』合評会 - 日曜社会学>社会学的告知  生物学史研究会:立石裕二『環境問題の科学社会学』合評会 - 日曜社会学>社会学的告知 のブックマークコメント

http://www.ns.kogakuin.ac.jp/~ft12153/hisbio/meeting_j.htm

  • 日時:7月17日(日) 午後1:00〜3:30(曜日と時間が通常と異なります)
  • 場所:東京大学駒場キャンパス14号館3階308号室
    (※京王井の頭線「駒場東大前」駅下車、渋谷寄り改札を出て正面手前に構内案内板があります。)
    http://www.u-tokyo.ac.jp/campusmap/cam02_01_13_j.html
  • 報告者: 立石裕二氏(関西学院大学 社会学部 助教)
  • ※コメンテーター: 住田朋久(東京大学大学院 総合文化研究科 博士課程)

題目:環境問題の科学社会学

内容紹介

 環境問題をめぐっては、一部の専門家だけで政策が決まり、当事者・市民に対して開かれていない点、科学的な不確実性を口実にして対策が先送りされてしまう点など、科学と社会の関係がしばしば問題になっています。拙著『環境問題の科学社会学』(2011年、世界思想社)では、イタイイタイ病長良川河口堰問題、化学物質過敏症・シックハウス症候群といった事例を取り上げ、環境問題において科学が果たすべき役割、果たすべきではない役割について検討しました。科学社会学の立場から分析するなかで重視したのは、科学の自律性です。科学が行政や環境運動からの要請ではなく、自律的に研究を進めるのはどういう場合でしょうか。自律的な研究活動は問題解決の過程において功/罪両面でどういう働きをするのでしょうか。本発表では、環境問題において専門知と民主的手続きをともに生かした意思決定が可能になる社会的条件について考えます。

※ 今回は、著者の立石裕二氏を迎えて、本書の合評会を行います。初めに立石氏からお話しいただき、それを受けて住田がコメントさせていただきます。その後、フロアの皆様との討論といたします。

 会場の準備のため、参加される方は住田朋久(sumidatomohisa@gmail.com)までご連絡いただけるとありがたく存じます。

 なお、11時30分から、立石氏を囲んでキャンパス内の「ルヴェソンヴェール駒場」で会食を予定しています(日替わりランチは800円から)。席を予約しますので、参加される方はご連絡ください。

http://www.leversonverre-tokyo.com/restaurant_komaba_shop/index.html

2011-07-13

[][] 安俊弘「これからの原子力システムと教育の見直しに求められること」──科学・技術と社会の会  安俊弘「これからの原子力システムと教育の見直しに求められること」──科学・技術と社会の会 - 日曜社会学>社会学的告知 を含むブックマーク はてなブックマーク -  安俊弘「これからの原子力システムと教育の見直しに求められること」──科学・技術と社会の会 - 日曜社会学>社会学的告知  安俊弘「これからの原子力システムと教育の見直しに求められること」──科学・技術と社会の会 - 日曜社会学>社会学的告知 のブックマークコメント

http://www.l.u-tokyo.ac.jp/JASTS/

今回は、カリフォルニア大学バークレー校教授で原子力工学がご専門の安俊弘氏をお招きし、福島第一原発事故の背景、その後の対応の問題点、今後の日本の課題などにつき、国際的視点も交えて率直かつ社会の問題も含めて幅広く話題を提供していただきます。興味ぶかい議論が期待されます。ふるってご参加ください。

  • 日時:2011年7月13日(水) 6:00〜8:00 PM
  • 場所:東京大学本郷キャンパス法文1号館 315番教室
    (法文1号館の入り口は正門を入って銀杏並木を歩くと左手にあります。法文1号館の場所は、下記の東京大学のウェブサイトをご覧ください)
    http://www.u-tokyo.ac.jp/campusmap/cam01_01_01_j.html
  • 話題提供者:安俊弘氏(カリフォルニア大学バークレー校)
  • テーマ:「これからの原子力システムと教育の見直しに求められること」

