Hatena::Groupsocinfo

2007-12-01 [ 日曜社会学>社会学的告知のカレンダー ]

告知申請は →掲示板*か メール にて。  (※ただしイケメンはてなユーザに限る。)

<前の日 | 今日 | 次の日>

2007-12-01

[] セミナー質的研究の記述法を探る」

  • 目的
    • 近年注目を集め、多くの研究者が試みている「相互行為としてのインタビュー」という新たな方法論において、その「聞き取る」方法論については研究の蓄積が行われてきたが、その聞き取ったものをいかに記述し、成果と為していくかという「記述する」方法論はほとんど論じられてきていない。しかも、そのことに無自覚なままに「相互行為としてのインタビュー」が行われ、記述されてきた、というのが現状であろう。
      セミナーでは、この「記述する」方法論の現状について極めて批判的に論じておられる若手研究者二名をお招きし、また、構築主義の国内における重要な論者である中河先生を交え、「相互行為としてのインタビュー」という手法についての批判的な視点を養うと共に、いかにすれば社会現象を「記述する」ことが可能であるのか、議論の進展を目指す。
  • テキスト
    • 鶴田幸恵・小宮友根,2007,「人びとの人生を記述する――『相互行為としてのインタビュー』」 ソシオロジ52(1),21-36.

[] 経済学学会関東部会:「経済学史研究が照射するもの」

http://www.geocities.jp/olympass/index.html

平井俊顕編著『市場社会とは何か ? ──ヴィジョンとデザイン』 合評会


[][] 日本現象学社会科学会 大会


【第1日:12月1日(土)】


  • 15:45~17:15 一般報告2 司会:村田 純一(東京大学
  • 17:30~18:15 一般報告3 司会:魚住 洋一(京都市立芸術大学)
    • 17:30~18:15「主婦はなぜ働くのか――選択の問題として考える女性たちの非正規労働――」徳久美生子(武蔵大学

【第2日:12月2日(日)】

哲学にとっての社会科学社会科学にとっての哲学」(第1部)
哲学にとっての社会科学社会科学にとっての哲学」(第2部)

お問い合わせ:日本現象学社会科学会事務局

[] 現代倫理研究会12月例会


日曜社会学(de)blog