*安氏の発表概要は、科学・技術と社会の会のウェブサイト(http://www.l.u-tokyo.ac.jp/JASTS/)に掲載されています。どうぞご覧ください。

トラックバック - http://socinfo.g.hatena.ne.jp/contractio/20110713

2011-06-03

[][] 科学・技術と社会の会  科学・技術と社会の会 - 日曜社会学>社会学的告知 を含むブックマーク はてなブックマーク -  科学・技術と社会の会 - 日曜社会学>社会学的告知  科学・技術と社会の会 - 日曜社会学>社会学的告知 のブックマークコメント

http://www.l.u-tokyo.ac.jp/JASTS/

今回は、チェルノブイリ事故25年シンポジウムでのやりとりを踏まえて東日本大震災・原発事故以降の日本の対外情報発信の問題点を指摘し、新たな知的プラットフォームを構想しつつある岩田修一氏をお招きし、話題を提供していただきます。討論者として、災害情報発信のあり方に関心をよせる田中淳氏にコメントしていただきます。興味ぶかい議論が期待されます。ふるってご参加ください。

テーマ:「核に関する学問と社会―自己組織化と多様性/普遍性」

*岩田氏の発表概要は、科学・技術と社会の会のウェブサイト(http://www.l.u-tokyo.ac.jp/JASTS/)に掲載されています。どうぞご覧ください。

トラックバック - http://socinfo.g.hatena.ne.jp/contractio/20110603

2011-04-27

[][] 科学・技術と社会の会  科学・技術と社会の会 - 日曜社会学>社会学的告知 を含むブックマーク はてなブックマーク -  科学・技術と社会の会 - 日曜社会学>社会学的告知  科学・技術と社会の会 - 日曜社会学>社会学的告知 のブックマークコメント

http://www.l.u-tokyo.ac.jp/JASTS/

今回は、3・11震災・原発事故の現場情報の伝達にいち早く取り組み、リスク評価、被害限定、危機管理・事故対応、リスク・コミュニケーション、産学官連携、指揮命令システムなど、多彩な側面における様々な課題と教訓を整理しつつある古川勝久氏をお招きし、話題を提供していただきます。

興味ぶかい議論が期待されます。ふるってご参加ください。

*古川氏の発表概要は、科学・技術と社会の会のウェブサイト(http://www.l.u-tokyo.ac.jp/JASTS/)に掲載されています。どうぞご覧ください。

トラックバック - http://socinfo.g.hatena.ne.jp/contractio/20110427

2010-07-24

[] 第12回サイエンスカフェ・イン・高輪: 「子どもの健康と環境に関する全国調査」からみえてくるもの  第12回サイエンスカフェ・イン・高輪: 「子どもの健康と環境に関する全国調査」からみえてくるもの - 日曜社会学>社会学的告知 を含むブックマーク はてなブックマーク -  第12回サイエンスカフェ・イン・高輪: 「子どもの健康と環境に関する全国調査」からみえてくるもの - 日曜社会学>社会学的告知  第12回サイエンスカフェ・イン・高輪: 「子どもの健康と環境に関する全国調査」からみえてくるもの - 日曜社会学>社会学的告知 のブックマークコメント

第12回サイエンスカフェ・イン・高輪を、講師に佐々木裕子氏をお招きして開催いたしますので、どうぞよろしくお願いいたします。

佐々木氏は、元東京都環境科学研究所分析研究部長で、環境省が実施する「子どもの健康と環境に関する全国調査」に参画なさり試料分析の計画などを担当されています。現在も明治薬科大と国立環境研究所において、この調査研究の準備を行っています。今回は、この調査の実施が必須とされるにいたった、近年子どもたちにおこっている変化、そしてこの調査の目指すものなどについてお話いただきます。多数の皆様のご参加をお待ちしております。

  • 日時: 2010年7月24日(土)14時から16時
  • 場所: キリスト友会東京月会会堂(港区三田4-8-19)
  • 話題: 今 子供たちになにがおこっているか――「子どもの健康と環境に関する全国調査」からみえてくるもの――
  • 講師: 佐々木裕子 氏(明治薬科大学客員研究員)
  • 参加費:800円
  • 参加申し込み:必要
  • 定員:30名

要旨:

近年、子供達のアレルギー疾患やぜん息、先天奇形、精神神経発達などの発生率の増加に対し、環境からのリスクの増大が懸念され、環境中の有害化学物質に対する子供の脆弱性について国内外で関心が高まっています。そこで、環境省は胎児期から小児期にかけての化学物質の曝露が子供の健康に影響を与えているかのどうかを明らかにするために、北海道から沖縄まで全国の10万組の母子と一部父親をリクルートし、「子どもの健康と環境に関する全国調査」(通称:エコチル調査)を始めることになりました。ここでは、来年1月に始まるエコチル調査(出生コーホート調査)の実施に至った背景、目的、どのような化学物質をどのように調査するか、成果を子供達にどのように生かしていく予定かについてお話しします。

トラックバック - http://socinfo.g.hatena.ne.jp/contractio/20100724

2010-06-25

[][] 科学・技術と社会の会  科学・技術と社会の会 - 日曜社会学>社会学的告知 を含むブックマーク はてなブックマーク -  科学・技術と社会の会 - 日曜社会学>社会学的告知  科学・技術と社会の会 - 日曜社会学>社会学的告知 のブックマークコメント

http://www.l.u-tokyo.ac.jp/JASTS/main.htm

今回は、ルイセンコ事件をめぐる日本における議論構造の変化の過程を分析する

博士論文に取り組んでいる飯田香穂里氏をお招きし、話題を提供していただきま

す。興味ぶかい議論が期待されます。ふるってご参加ください。

  • 話題提供者:飯田香穂里氏(総合研究大学院大学)
  • テーマ:「戦後日本の遺伝学とルイセンコ論争―木原均を中心に―」

*飯田氏の発表概要は、科学・技術と社会の会のウェブサイト

http://www.l.u-tokyo.ac.jp/JASTS/)に掲載されています。

どうぞご覧ください。

トラックバック - http://socinfo.g.hatena.ne.jp/contractio/20100625

2010-04-30

[][] 科学・技術と社会の会  科学・技術と社会の会 - 日曜社会学>社会学的告知 を含むブックマーク はてなブックマーク -  科学・技術と社会の会 - 日曜社会学>社会学的告知  科学・技術と社会の会 - 日曜社会学>社会学的告知 のブックマークコメント

http://www.l.u-tokyo.ac.jp/JASTS/main.htm

今回は、オックスフォード大学で博士号を取得された見上公一氏をお招きし、再生医療をめぐる社会学的課題について話題を提供していただきます。興味ぶかい議論が期待されます。ふるってご参加ください。

  • 日時:2010年4月30日(金) 6:00~8:00 PM
  • 場所:東京大学山上会館 地階001号室 [地図
  • 話題提供者:見上公一氏(総合研究大学院大学)
  • テーマ:「再生医療研究におけるアイデンティティの意味」

*見上氏の発表概要は、科学・技術と社会の会のウェブサイトに掲載されています。どうぞご覧ください。

トラックバック - http://socinfo.g.hatena.ne.jp/contractio/20100430

2009-12-22

[] 第6回こまば脳カフェ 「哲学×脳科学」  第6回こまば脳カフェ 「哲学×脳科学」 - 日曜社会学>社会学的告知 を含むブックマーク はてなブックマーク -  第6回こまば脳カフェ 「哲学×脳科学」 - 日曜社会学>社会学的告知  第6回こまば脳カフェ 「哲学×脳科学」 - 日曜社会学>社会学的告知 のブックマークコメント

http://utcp.c.u-tokyo.ac.jp/events/2009/12/komaba_brain_cafe_6_philosophy/

  • 2009年12月22日(火)18:00-20:00
今回のテーマ

今回は、哲学が専門の二人のゲストをお招きし、脳を専門にする学生が指定討論者とファシリテーターを務めます。脳科学は暴走するのか?主体性とはなんなのか?等の話題提供をお二人からしていただき、言語の脳科学を専門とする指定討論者からの質疑を経て、オーディエンスを交えての談話・議論に移ります。「哲学 x 脳科学」の「x」は融合や協力を意味するのか?それとも「vs」でしかあり得ないのか。衝突スレスレの摩擦の間に垣間見える、今後の学問や社会にとっての脳科学と哲学のあるべき関係や可能性を探ります。

  • ゲスト: 河野哲也、戸田山和久
  • 指定討論者: 飯島和樹
  • ファシリテーター: 菅野康太

2009-07-16

[][] 科学・技術と社会の会  科学・技術と社会の会 - 日曜社会学>社会学的告知 を含むブックマーク はてなブックマーク -  科学・技術と社会の会 - 日曜社会学>社会学的告知  科学・技術と社会の会 - 日曜社会学>社会学的告知 のブックマークコメント

http://www.l.u-tokyo.ac.jp/JASTS/main.htm

今回は、新進気鋭の都市社会学研究者である植田剛史氏をお招きし、参加型都市計画における専門知の微妙な境界について話題を提供していただきます。興味ぶかい議論が期待されます。ふるってご参加ください。

  • 話題提供者:
    植田剛史氏(一橋大学)「日本における都市計画知識・技術の専門化過程」

*植田氏の発表概要は、科学・技術と社会の会のウェブサイト(http://www.l.u-tokyo.ac.jp/JASTS/)に掲載されています。どうぞご覧ください。

トラックバック - http://socinfo.g.hatena.ne.jp/contractio/20090716

2009-06-04

[][] 科学・技術と社会の会  科学・技術と社会の会 - 日曜社会学>社会学的告知 を含むブックマーク はてなブックマーク -  科学・技術と社会の会 - 日曜社会学>社会学的告知  科学・技術と社会の会 - 日曜社会学>社会学的告知 のブックマークコメント

http://www.l.u-tokyo.ac.jp/JASTS/main.htm

今回は、IPCCで気候変動にかかわる議論に深く関与し、東京大学地球持続戦略研究イニシアティブ 統括ディレクターをつとめる住明正氏をお招きし、国連をはじめとする気候変動に関する科学的な議論の場で、人材、組織、制度、資金などのさまざまな社会的な要因が影響を及ぼす過程について参加者の視点から話題を提供していただきます。興味ぶかい議論が期待されます。ふるってご参加ください。

*住氏の発表概要は、科学・技術と社会の会のウェブサイト(http://www.l.u-tokyo.ac.jp/JASTS/)に掲載されています。どうぞご覧ください。

トラックバック - http://socinfo.g.hatena.ne.jp/contractio/20090604

2009-05-07

[][] 科学・技術と社会の会  科学・技術と社会の会 - 日曜社会学>社会学的告知 を含むブックマーク はてなブックマーク -  科学・技術と社会の会 - 日曜社会学>社会学的告知  科学・技術と社会の会 - 日曜社会学>社会学的告知 のブックマークコメント

http://www.l.u-tokyo.ac.jp/JASTS/main.htm

今回は、Madness at Home: The Psychiatrist, the Patient and the Family in England 1820-1860 (Berkeley: University of California Press)を2006年に上梓された鈴木晃仁氏をお招きし、熱帯医学をとおしてみた戦時動員と科学のかかわりについて話題を提供していただきます。興味ぶかい議論が期待されます。ふるってご参加ください。

  • 日時:2009年5月7日(木) 6:00~8:00 PM
  • 場所:東京大学山上会館 地階001会議室( 地図
    ※いつもと会場が異なりますので、ご注意ください。
  • 話題提供者:鈴木晃仁氏(慶応義塾大学)
  • テーマ:「帝国建設と熱帯移民の生理学―久野寧の発汗研究を中心に―」
    • *鈴木氏の発表概要は、科学・技術と社会の会のウェブサイト(http://www.l.u-tokyo.ac.jp/JASTS/)に掲載されています。どうぞご覧ください。
トラックバック - http://socinfo.g.hatena.ne.jp/contractio/20090507

2009-02-23

[][] 科学・技術と社会の会  科学・技術と社会の会 - 日曜社会学>社会学的告知 を含むブックマーク はてなブックマーク -  科学・技術と社会の会 - 日曜社会学>社会学的告知  科学・技術と社会の会 - 日曜社会学>社会学的告知 のブックマークコメント

http://www.l.u-tokyo.ac.jp/JASTS/main.htm

今回は、先ごろ博士号を取得された大門信也氏をお招きし、騒音対策をとおしてみる科学と行政の微妙な関係について話題を提供していただきます。興味ぶかい議論が期待されます。ふるってご参加ください。

  • 話題提供者:大門 信也 氏(法政大学)
  • テーマ:「日本における騒音科学の歴史的展開―科学と行政をめぐる『正統性』の社会学的分析―」

大門氏の発表概要は、科学・技術と社会の会のウェブサイト(http://www.l.u-tokyo.ac.jp/JASTS/)に掲載されています。どうぞご覧ください。

トラックバック - http://socinfo.g.hatena.ne.jp/contractio/20090223

2009-02-12

[] サイエンスカフェ@駒場チャールズ・ダーウィン、200年目の誕生会」  サイエンスカフェ@駒場「チャールズ・ダーウィン、200年目の誕生会」 - 日曜社会学>社会学的告知 を含むブックマーク はてなブックマーク -  サイエンスカフェ@駒場「チャールズ・ダーウィン、200年目の誕生会」 - 日曜社会学>社会学的告知  サイエンスカフェ@駒場「チャールズ・ダーウィン、200年目の誕生会」 - 日曜社会学>社会学的告知 のブックマークコメント

http://park.itc.u-tokyo.ac.jp/STITP/event.html

1809年2月12日、英国シュルズベリでチャールズ・ダーウィンが誕生しました(アブラハム・リンカーンも同年同日です)。「ダーウィンおたく」を自任するゲストとコーディネーターが、これまでに英国やガラパゴスで撮りためた写真をご覧いただきながら、ダーウィン先生の200回目の誕生日を参加者の皆さんと一緒にお祝いし、ダーウィン先生の一生と偉業についてQ&A形式でお話ししたいと思います。

    • 参加費:500円(ドリンク・サンドウィッチ付き)
    • 定員:50名(申込順)
    • 申込・問合せ先: thase[at]darwin.c.u-tokyo.ac.jp

トラックバック - http://socinfo.g.hatena.ne.jp/contractio/20090212

2009-01-31

[][] 科学・技術と社会の会  科学・技術と社会の会 - 日曜社会学>社会学的告知 を含むブックマーク はてなブックマーク -  科学・技術と社会の会 - 日曜社会学>社会学的告知  科学・技術と社会の会 - 日曜社会学>社会学的告知 のブックマークコメント

via 中の人。

http://www.l.u-tokyo.ac.jp/JASTS/main.htm

今回は、目下博士論文を準備中の佐藤雅浩氏をお招きし、PTSD心的外傷後ストレス障害)の先行概念と目される戦前期日本の外傷性神経症概念の系譜について話題を提供していただきます。事柄は、旧国鉄作業員の労災にもかかわる由。興味ぶかい議論が期待されます。ふるってご参加ください。

テーマ:「戦前期日本における外傷性神経症概念の成立と衰退」


*佐藤氏の発表概要は、科学・技術と社会の会のウェブサイト(http://www.l.u-tokyo.ac.jp/JASTS/)に掲載されています。

トラックバック - http://socinfo.g.hatena.ne.jp/contractio/20090131